「Non Fiction」カテゴリーアーカイブ

おすすめの英語本:Guinness World Records (子供むけギネスブック)

今日は久々におすすめの英語本を紹介しようと思います。

Guinness World Records。ギネス社が出版している子供むけのギネスブックです。毎年刊行されており、英語のほか、ドイツ語、オランダ語、スペイン語、日本語など、さまざまなバージョンがあります。

子供たちに大人気で、図書室でも貸出率が非常に高いシリーズです。最新版はだいたいいつも貸出中。特に男の子の受けがいいですが、女の子でも楽しめます。

 

Amazonでは中身が見れないので、我が家にある2005年版の写真を少し載せておきます。なぜ2005年版かというと、フリマで見つけて、次女にねだられて購入したものだから。毎年少しずつリバイスされていますが、最近のものも内容や構成は同じような感じです。英語はちょっと難しめですが、写真がふんだんに使われいるので小さいお子さんでもOK。長く楽しめる一冊だと思います。

 

 

 

曙がドーンと出ているのを見ると、さすがに2005年は古すぎたかもと思ってみたり(笑)それでも、子供たちは気が向いたときにパラパラめくって楽しんでいます。プレイデイトの暇つぶしの時にも時折登場します。「ねー、この写真見て!」「わ~、気持ち悪い」「●●って書いてあるよ」「すごーい」みたいな感じで、友達とぺちゃくちゃおしゃべりしながら眺めています。よく考えてみたら、誰かと一緒に読みながら盛り上がれる本って、この本くらいではないでしょうか。ある意味貴重な存在ですね。

 

ちなみに、ハードカバーとペーパ―バックがありますが、ペーパーバックは中が白黒でいまいちです。最新版のペーパーバックを買うより、数年前のハードカバーを買う方がいいと思います。

このシリーズ、毎年新刊が出るからか、新品の値段がかなり大きく変動しますので、価格推移を事前によく確認してから購入することをお勧めします。下記は2017年ハードカバーの価格推移。2000円台前半でずっと推移してきたのが、なぜか3000円近くに急にあがって、最近がくんと1500円台に落ちています。こういう感じのよくわからない値動きが多いです。これから上がるのか下がるのか、全く読めないです。ちなみに私は価格チェックにKeepaというツールを利用しています。かなり便利でおすすめ。

以上、今回は子供向けギネスブックの紹介でした。

 

話題のアンチ・プリンセス本:Good Night Stories for Rebel Girls

今日は、メキシコ人の友人が強く薦めていた本を紹介したいと思います。


Good Night Stories for Rebel Girlsという本です。昨年11月に発売されたばかりの本ですが、GuardianやBBCなどでも紹介され、かなり話題になっているようです。

タイトルを直訳すれば、「反乱する少女たちのための就寝時の読み聞かせ本」みたいな感じでしょうか。変な訳ですね。すみません。

さて、少女たちは何に対して「反乱」を起こすのでしょうか?答えは下の動画で。


本棚に並んだたくさんの児童書。その中から、お母さんと少女が、「女性が出てこないもの」「女性の登場人物が話さないもの」「プリンセスに関する本」を順に除いていきます。3つにあてはまる本を取り除くと、もうほとんど本は残っていません。すっからかんの本棚を前に、「すみません、私は火星に行きたいんですけど。そんな本ありませんか?」と叫ぶ少女。

女性はただただ王子様を待つだけなのか?大きな夢を持っていけないのか?少女たちが少年に比べると自分に自信を持てていないのは、小さいころから読んでいる児童書の内容が影響を与えているのではないだろうか?「男性社会」を前提とした本やアニメ、映画をみることが、少女たちにとって果たしていいことなんだろうか?そんな疑問から2人の女性が作ったのが、この本だそうです。クラウド・ファンディングで出版された本だというから、ちょっとびっくりです。

この本で紹介されているのは、歴史に大きな影響を与えた、100人の女性です。ちょっと前に紹介したLittle People, Big Dreamシリーズと、コンセプトは一緒ですね。クレオパトラやエリザベス一世、キュリー夫人やアメリア・イアハートなどおなじみの顔ぶれに加え、セレーナ・ウィリアムスやマララちゃんなどなど、100人ともなると、取り上げられている人たちも、かなりバラエティ豊かです。ちなみに日本人はオノ・ヨーコさんが入っていました。

