「たのしく英語を勉強する」カテゴリーアーカイブ

英語でバンクシー

横浜で開催中のバンクシー展に行ってきました。

バンクシー(Banksy)は英国を中心に活動する匿名のアーティスト。社会を風刺するストリートアートで広く注目を集めている人物ですが、その姿は謎に包まれています。

最近のニュースだと、代表作の”Girl With Balloon”が、サザビーのオークションで約1億5000万円で落札された瞬間に、額に仕込まれていたシュレッダーにより粉々にされてしまった件が記憶に新しいところ。

バンクシーの作品は、子供たちが通っていたインターでもしばしば題材に取り上げられていました。次女はGrade 3のときに、「バンクシーの作品は落書きなのか、芸術なのか」「落書きと芸術の違いは何なのか」というテーマでクラスでディスカッションをしたことを今でもよく覚えているようです。

社会風刺系のアートは一般には政治をテーマにするものが多いのですが、バンクシー作品は反戦や反資本主義をテーマとするものも多いので、子どもにも比較的理解しやすいと思います。

さて、今回開催されたバンクシー展。以前から楽しみにしていたのですが、コロナの影響でなかなか行けずにいました。もうすぐ終了してしまうため、日曜朝に意を決し、早起きして行ってきました。

今回の展覧会はバンクシーのお墨付きのない「非公認」のもの。なのであまり期待してはいけないかなという気もしていたのですが、約70点ほどの作品があり、なかなか見ごたえがありました。

この投稿をInstagramで見る

《CHRIST WITH SHOPPING BAGS》 この作品は2004年に82枚限定で発売されカルト的人気を博したにもかかわらず,増刷・復刻はいっさい行われていない. 「キリスト・ウィズ・ショッピング・バッグズ(買い物袋を持つキリスト)」には,クリスマスの真の意味が捻じ曲げられていることに対する皮肉が込められている.本来、慈悲や思いやり、寛容、感謝の祝日であったが、節操なく消費する日へと変わってしまった. バンクシーは磔刑の場面から十字架を取り去ることで,真の十字架が木ではなく,人間の愚かさや強欲さで出来ていて,企業を儲けさせるためだけに作用しているのだということを訴えている. バンクシー展 無料音声ガイドより抜粋👉https://bit.ly/2wVgunL . バンクシー展は5/6まで休業予定です😔 ご自宅でも展覧会をお楽しみいただけるよう,展示作品をご紹介. 作品解説をお楽しみいただきながら,展覧会の再開をお待ちください. #BANKSYJAPAN #バンクシー展 #おうちでバンクシー展 #バンクシー #banksyart #geniusorvandal #アソビル #asobuild #banksyartwork #art #instagraffiti #streetart #japan #museum #バンクシーアート #横浜 #アート #アート好きな人と繋がりたい #アート巡り #美術館 #美術館巡り #美術館好きな人と繋がりたい #美術館好き #展覧会 #stayhome #staypositive #staysafe #おうち時間 #おうち時間を楽しむ #コロナに負けるな

バンクシー展 天才か反逆者か(横浜・アソビル開催)(@banksyjapan2020)がシェアした投稿 –

ただ、バンクシーの作品は版画が多いので、高い入場料を払って現物を見る意味がどこまであるのかといわれると、ちょっと疑問です。版画は大量生産が可能なため、一点一点の価値はさほど高くありません。また油絵のように現物をみないとタッチがよくわからないということもないです。なのでネット鑑賞でもよかったかなーという気もしています。

この展覧会、実は音声ガイドがネットで無料公開されており、この内容がなかなか充実しています。音声ガイドは英語版もありますので、アート鑑賞しながら英語学習ができます。下記にリンクを貼っておきますので、興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひどうぞ。

以下は私が独断と偏見でチョイスした子供向けお勧め作品リスト。有名な作品や、子供にもテーマがわかりやすい作品を中心に選んでみました。「たくさんあってどこから見ればいいかわからない」という方がもしいらっしゃったら、参考にしていただければと思います。

CHRIST WITH SHOPPING BAGS
KATE MOSS
MORONS
SOUP CAN
VERY LITTLE HELPS
SAVE OR DELETE
LOVE IS IN THE AIR
NAPALM
BOMB LOVE
DISMALAND
GIRL WITH A  BALOON


 

探究学舎グローバル(英語版)がスタート

COVID-19の休校期間中、我が家の次女が非常にお世話になったのが、探究学舎です。3月の無料オンラインクラス(15回)は全て受講。4、5月は有料の「人体医療編」(6回)を受講、そして6月からはオンライン通塾を開始しました。トップの写真は人体医療編でいただいたバッジと宝槻先生のサインです(笑)

