「語学力の推移」カテゴリーアーカイブ

語学の学習記録 5年6ヶ月目 次女(11歳)

2020年6月、小学5年生の次女の学習記録です。

英語

普段は全く本を読まない次女ですが、6月はちょっとだけ頑張りました!といっても、2冊だけですが・・・(汗)

いずれも長女が推薦してくれた本です。Ghost Boysは人種差別をテーマにした本です。私も読みましたがとてもよかったので、別記事で紹介する予定です。

実は読書がはかどったのは理由があります。次女の場合、本の朗読の音源を聞かせながら文字を追わせると、すいすい頭に内容が入るようなのです。私も長女も視覚優位タイプなので全く気が付かなかったのですが、どうやら次女は聴覚優位タイプのようです。ちゃんと「読んで」いるのかが気になるので、時折後ろから覗いて確認していますが、一応音読にあわせて文字を追っているようなので、「読んでいる」ということにしておきます(笑)

下記の本も毎日少しずつ読んでいます。

上記記事を書いたときには購入していなかったのですが、その後お友達から誕生日プレゼントでいただきました。こちらは毎日2-3人分を読んで、気になった点を追加リサーチをして、学校の自学の宿題ノートに概要を日本語でまとめるという学習をしています。自学のネタに困っているお子さんにはかなりおすすめです!笑

最近気になるのは、次女が英語で話すときの文法の乱れです。たとえば、”she does not…”と言うべきところを、”she do not…”と言ったりするのです。実は本人、これが文法的に間違えだということは分かっているのですが、わざとそのような話し方をしているようです。彼女が好きな人気youtuberのなかに、テンションがあがるとわざと文法をくずして話す人がいるようで、それが影響しているようです。言語は常に進化してきますので、もしかすると彼女の世代では”she do not…”もOKになるのかもしれませんが、世間一般からみれば教養のない人間の話し方と思われかねないので、気づいたら注意をして、「癖」として定着しないように気を付けています。

日本語

こちらは特に進捗もなく、毎日淡々と学校と塾の学習をしています。

一応中学受験のための勉強もしていますが、かなりゆったり&のんびりです。帰国枠の中学受験はここ数年かなり難化していますので、英語も国算も中途半端な状態の次女は苦戦を強いられそうです。ただ、大学受験の昨今の動向をみると、英語がある程度できればそれほど苦労はしなくてすみそうな感じがしています。そう考えると、中学受験で無理をして難関校を目指す必要はなく、英語がある程度伸ばせて、本人にあった学校なら、どこでもいいのかな~と思っています。

とはいえ、国語力はすべての基本になるので、色々な文章を読ませて、少しずつ国語力を上げていければと思っています。長女の場合、勝手に本を色々読んで賢くなっていくところがあったので、次女も同じように放置プレイにしてしまったのですが、今から考えればこれがよくなかったです。小さいころからもっと読み聞かせをしてあげればよかったなと後悔中。今からでも遅くないかしら。。。

以上2020年6月の学習記録でした。

語学の学習記録 5年5ヶ月目 次女(11歳)

2020年5月、小学校5年生の次女の語学の学習記録です。

学校が休校になって3か月、まったりのんびり、自由な生活を楽しんでいます。畑で農作業をしたり、釣りに挑戦したり、ベランダでテントを張ってキャンプしたりと、自粛生活といいつつ、かなりアクティブに毎日を過ごしています。

英語

英語学習は、週4、5回のDMM、週末の英語保持教室のほか、5月中はだいたい週2回の割合で、保持教室のデイスクール(1回2時間)を入れていました。

今月は、家で料理やガーデニングを楽しむ時間もたっぷりありました。料理は私が教えることもありましたが、Martha Stewartの動画をみせたりしました。Martha Stewartのレシピは一部に動画がついていて、子供でも分かりやすくておすすめです。あとは、インター時代のお友達とzoomでおしゃべりしたり、youtubeでPueDiePieの動画を見たり。