対象年齢は特に記載されていませんが、ざっと見た感じ、自力読みなら7~9歳くらいかなという気がします。ただ、読み聞かせをしてあげるのなら、もっとずっと小さくてもいいと思います。一話一話が短いので、まさに就寝時の読み聞かせによさそうな感じですね。

我が家は長女が対象年齢から外れている感じがするので、購入はしていないのですが、もしこの本が1年前に出版されていたら、買っていただろうなと思います。値段がちょっと高めですが、かなり分厚くて装丁もしっかりしているので、出産祝いや誕生日プレゼントにもよさそうだな~と思います。

以上、今回は話題のノンフィクション本の紹介でした!

 

ちなみに公式HPによれば、3月19日現在、出版社に在庫0という人気ぶりだとか。新刷が3月21日に出るようです。Amazonで中身が見れるほか、公式HPにも色々情報が載っていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

男子におすすめ:LEGO(レゴ)の英語本いろいろ

学校の図書室でボランティアをするようになってから、1年が経過しました。本の返却手続や配架を手伝っていると、先生が授業で使っている本や子供の間で人気の本などがよくわかるようになり、これが自分の子供のための本を選ぶときに、とても参考になります。

さて、うちの子どものインターの場合、男子に人気がある本(貸出が多い本)は、ずばり2種類です。

1つは、コミック本(漫画)。そしてもう1つは、LEGOの本です。

自分が子どものころのことを思い返してみると、LEGOは家にもありましたが、LEGOに関する本は存在しなかったような気がします。そもそも本を見ながらLEGOで遊ぶという経験が自分にはないので、何だか不思議な感じがしてしまうのですが、今は膨大な量のLEGO関連本が出版されているんですよね。そして日本語よりも英語の方が圧倒的に種類が多いです。

というわけで、以下、人気のLEGO本を紹介します。

1.図鑑系

The LEGO Ideas Book

おそらくLEGO本で一番メジャーなのがこの一冊。色々なLEGO作品の作り方が丁寧に解説されています。全世界で100万部売れているベストセラー本です。英語もさほど難しくなく、載っている作品も子供に作れそうなものが多いです。日本語版も出ています。

The LEGO Technic Idea Book

図書室にあるLEGO本のなかで、このシリーズのみ、著者が日本人です。よく売れている本のようで、シリーズ化されています。英語になっているのは目次と保護者向けの解説部分のみで、子どもが見る部分には英語は全く出てきません。なので残念ながら英語の勉強にはならないと思います。なお、著者の五十川さんはLEGO関連の著作が複数あり、一部はUnlimited会員なら無料で見ることができます。

LEGO Character Encyclopediaシリーズ

キャラクター紹介が中心の本。小さな人形がひとつついています。メインキャラクターのフィギュアの限定版だそうです。スターウォーズ版、Ninjago版、スーパーヒーロー版があります。

The Visual Dictionaryシリーズ

キャラのほか、乗り物などについての解説も書いてある本。Star Warsはバージョンが2つあり、古いバージョン(2009年版)では新しいキャラが載っていないようなので、購入される方は注意してください。ちなみに現在の最新版は下記の2014年版。他にNinjagoとBatmanのものもあるようです。いずれも限定フィギュア付き。LEGO好きな子の誕生日プレゼントによさそうです。

2.物語系(レベル別リーダー)

Penguin Randam HouseのDKシリーズから多数のレベル別リーダーが出ています。どれもLEGOのキャラクターたちの冒険物語です。4段階のレベル別になっていて、L1はまだ一人では読めないくらいのレベル、L4はGrade 3(7~8歳)くらいのお子さん向けと思います。お値段も安いので多読にはよさそう。

なお、DKのレベル別リーダーは、ペーパーバックのものとハードカバーのものが混在しています。ペーパーバックはペラペラですが、ハードカバーはかなりしっかりしたつくり。こだわりがある人は購入の際にチェックを。

3.マニア垂涎?系

LEGO Star Wars in 100 Scenes

スターウォーズに出てくる100の名シーンをレゴブロックで再現している本。貸出率が非常に高く、男子が大好きな一冊です。

4.それってぶっちゃけLEGOはあんまり関係ないんじゃないかと思うんだけど・・・系

Lego: The Book of Everything

科学や歴史、社会など、様々なテーマについて、LEGOのキャラクターが解説している本。LEGOのキャラクターが出てくるけど、中身はLEGOネタではなく、普通のエンサイクロペディアです。

