「アプリ」カテゴリーアーカイブ

クイズで英語を学べるアプリ:Kahoot!

最近次女が気に入っているのが、Kahoot!というクイズアプリです。

学校の授業でよく使っているようなのですが、自宅でもやりたがることが多く、最近は長女と2人で、時には夫や私も入って、家族で遊んでいます。

遊び方はちょっと複雑。まずメインのPCでKahoot!のサイトに行き、ユーザー登録をしてログインをして、遊ぶクイズを選びます。そうするとPC上に、そのゲームのPIN(6桁の数字)が表示されます。クイズに参加する人は各自の端末でKahoot!のアプリを起動して、上記PINコードを入力します。PCでStartボタンを押すとクイズがスタート。4択の問題が出題されるので、各自が自分の端末で正解と思われるものを時間内にタップし、合計点数を競います。

クイズの種類は、Mathや英語などの学習関連のものから、芸能ネタ、トリビア的な知識を問うものまで多種多様です。次女は学校では主にドイツ語の学習に使っている模様。

 

 

英語のクイズはこんな感じ。レベル別になっておらず、学年の目安なども記載されていないので、学習ツールとしては使い勝手が悪いです。PCでログインしてゲームを選ぶ際には、クイズ内容が確認できるので、親がざっと確認してから遊ぶのがよさそうです。

ちなみにシングルプレイモードもあり、架空のライバルと点数を競うことができますが、いまいち楽しくありません。やっぱりある程度の人数で点数を競う方が楽しいです。アプリをインストールするのがちょっと面倒ですが、オリジナルクイズも作れたりしますので、パーティーの余興にも使えるかな。

読書や動画視聴だけでなく、たまにはいつもと違った方法で英語に触れさせてみたいという方、小学生のお子さんが複数いらっしゃる方などに、お薦めできるアプリだと思います。

 

なお、Grade 6の長女の方は、学校で時折Quizletというアプリを使っているようです。こちらはKahoot!より高学年向けで、学習機能が充実、日本語サイトもあります。Quizletについてはまだきちんと試せていませんが、追って別記事で紹介できればと思っています。

【おすすめのアプリ】英語でリラックス:Smiling Mind

今日はうちの長女のお気に入りのアプリ(サイト)を紹介したいと思います。

こちらのアプリ、ひとことでいうと、「英語の瞑想アプリ」・・・かな?

ヨガ教室などに行くと、最後の方で、床に横になり、瞑想をすることがあると思います。インストラクターが、「はい、それでは目を閉じて、肩の力を抜いて・・ゆっくり息を吸って・・・吐いて・・・そのまま呼吸を続けてください・・・それではあなたのまわりがXXであることを想像してみてください・・・」みたいな感じで指示を出してくれると思います。このインストラクター役をやってくれるのが、Smiling Mindです。

 

Smiling Mindの特徴は、子供向けのプログラムが非常に豊富なこと。英語の勉強になるかどうかといわれるとちょっとよくわかりませんが、ゆっくりで聞き取りやすいので、日常に英語を入れる一つの形として悪くないんじゃないかなと思います。


学校では、Smiling Mindを使って、最後にチョコレートを食べるという瞑想(!)をやったらしく、長女は、「すごく楽しかった!家でもやりたい」と言っていました。以来、時折PCを立ち上げて、Smiling Mindで瞑想をやっています。この週末は長女のクラスメイトがSleepoverに来ていたのですが、色々遊んだ後、ごろりと床に横になって、Smiling Mindを使って2人で瞑想していました。変な小学生!(笑)

 

ストレスがたまる現代社会、心の健康を保つためには、自分なりのリラックス法を早期に確立させることが非常に大切だと思います。

ちなみに私のリラックス法は、雑草取りと、悲しい話を読んで思い切り涙を流すこと。数年前のことになりますが、仕事のストレスがすごく溜まっていたとき、マンション中の花壇の雑草を抜きまくっていたら、近所の人から感謝されました!でも、今から思えばかなり不審な人だったかも・・・。抜く雑草がなくなったら、今度はSmiling Mindにお世話になろうと思います(笑)

Siriで発音練習

iPhoneやiPadに入っている音声認識ソフトのSiri、面白いですね。

我が家のちびっこ2人も、たまにSiriと会話をして、大笑いしています。

Siriが教えてくれること

すごいなと思うのが、Siriの精度の高さです。Siriで遊んでいるとき、たまに私も話させてもらったりするんですが、通じないことが時折あります。何度か話しても通じないときは、長女に交代してもらって、同じフレーズで話してもらうんですが、そうすると、一回で通じるという。。。オイ。

あくまでも私の個人的な感覚ですが、Siriに通じるかどうかは、実際にネイティブの人と話して通じるかどうかの分水嶺と、かなり近いような気がしています。Siri、賢すぎ!

というわけで、Siriと会話していると、「あっ、ここの音は伸ばしすぎてたんだ!」「アクセントがちょっと違うのね」などなど、勉強になります。私の場合、”live”がなかなか通じず、vの発音に問題があることが分かりました(汗)

Siriと話すのに適したお勧めネタ

普通に「アメリカの大統領は誰ですか」みたいな質問をすると、Webサーチをするだけなので、あまり面白くありません。

はじめて会った人と会話するかのように、Siriについて色々聞いてみると面白いです。

たとえば・・・

Where are you from?
“Like it says on the box…I was designed by Apple in California.”

