Non Fiction

ウォーリー好きにおすすめ:UsborneのGreat Searchシリーズ

  • by

だいぶ前になりますが、「ウォーリーを探せ!」という絵本が大流行しました。今でも色々なシリーズが出ていて、子ども達に人気です。    微細に描かれた絵のなかから、赤と白の服を着たウォーリーさんを探すという一種のパズルブックですね。 これ、すごく楽しいんですけど、 ・あまりにも絵が細かすぎて、目が悪くなりそう ・英語が全く書かれていないので、英語の勉強には全くならない ・・・というわけで、我が家では購入したことがありません。 たまーに図書館で見るくらい。 そんなわけで、Wally自体は個人的にはあまりお勧めではないのですが、今日は「Wallyにちょっと似てる… 続きを読む »ウォーリー好きにおすすめ:UsborneのGreat Searchシリーズ

トイレの歴史を学ぶ:The Story of Toilets (Usborne Young Reading)

  • by

うちの次女は、すごく気に入った本があると、わざわざ図書室から借りてきて、それを私に読み聞かせしてくれます。私が選ばないような本を選んでくるので、「今度はこの本か!」といつも驚かされます。 今日はそんな次女お薦めの本から、一冊ご紹介したいと思います。今回の本は、みんな大好き、トイレネタです。 Story of Toilets, Telephones & Other Useful Inventionsというタイトルの本で、Usborneから出ています。 Book bandはゴールド。すなわち、ORTでいえばステージ9と同程度の難易度です。 メインのお… 続きを読む »トイレの歴史を学ぶ:The Story of Toilets (Usborne Young Reading)

英語で地震について学ぶ:Earthquakes and Tsunamis (Usborne Beginners)

  • by

地震被害が絶えない国、日本。 日本の面積は世界の1%にも満たないのに、世界の地震の10%は日本で起きているのだそうです。 いつどこで大きな地震が起き、自分の生命・身体が危険に曝されるか分からない。そんな小さな島国の上で、はるか昔から、独自の文化を発展させ、今では経済大国となった国、日本。つくづく、不思議な国だなと思います。 子ども達に地震についての本を読ませてみたいと思い、学校の図書室で探してみたら、こんな本がありました。同じ本の新品が3冊、図書室に入ったばかりでした。複数冊あるのは、先生が授業で使う予定の本です。どの学年が使うのかな? 表紙の写真をみて… 続きを読む »英語で地震について学ぶ:Earthquakes and Tsunamis (Usborne Beginners)

子どものレベルにあった本を選ぶために:Book Band Systemを理解する

  • by

先日のこと、学校から帰ってきた次女がうれしそうに私に報告しました。「ママ、今日ね~、リーディングがターコイズになったよ!」 reading のレベルが「色」によって決まっていることは以前から認識していたのですが、最近になってようやく、この「色」の意味が分かってきました。 イギリスでは、リーディングの能力に応じた本を読むことが推奨されており、適切な本を選ぶことができるよう、Book Band Systemというものがあります。Book Band Systemには色々な種類があるようですが、基本はInstitute of Education(IoE)が200… 続きを読む »子どものレベルにあった本を選ぶために:Book Band Systemを理解する

メカ好きの男子におすすめの一冊:Thing Explainer

  • by

今日は、メカ好きな男の子が気に入りそうな本を一冊紹介しようと思います。 Thing Explainer: Complicated Stuff in Simple Wordsという本です。 著者のRandall Munroeは、1984年生まれの31歳。若い!ですね。 彼は、xkcdというウェブマンガを描いているほか、科学ネタを取り扱ったblogも書いています。このblogを書籍化したWhat If?は全世界で100万部以上売れたとか。科学をテーマとした書籍でここまで売れるのは異例のことです。   そしてそのRandall Munroeの最新作が… 続きを読む »メカ好きの男子におすすめの一冊:Thing Explainer