Lego: Dino Safari

Legoのキャラクターが恐竜の解説をしている本。上記同様、中身はLEGOとはあまり関係なし。LEGO×恐竜の組み合わせなので、この本もかなり人気があります。

 

5.コミック

Ninjagoコミックシリーズ

そしてなんといっても一番人気はこちら。だいたいいつも、貸し出し中。まあ、LEGO×コミックって、最強の組み合わせですからね・・・。

全頁カラーで、ビビッドな色合いがアメリカンな感じです。ちなみに著者のGreg Farsheteyさんは、たくさんのLEGOコミックを書いています。Ninjago以外もあるはずですので、他のシリーズが好きな方は探してみてくださいね。


 


以上、主なLEGO関係本を紹介してみました。

LEGO本を借りていくのは、主に低学年の男の子たち。まだインターに入学したばかりで英語が読めない子たちがつまらなそうにしているときに、「LEGOは好き?こんな本はどう?」と言って渡すと、一気に目がキラキラ輝き出します。そんなときは私もとてもうれしくなります。色々なジャンルの本があって、慣れていないと見つけにくいので、子どもたちといっしょに探したりしているうちに、いつの間にかLEGO本に詳しくなってしまった私です。うちの子たちは全く読まないんですけどね~(笑)

LEGO本は、英語がまだまだ読めない子でも楽しめます。女子は総じて無関心ですが(LEGO Friendsシリーズの本も色々あるのですが、あまり人気がありません)、男子の食いつきはすごいですね。

個人的なおすすめは、長く使える図鑑系。特に冒頭で紹介したIdeas Bookは、子どものインスピレーションを刺激する良本だと思います。

【おすすめの一冊】日本の伝統行事(村上龍)<英訳付>

今日は、村上龍さんの「日本の伝統行事」という本を紹介しようと思います。

基本的に書籍代は惜しまない主義の私ですが、この本は、買おうかどうしようか、数か月迷いました。

著者と題名からして、いい本であることは疑う余地もありません。でも値段が高い。100頁ちょっとで、お値段4,860円。1ページ50円と考えると、高いなあと。一応、童謡のCDもついているんですけどね。ちなみに、まだ出版されてから日が浅いので、中古本もほとんど出ていません。

 

で、散々迷ったのですが、「迷ったら買うな。ただし本は例外!迷ったら買え!」というマイルールに基づき、結局購入しました。

結論としては、買ってよかったと思います。

村上さんの書く文章は美しく、日本の伝統に対する深い理解と愛着が感じられるものとなっています。説明は簡潔で、大人が読み物として楽しむにはやや物足りないかもしれませんが、子どもと一緒に読むにはちょうどいい長さです。そして文章だけでなく、イラストや写真が非常に素晴らしくて、思わず目を奪われます。村上さんが8年かけて構想を練り上げ、出版された本だというのも納得の内容です。

例えば以下のページ。お屠蘇と七草がゆについての説明が掲載されています。ページ左のお屠蘇セット、漆の艶と色合い、緩やかな曲線が何とも美しい。時価600万円だそうです。こんな感じで、写真も、一品一品、厳選されたものが掲載されており、見ているだけでウットリしてしまいます。

 

 

我が家の場合、海外在住ということもあり、日常生活のなかで日本の文化に触れる機会がありません。日本の伝統行事を子どもたちに少しでも教えてあげることができたらと思ってはいるものの、海外で手に入るものには限りがあり、なかなか実現できずにいました。バーチャル体験にはなってしまいますが、この1年は、季節の移り変わりにあわせて、この本を子どもと一緒にめくっていこうと思っています。

そしてもうひとつ、我が家にとってうれしいのは、英訳がついていること!子どもをインターに通わせていると、日本文化を英語で紹介しなければならないことが時折あるのですが、何をどう説明すればいいか、迷うことが多々あります。英語版と日本語版を対比して読むと、ああこういう風に言えばいいんだと英語の勉強にもなります。(とはいえ、英語部分については誤植も散見され、編集者が英語があまり得意ではなかったんだろうな・・・という感じもします。)

装丁が豪華で美しい本なので、個人的には、日本文化に興味を持っている年配の外国の方への贈答品にもいいのではと思います。

 