そういえば、仲良しのカナダ人のお友達の誕生日が6月なので、オンラインで誕生日会をやるとかで、ただいま元クラスメイトを巻き込んで色々企画中のようです。コロナのおかげでインター時代の友達と再度繋がることができたのは、親にはうれしい出来事でした。

オンライン教材も色々お試ししましたが、特によかったのがFrank Lloyd Wright FoundationのVirtual classroom。建築家のフランク・ロイド・ライトの財団が提供しています。デザインやアートに興味がある小学生のお子さんにはかなりおすすめです。

そして今月読んだ本は次の二冊。自由時間が多かった割には、読書量は少ないですね(汗)

ハリーポッターの2巻は、以前読みかけて途中でやめていたもの。「面白いんだけど長すぎる」「もっとサクサク読める話の方がいいんだけどな」との本人談。Sadako and the Thousand Paper Cranesは、広島の原爆のお話。アメリカの小学校で副読本としてよく使われている非常に有名な本だそうです。80Pほどの薄い本で、こちらは一気に読了。このくらいの本でほかにいいのがないかなー。

そういえば、現在Percy Jacksonの第2巻をAmazonで注文中ですが、コロナの影響か何なのか、在庫が入らず1ヵ月以上待っています。ちょっと高くなりますが別のところで買おうかな・・・と考え中です。

そんなわけで普段に比べれば英語に触れる時間はかなり長かったように思いますが、英語力がアップしているかといわれれば、微妙なところです。保持教室の先生からは、「もっと語彙を増やした方がいい」というアドバイスがあったようです。読書好きの長女は単語のインプットなどしなくてもそれなりに英語力があがりましたが、次女は違うので、やっぱりちゃんと語彙をあげる努力をしないといけないんでしょうね(←親が)。しばらく放置気味のSpelling City、再開しようかなあ。

日本語

まったりペースで中学受験塾の勉強を継続中です。この休校期間中にしっかり勉強をしたお子さんはきっと学力がぐんと伸びているのだろうと思いますが、うちの子はそうではないので、おそらく低空飛行のままだと思います(汗)

先週は語彙学習で外来語をやっていました。「やった!これはめちゃくちゃ得意なやつだ!」と言うので、外来語の意味を日本語で説明させてみました。

私  「じゃあまず、『ポピュラー』は?」
次女 「えと、アリアナ・グランデみたいな?」
私  「・・・。じゃあ、『プレッシャー』は?」
次女 「ええと、サッカーの最後の方でゴール入らないと負けちゃうからウワーってなっちゃうみたいな?」
私  「・・・。」

一事が万事、こんな感じ。意味は理解しているけど、日本語で論理だてて説明できるだけの語彙を持ち合わせていないようです。日本語の語彙も課題だなー。

日本語の読書は、長いものだと飽きてしまうので、短編をちょこちょこ読ませるようにしています。といっても今月読んだのは一冊だけですね。重松清の本です。いまは「窓際のトットちゃん」を読んでいますが、最後までたどり着けるか、あやしいところ。

 

ドイツ語

Youtubeは見だすときりがないのですが、ドイツ語なら時間制限なくOKとしています。

最近よく見ているのは、ドイツ人人気ユーチューバーbibiちゃんの動画か、Troom TroomというDYIのチャンネル。Troom Troomは英語や日本語版もあるようです。DYIだと5 minutes craftsというチャンネルがなかなか秀悦で私は好きなのですが、これは音がないんですよね。どうせ見るなら語学が耳から入るものを、と思っています。

以上2020年5月の取り組みでした!