次女はお勉強が好きなタイプではないのですが、探究学舎は大大大好きです。6月からは小学校が再開される見込みでしたので、オンライン通塾を申し込むかどうか親としては迷ったのですが、本人が「絶対やりたい!お願い!」というので、申し込みました。いやはや、あの子が「やりたい!」って言うなんて・・・母ちゃんびっくりですよ。ちなみに登場人物・・・じゃなくて先生のなかで好きなのは、やっちゃん(代表の宝槻先生)です。

さてその探究学舎。今日から無料の英語授業がはじまりました!!3月に行われた無料講座の英語版のようです。ただ、次女によると少し内容は異なる部分もあったとのことです。今日はカリフォルニア時間の午後5時=日本時間の午前9時から生放送でした。もちろん次女は10分前からPC前でスタンバイ。講師の先生はアメリカ人の若い男性の方でした。やっちゃんはこっそりチャットで参加していました。

【探究学舎 TANQgakusha】 Assisting children to find what they like and what they want to do, while nurturing seeds of interest, such as “I want to know more!” Developing an inquiring mindset based on interest-development.

探究=Inquiryは、子供たちが通っていた国際バカロレアのインターのカリキュラムでも、とても大切なものとされていました。探究学舎の授業のなかで紹介されるアクティビティーにもインターで子供たちが経験したものが散見されました。多分海外の教育も色々研究されて、プログラムを組んでいるのだろうと思います。

受講生は小学校低~中学年のお子さんが多いものの、高学年、そして中学生でも、十分楽しめると思います。我が家では小5の次女が受講しているほか、次女の感想を聞いて面白そうだと思ったときは、長女も動画を見ています。人体・医療編は6回すべて長女も楽しそうに見ていました。対象年齢などが明確ではないので、それってどうなのかなと不可思議に思っていたのですが、子供と一緒に授業を視聴して理由がわかりました。子供が興味を持つ内容を広く取り上げてくれているので、幅広い年齢層のお子さんが(ついでに大人も)楽しめるようになっているのです。たとえば「人体・医療編」の場合、タイムリーなウイルスの話のほか、医療の歴史や、それから東洋医学と西洋医学の違いなどもトピックとしてあがっていました。

そんなわけで私の一押しの探究学舎。今回は英語版もスタートしたということで、英語学習に力を入れている方にもいいのではと思い、紹介させていただきました。英語版はオールイングリッシュでネイティブ向けの内容になっていますが、横で聞いている限り、講師の先生の英語はとても聞き取りやすかったです。

今後の放送予定はYoutubeのページにはまだ記載されていませんが、次女によると、毎日午前9時から(日本時間)と授業内でアナウンスがあったそうです。明日は登校日なので次女は参加できず、残念がっていました。ちなみに録画もありますが、時間をあわせてLIVEで参加した方が、チャットやクイズにリアルタイムで参加できて断然楽しいようです。興味を持たれた方は、ぜひ視聴してみてくださいね。


映画で英語学習:The Sound of Music

映画を使った英語学習は昔からあるポピュラーな方法ですが、子供の場合どんな映画がいいんだろう?と考えてみました。

定番はディズニー映画やジブリの英語版だと思いますが、我が家の場合、一番繰り返して見たのはサウンド・オブ・ミュージックでした。2人とも学校でも何度か見ているようですし(これは修学旅行先がザルツブルクだったことも影響しています)、家でもDVDを購入し、視聴しました。通しで見ているのは2~3回ですが、最初の方などは5回以上、また楽曲部分は数えきれないくらい繰り返し見ているのではと思います。

サウンド・オブ・ミュージックがお勧めできる理由

サウンド・オブ・ミュージック、子どもの英語学習に向いている映画だと思います。お勧めできる理由は次のとおりです。

英語がきれい(ブロークンな表現が少なく、聞き取りやすいです)
楽曲がすぐれている(ドレミの歌やエーデルワイスなど)
歴史の勉強になる(ナチスの話なども出てきます)
ラブシーンも少しだけありますが、子供が見ても問題ないレベルです

一方マイナス点としては、以下のような点が挙げられると思います。

長い!(175分。子供が最初から最後まで一気に見るのはきつい)
古い!(1965年制作)
・ジェットコースタームービーに慣れているお子さんにはつまらないかも?

お勧め年齢は小学校高学年以上でしょうか。 エーデルワイスやドレミの歌以外にも、いい楽曲がたくさんあるので、音楽好きのお子さんによさそうです。

そしておすすめしておきながら何ですが、なにせ長いので、一緒に見ていて私も途中で寝落ちしました・・・。ですので、途中でお子さまが飽きてしまっても、憤慨なさらないでください。多分それが普通の反応です!笑

まずは楽曲から入るのがおすすめ

映画を見る前に、まずはYoutubeで主な楽曲を押さえておく方がいいかもしれません。

ドレミの歌
エーデルワイス
So Long, Farewell

ドレミの歌とエーデルワイスは有名ですね。So Long, Farewellは、子供たちのインターではお別れ会でよく子供たちが歌っていました。他にも素晴らしい楽曲がたくさんありますので、お気に入りの一曲が必ず見つかるのではと思います。

映画が気に入ったら観光も

サウンド・オブ・ミュージックが撮影されたのは、オーストリアのザルツブルクです。

サウンド・オブ・ミュージックの撮影場所を回るツアーが複数あり、我が家も参加しましたが、とてもよかったです。映画の名シーンと同じポーズをとって写真撮影したり、バスのなかでドレミの歌をみんなで合唱したりと、単なる観光地巡りとは異なる楽しみ方ができて、新鮮でした。

日本から行くのはなかなか大変ですが、機会があったらまた参加したいなと思っています!