こちらは付属のCD。坂本龍一さんが監修していて、歌手や演奏者も有名な方を起用しているようです。3枚ありますが、日本語版、英語版、カラオケ用で3枚に分かれているので、曲数は多くありません。英語版やカラオケ版はいらないので、その分値段をおさえてほしかったなあ・・・と個人的には思います。(ついでにいえば表紙を綾瀬はるかさんにする必要もなかったんじゃないかなと思います。)

 

 

伝統行事関連の本としては、右の本もおすすめ。たとえば初もうでの際のお参りの方法について、左の本だと文章のみでの説明になっていますが、右の本ではイラスト入りで詳しく手順が解説してあり、非常にわかりやすいです。また、左の本では、主な行事しか紹介されていませんが、右の本では、メジャーではない行事についても丁寧に解説されています。我が家は英訳のニーズがあったので左の本にしましたが、日本にお住まいの方の場合、右の本の方がよいかもしれません。

【おすすめのeasy reader】 Malala – A Hero for All (Step into Reading 4)

今日はEasy Reader(レベル別リーダー)からおすすめの一冊を紹介したいと思います。

ランダムハウスから出ているStep into Readingのレベル4の一冊で、ノーベル平和賞を受賞したMalalaちゃんに関するものです。

Malalaちゃんの本で一番有名なのは、ご本人が書いたI am Malala。いつかこれが読めるようになるといいなと思っているんですが、Book Wizardだと、Grade level Equivalent: 7.1、Lexile® Measure: 1000L、DRA: 60、Guided Reading: Yとなっており、うちの子供たちが読めるようになるのはまだまだ先といった感じです。

そんな中、Malalaちゃんを取り上げたEasy Readerが図書室に新刊として入ってきたので、早速借りて読んでみました。Grade 2~3向けの一冊です(下記はランダムハウスのHPより抜粋)。

9aec9ba5a81b3b881ccd246ceb82fff2

 

次女にはちょっと難しかったので、長女が読み聞かせをしてくれ、私も横で一緒に聞きました。Malalaちゃんが生まれたパキスタンのこと、タリバンがやってきたこと、学校の校長先生をしていたMalalaちゃんのお父さんの苦労、そして学校からの帰宅途中に銃で撃たれたときのこと・・・悲しい話だけど、でも希望にあふれていて、非常に考えさせられる一冊でした。イラストや写真もふんだんにあり、まだ小さいうちの次女も、ページを見つめながら長女の朗読を真剣に聞いていました。読み終わった後は、Malalaちゃんのサイトを見ながら、3人で色々話をしました。

世界には苦境に立たされ困っている人たちがたくさんいます。現在私たちが住む場所でも、高級車やクルーザーを乗り回す人たちが数多くいる一方、街に出れば、物乞いをする人やホームレスの人の姿も目にします。このため子供たちは、「自分はなにをすべきなのか」「このままでいいのか」と、子供なりに日々考えているようです。生活に困る人に小銭を渡すのはたやすいことだけど、それは持続可能な援助ではないし、抜本的な解決にもならない。でも、Malalaちゃんのような「能力」と「勇気」を身に着ければ、世界をいい方向に変えるために私たちにできることが、もっと増えるかもしれない・・・。そんなことを話し合いました。

 

今回私たちが読んだのは、一番左のもの。中央が有名なI am Malala。そして右側は、I am Malalaのyoung edition。こちらは、Lexile® Measure:830、Age Range: 11 to 13となっています。young editionでも、まだ長女には難しいかな。買って本棚に置いておこうかな。

  

 

こちらはMalalaちゃんがノーベル平和賞を受賞したときのスピーチ。10代の少女とは思えない堂々とした話しぶり。文字で読みたい方は下記のノーベル賞の公式サイトをご覧ください。

 

Step into Readingは、ランダムハウスが出しているレベル別リーダー。我が家はこれまであまり読んだことがなかったのですが、今回の一冊がかなりヒットだったので、他に何かいいのがないかとネットを彷徨っていたら、ヒラリー・クリントン議員を発見!今年の5月に出版されたもののようです。そう、あのころは、彼女がアメリカの次期大統領になるだろうと、誰もが疑わなかったんですよね~(遠い目

そのうちトランプ大統領も出るのでしょうか。ちょっと楽しみです(笑)