語学の学習記録 5年5ヶ月目 長女(12歳)

2020年5月、中学1年生の長女の語学の学習記録です。

中学受験終了直後からドイツ語の学習を再開した長女ですが、まだ余裕がありそうなので、今月から中国語学習も再開することにしました。

思い返せば、ちょうどこのブログをはじめたのが5年前のことでした。当時はとにかく英語のことで頭がいっぱいでした。

そして5年後の現在ですが、長女に関して言えば、英語はもうこれ以上力を入れる必要はないだろうと感じています。たとえば運動や芸術などは、その分野での頂点を目指さなければ生活の糧にはなりえない部分がありますが、英語は一種の基礎スキルなので、ある程度力がついたら、ほかのスキルを磨くことに注力し、スキルのかけあわせで「レアカード」化を狙う方がいいのではと思っています。ドイツ語や中国語は頑張ってみたところで大学受験にはつながらない可能性も多分にあるのが難しいところですが、ゴールはそこではないと割り切るようにしています。

さて前置きが少し長くなりましたが、各言語の今月の取り組み内容を記載しておきます。

英語

英語の勉強は、特段これといったものはやっていません。基本的には学校におまかせです。

今月読んだのは次の二冊。「アルジャーノンに花束を」と、「1984」です。いずれも長女の学校の国語のおすすめ図書リストにあったものです。せっかくなので英語で読ませてみました。私にできることといえば、こういう良書をちょこちょこ見つけてきて、長女のKindleに送るくらいになりつつあります。

 

英語自体の勉強はあまりしていませんが、英語を使った学びの機会はどんどん増やしていきたいと考えています。実はこの夏休み、長女は軽井沢のISAKのサマースクールに参加する予定でした。今回のテーマはDesignだったので、長女にぴったりだったのです。ISAKのサマーは選考があり、例年3~4倍の倍率だそうです。日本人は7月15日時点で中2か中3というのが応募条件なのですが、事務局と交渉し、今年1月、中学受験の最中にエッセイやら自己紹介動画やらを準備して応募しました。(よく考えたら、なにやっていたんだろう?笑)そして無事合格をいただくことができてとても喜んでいたのですが、今回のCOVID-19の影響でサマーは中止となってしまいました。来年は諸般の事情によりおそらく参加は難しいだろうと思うので、とても残念です・・・。

かわりにどうするか・・・国外のサマーでオンラインを実施するところが出始めているので、ただ今、あわてて検討中です。DesignかLife Scienceでいいコースがあればと思っていますが、日程があわなかったり(アメリカの場合は6月中旬スタートのものが多いようです)、時間帯があわなかったり(リアルタイム講義がある場合は時差を考慮する必要があります)、選考があったり(GATE系は選考あり)、締め切りが過ぎていたり、お値段がセレブだったり・・。いやはや、なかなか難しいですね。

ドイツ語

引き続き週2回のプライベートレッスンを継続中。2人先生をお願いしていて、それぞれ週1回ずつお願いしています。本人にとってドイツ語は「勉強」という意識があまりないようで、学校の授業が終わった後でも、中間試験の最中でも、嬉々としてレッスンを受けています。

ただし、どのくらい上達しているのかは、正直よくわかりません。先日ハリー・ポッターのドイツ語版を少し読ませてみましたが、「難しい、まだ無理だと思う」とのことでした。ちなみにドイツ語は英語に非常に近い言語だといわれてはいますが・・・ハリポタ冒頭部分は次のとおり。名前と数字くらいしか私にはわかりません。長女はだいたい1文に1つわからない単語があるくらいのようですが、それでもサクサク読むのは難しいと感じるようです。数か月後にもう一度チャレンジさせてみようと思います。長女の場合、ドイツ語のListeningとSpeakingはかなり力がついてきていると思いますが、本を読まないので、Readingがまだまだです。ドイツ語でハリポタが読めるくらいまでになれるといいなと思います。今度機会があったら、おすすめの児童書をチューターの先生に聞いてみようかと思います。