今更ながら・・・Netflix導入と、お気に入りドラマ

今更の感じもしますが、我が家でもNetflixを導入しました。

きっかけはこちらの番組。Go! Vive a tu Maneraというティーン向けドラマです。お友達の家で見て長女がはまってしまい、どうしても続きが見たいというので、Netflixを契約してしまいました。

Go! Vive a tu Manera は、ひとことでいえばティーン女子向けのミュージカルドラマです。かわいくて性格のよい主人公(歌の才能あり)、ライバルは意地悪なチアリーダー、2人のまわりにはイケメンたち・・・と、ものすごくわかりやすい(ある意味ベタな)設定です。Gleeなどに比べるとやっぱり物足りなさを感じますが、ストーリーも分かりやすいし、主人公に感情移入しやすい展開になっているし、過激な描写もないし・・・というわけで、うちの子供たちにはちょうどいい感じがします。

この作品はアルゼンチンで作られたNetflixオリジナルドラマで、もとはスペイン語です。我が家はドイツ語学習のため、音声:ドイツ語、字幕:英語で見ています。そして歌の部分はオリジナルのスペイン語のままなので、このドラマをきかっけに、いつの間にかスペイン語も覚えはじめました。ちなみに Go! Vive a tu Manera は、英語にすると、Go! Live your wayになるそうです。

このドラマをきっかけに、長女は「中学受験が終わったらスペイン語も勉強しようかな」と言い始めました。日本語、英語、ドイツ語、中国語・・・次はスペイン語ですかー。5兎を負うものは・・・2.5兎ぐらいゲットできるといいですね(笑)

さてこの作品、現在はシリーズ2まで出ています。シリーズ1は2019年2月、シリーズ2は2019年6月にリリースされました。かなり人気を博しているようなのでシリーズ3以降も出るのではと言われていますが、どうなるかな。

今回Netflixを導入してみて、Netflixでの動画視聴は、我が家のように多言語教育をしているご家庭には、かなりいいのではと思いました。というのも、英語のコンテンツはyoutubeにも色々ありますが、それ以外の言語はなかなかいいものを見つけるのが難しいのです。Netflixだとかなりの言語に対応しているので、一度英語で見たドラマを他の言語で見るとか、色々な使い方ができそうですね。またいいドラマがあったら、報告したいと思います。

英語で音楽を学ぶ:Little Kids ROCK

子どもたちの学校の音楽の授業は、日本の学校のものとは違うところが色々あって、なかなか面白いです。

現在次女がやっているのは、「バンドを組んで、演奏する」というグループワークです。バンド名を決めて、曲を選んで、それぞれの担当を決めて・・・とやっています。教科書に沿って決められた曲を練習する日本の授業とはかなり違いますね。

そして曲選びや楽器の練習にあたって大活躍なのが、下記の Little Kids ROCK というサイトです。

http://jamzone.littlekidsrock.org/

このサイト、レッスン動画から楽譜までなんでもそろっていて、かなりの優れもの。そしてうれしいことに全部無料!

レッスン動画
楽器の演奏の仕方からソング・ライティングまで、豊富なラインナップ。これを見れば楽器を習いに行く必要はないかも。ソング・ライティングは「どうやってライミングさせるか」等々、英語の勉強にもなりそうです。

・楽譜
曲は、近年のヒット曲の中から、歌詞に問題がないものがチョイスされ掲載されているようです。
次女のバンド「ATTENTION」は、タイラースイフトの22という曲をやるそうで、次女はキーボード担当になったそうです。下記はその楽譜の一部。そう、音符が読めなくても演奏できるようになっているんです。

・Jamセッション
レッスン動画を見て楽譜を入手したら、あとは練習あるのみ。このサイトにはJamセッションというコーナーもあり、他の楽器音にあわせて練習することが可能です。いわば楽器版カラオケという感じでしょうか。

我が家の2人は音楽に対する関心は薄めです。次女はこれまで楽器を習ったことがありません。学校の授業ではキーボード、ギター、ウクレレ、マリンバなどをやるので、音を出すレベルならできますが、楽譜は読めないし、「演奏」の域には全く達していません。最近、ギターをやってみたいと言っているので、一台購入して、家で親子でやってみようかな。このサイトを使えば、「おうち音楽教室」もできそうだなという気がしています。