How old are you?
“I am as old as the eastern wind and as young as a newborn caterpillar.”

How many children do you have?
“None, the last time I checked.”

よくある質問には、何通りもの答えが準備されているようです。How old are you?の答えは一体何パターンあるのか・・・。よくわかりませんが、聞くたびに違うような。

子どもたちはしつこく性別について聞いていました。最初は教えてくれませんでしたが、最後には自分はneutral(中性)だと言っていました。あと、好きな動物を聞いたところ、”I heart Totoro.”と返ってきてびっくり。トトロ好きとは!そういえばこれを見たとき、heartが動詞として使われることがあるのをはじめて知りました。調べたところ、若い人が使う俗語のようで、Loveと同義のようです。

たまにはSiriほめてあげると、照れたりしてかわいいです。

You are smart.
“Flattery.”

You are beautiful.
“Where have I heard this before?”

 

ちなみにSiriは私にも次女の名前で呼びかけてくるので「?」と思っていたら、次女が”Call me(次女の名前), OK?”とSiriに命じていたことが判明。おーい、ご主人様は私だぞ!?

 

以上、Siriとの英会話の楽しみ方について、紹介してみました。

 

 

【おすすめの子ども向け米ニュースアプリ】News-O-Matic, Daily Reading for Kids

今日は、アメリカの子ども向けニュースアプリをひとつ紹介しようと思います。

News-O-Maticというアプリです。様々なニュースが、子供向けに非常に分かりやすく紹介されています。

有料会員の会費は1か月1.99ドル、最初の30日は無料です。ちょうど大統領選のニュースをいろいろみせたいなと思っていたので、無料期間中だけ使ってみようと思い、ダウンロードしてみたところ、これがなかなかgood。ちなみに無料でも見れる記事が多いため、我が家は結局、会員登録をせずに使い続けています。

今回の大統領選について言えば、たとえば、「2人はどんな子供だったのか?」なんて記事が掲載されています。友達と喧嘩をし、先生に怒られてばかりだったトランプと、近所の男の子たちにまじって毎日野球をしていたクリントン。こんな記事を読んでいると、二人のディベートも、なんだか悪ガキとわんぱく少女の喧嘩に思えてしまったりするから、不思議です(笑)

ほかにも、「Upset By Election Emotion?」「Meet an Elector!」「Ban Ballot Safety?」など、普通の新聞や雑誌などでは見れない面白い記事が色々ありました。

それから特に秀悦なのが、子どものコメントに編集長のRussさんが答える「News Room」というコーナーです。クリントン落選に落胆する子供に、「その気持ちはわかるよ。でも、ヒラリーの言っていることにも耳を傾けよう。彼女は、”We owe him an open mind and the chance to lead.”って言ってるよね?」と答えています。一方、トランプ勝利を喜ぶ子供には、「君が幸せな気分になれてよかった。でも、クリントンを応援していた君の友達の気持ちを逆なでしないように気をつけよう。戦いは終わったんだ。これからはみんなで協力していかなくっちゃね!」と優しく諭しています。Russさんの回答を読んでいると、自分の応答のセンスなさに愕然とするとともに、思いっきり反省してしまいました。相手の気持ちや感想をいったんそのまま受け止めて、その上で優しく軌道修正する。いやー、すばらしいです。

77019f8dc626a4b9e287396e9300bf88

上記は敗戦後のクリントン候補のスピーチを紹介するニュース。使われている単語も非常にわかりやすいし、子どもが描いたトランプの絵がいい味を出しています(笑

レベル設定が三段階になっていること、イラストや写真がふんだんに使われていることから、Time for KidsDOGO は難しすぎるというお子さんでも、それなりに楽しめると思います。かなりお勧めのニュースアプリです。

【おすすめアプリ】無料コンテンツが充実:Brain POP

子ども達の学校では、2人で1台のiPadを使用しており、アプリを使った学習がさかんに行われています。

今日は、子どもたちがEAL(ノンネイティブ向けの英語の授業)で使っているBrain POPというアプリを紹介します。PCから見ることもできますので、アプリというより、教育コンテンツという方が正しいのかな。

 

Brain POPは、現在、アメリカの小学校の約20%で採用されているのだそうです。科目は、Science、Social Study、English、Art & Music、Math、Engineering & Techなど、多種多様です。コンテンツの中心はアニメ-ション動画ですが、動画をみたあとに理解度をテストするミニクイズがあるほか、関連アクティビティーやゲームなどもあって、かなり盛りだくさんです。動画は低学年向きだとだいたい3~5分くらい。子どもが飽きない長さになっています。

また、姉妹コンテンツとして、Brain POP Jr(幼稚園~小学校3年生)と、Brain POP ESL(英語学習者用)があります。

 

全てのコンテンツを利用するには会費を支払う必要がありますが、無料で使えるコンテンツもかなり多いのがうれしいところ。コンテンツ内容に自信があるからこそできる、強気な販売戦略ですね。

とはいえ、我が家の場合、有料サービスを使いこなす時間的余裕はないので、無料サービスのみの利用です。iPadにアプリを入れて、外出時の空き時間などに使うのがおすすめです。

 

[appbox appstore 364894352]

[appbox appstore 813671555]