中国語

ドイツ語同様、Preplyを利用して、週1でプライベートレッスンを開始しました。ところが、お願いした先生が時間にルーズで、no showやリスケが重なり・・・先生を変更しようと思っています。ドイツ人の先生は2人ともこれまでかなりの数のレッスンをお願いしていますが、今まで全くそのようなトラブルはなかったので、ちょっとびっくり。中国人は時間にルーズと一昔前はよく言われていましたが、私の勤務先の中国人の同僚はみなきっちりしていますので、先生個人の問題だろうと思っています。次はいい先生に当たるといいなと思っています。

日本語

こちらも特に自宅での取り組みはありません。中学に入ったら、一般受験の優秀なお子さんたちに押されて苦労するのではと思っていましたが、小テストの結果などをみる限りでは、それなりに健闘している模様。深海魚にはならなくて済みそう・・・かな?

以上2020年5月の学習記録でした。

余談ですが、トップ画像は我が家のベランダの薔薇です。在宅勤務で息抜きがてらコツコツ手入れをしていたら、今年は本当に見事に咲きました。教育もガーデニング同様、手をかければそれだけのものが返ってくると信じて、頑張りたいですね。

語学の学習記録 5年4ヶ月目 次女(11歳)

4月から小学校5年生になった次女の学習記録です。

英語

本帰国からはや6か月。帰国子女向けの保持教室+週4~5回のDMM英会話で英語の勉強を続けています。帰国直後から開始したDMM、意外に長く続いていますね。1日25分が習慣になり、いい感じです。

横で聞いている限り、今のところ会話力は維持できている感じです。COVID-19の影響でインター時代の友達とzoomなどで話をする機会がちょこちょこあるのですが、言葉に詰まることもなく、普通にコミュニケーションが取れています。DMMのほか、最近なぜか長女との会話が3割程度英語になっており、それも英語維持に役立っているのかもしれません。ただ、長女いわく、次女の話し方はかなりくだけた感じになっており、「もう少しちゃんとした話し方ができるようにしないといけない」とのことでした。

一方読み書きについては、まだまだです。準1級の問題をやらせてみましたが、Readingはまだ半分ちょっとの正解率で、合格は無理そうな感じがします。語彙も足りないし、読解も複雑な内容になると意味が理解できないようです。たまに思い出したようにSpelling Cityをやらせてみていますが、焼け石に水の感じがします。ちなみにDMMで準1対策をやらせたいのですが、対応している先生の予約が全く取れず・・・です。

最近読んだ本は・・・うーん、なんだったかな?挫折した本はたくさんありますが、読了したものはないような・・・。

やる気減退気味の私ですが、かわりに長女があれこれと次女の面倒をみてくれています。定期的にテーマを与え、おすすめの記事や動画を見せ、リサーチをさせ、スライドに要点をまとめさせ、プレゼンをさせています。長女に感謝!

次女の英語学習については正直今後どのように学習を進めるのか悩んでいます。帰国子女の保持教室は、中学受験を考えると某アカデミー一択というのが首都圏の状況ですが、次女の場合、英語力で真向勝負できるレベルではないので、コストが高く送迎の手間がかかる現在の教室にこだわる必要はない気がしています。とはいえ、ほかに代替になる英語塾があるわけではないので、しばらくは様子を見ようと思います。

日本語

2月ころに学校で行われた一斉学力テストの結果が戻ってきました。結果はここには載せられないくらいボロボロでした・・・。なぜか読解が0点という結果で、全体の平均以下の成績でした。ただし、問題文をみて本人に読ませたところ、内容はきちんと理解できていました。塾の成績はだいたい偏差値50半ばくらい。とはいえサピックスのようなセレクションの厳しい塾ではないので、中学受験層の全体でみると、平均を下回る成績なのではないかと思います。

3月から通っていた塾がオンライン(動画の一方的な配信)になってしまい、細かい指導が受けられなくなったので、少人数制の双方向オンラインに変更しました。少人数とはいえオンラインだと漢字のチェックなど細かいところは難しいので、親の負担が増えています。私も普段は自分の仕事があるため、集中しなければならないときに質問をされてつい声を荒げてしまう・・・ということが増えています。在宅での仕事との両立、本当に大変です。

次女の場合、受験勉強に向いているタイプではありません。日本式の勉強は苦手です。その一方でクリエイティブなところがあり、親としては型にはめた勉強ではなく、インターのような探究心を育てる教育を与えたいと考えています。ただインターに転校させれば、おそらく日本語も英語も中途半端になってしまう・・・。というわけでダラダラと中学受験の勉強を続けさせていますが、色々悩み中です。

ドイツ語

次女の場合、ドイツ語を入れる余裕は全くなくなってしまいました。

家ではたまにYoutubeをドイツ語で見るくらい。BibisBeautyPalaceという女性人気youtuberのチャンネルを長女と一緒にたまに見ていますが、どこまで理解できているか、あやしいかんじです。

以上あまり進歩がない2020年4月の学習記録でした。

語学の学習記録 5年4ヶ月目 長女(12歳)

4月に中学生になった長女の語学の学習記録です。先月はバタバタで記録をしそびれました・・。ですので読書記録は2か月分になっています。

英語

3月と4月に読んだ本は次のとおり。

Hunger Gamesシリーズは3冊まとめて一気読み。面白かったようです。(Hanger GamesじゃなくてHunger Gamesだったのね・・・!) 下記は3冊セットのハードカバーですが、Hunger Games3部作はAmazon Unlimitedに入っていますので、ハードカバーを買うよりUnlimitedを契約した方がお得な気がします。

Maniac Maggieは、本人いわく、読みやすくて面白いということで次女にもすすめていました。Tuesdays with Morrieは私が昔買って我が家の本棚にあった本です。余命宣告をされた教師と元生徒の交流を描いた感動の実話ですが、なぜか日本のAmazonではアダルトカテゴリーに・・・。なぜ?

  

3月中は英語学習は全くしていませんでした。4月になって学校のオンライン授業が開始してからは、学校に完全におまかせです。

ドイツ語

ドイツ語は頑張りました。3月中は2日に一度、4月以降も週に複数回、Preplyで45分のプライベートレッスンを入れています。本人いわく「スピーキングはかなり上達したと思う!」とのこと。うまくなっているという実感があるからか、Preplyについては、すすんでレッスンを受けています。私はドイツ語はよくわかりませんが、横で聞いていると、確かに日常会話には不自由しないレベルになっているのかなという感じがします。とはいえ、たとえばメルケル首相のスピーチ動画などを見せると、「何言っているかよくわからない」とのこと。

公文も継続中ですが、こちらはダラダラ。現在Dの真ん中あたりです。文法中心のプリント学習なのであまり楽しめない模様。学校の方も忙しくなってきそうなので、そろそろ限界かな。公文については4月いっぱいでいったんお休みすることにしました。

当初は6月に独検を受ける予定にしていて、もしそうであればそろそろ対策を開始する必要があるかもしれませんが・・・そもそも独検が実施されるかどうか未定で、中止の場合も返金なし(※次回実施時に持ち越し)とのこと、現在は申し込みを見合わせています。

日本語

3月中は学校からの宿題の漢字のドリルに四苦八苦していました。国語力はやはり一般入試で入学してきたお子さんに比べると劣ると思います。ただこれは時間が解決するのではと思っていますので、もうちょっと様子をみようかと。

日本語の本もそれなりに読みます。最近読んで面白かったのは森絵都さんの「カラフル」だそうです。

そういえば、長女は人気ユーチューバーのPewDiePieが好きなのですが、彼は大の読書家で、日本文学にも詳しいそうです。「PewDiePie はOsamu Dazaiとか、Yukio Mishimaとかを読んでるんだって。この人たち有名?ママ知ってる?私も読んでみようかな?」とか言っていました。太宰治に三島由紀夫・・・12歳女子が読む本ではないので「まだ早いよ・・・」と言っておきました(笑)

以上、2020年3月・4月の学習記録でした。