「Easy Reader (イージーリーダー)」カテゴリーアーカイブ

【おすすめのeasy reader】 Malala – A Hero for All (Step into Reading 4)

今日はEasy Reader(レベル別リーダー)からおすすめの一冊を紹介したいと思います。

ランダムハウスから出ているStep into Readingのレベル4の一冊で、ノーベル平和賞を受賞したMalalaちゃんに関するものです。

Malalaちゃんの本で一番有名なのは、ご本人が書いたI am Malala。いつかこれが読めるようになるといいなと思っているんですが、Book Wizardだと、Grade level Equivalent: 7.1、Lexile® Measure: 1000L、DRA: 60、Guided Reading: Yとなっており、うちの子供たちが読めるようになるのはまだまだ先といった感じです。

そんな中、Malalaちゃんを取り上げたEasy Readerが図書室に新刊として入ってきたので、早速借りて読んでみました。Grade 2~3向けの一冊です(下記はランダムハウスのHPより抜粋)。

9aec9ba5a81b3b881ccd246ceb82fff2

 

次女にはちょっと難しかったので、長女が読み聞かせをしてくれ、私も横で一緒に聞きました。Malalaちゃんが生まれたパキスタンのこと、タリバンがやってきたこと、学校の校長先生をしていたMalalaちゃんのお父さんの苦労、そして学校からの帰宅途中に銃で撃たれたときのこと・・・悲しい話だけど、でも希望にあふれていて、非常に考えさせられる一冊でした。イラストや写真もふんだんにあり、まだ小さいうちの次女も、ページを見つめながら長女の朗読を真剣に聞いていました。読み終わった後は、Malalaちゃんのサイトを見ながら、3人で色々話をしました。

世界には苦境に立たされ困っている人たちがたくさんいます。現在私たちが住む場所でも、高級車やクルーザーを乗り回す人たちが数多くいる一方、街に出れば、物乞いをする人やホームレスの人の姿も目にします。このため子供たちは、「自分はなにをすべきなのか」「このままでいいのか」と、子供なりに日々考えているようです。生活に困る人に小銭を渡すのはたやすいことだけど、それは持続可能な援助ではないし、抜本的な解決にもならない。でも、Malalaちゃんのような「能力」と「勇気」を身に着ければ、世界をいい方向に変えるために私たちにできることが、もっと増えるかもしれない・・・。そんなことを話し合いました。

 

今回私たちが読んだのは、一番左のもの。中央が有名なI am Malala。そして右側は、I am Malalaのyoung edition。こちらは、Lexile® Measure:830、Age Range: 11 to 13となっています。young editionでも、まだ長女には難しいかな。買って本棚に置いておこうかな。

  

 

こちらはMalalaちゃんがノーベル平和賞を受賞したときのスピーチ。10代の少女とは思えない堂々とした話しぶり。文字で読みたい方は下記のノーベル賞の公式サイトをご覧ください。

 

Step into Readingは、ランダムハウスが出しているレベル別リーダー。我が家はこれまであまり読んだことがなかったのですが、今回の一冊がかなりヒットだったので、他に何かいいのがないかとネットを彷徨っていたら、ヒラリー・クリントン議員を発見!今年の5月に出版されたもののようです。そう、あのころは、彼女がアメリカの次期大統領になるだろうと、誰もが疑わなかったんですよね~(遠い目

そのうちトランプ大統領も出るのでしょうか。ちょっと楽しみです(笑)

 

トイレの歴史を学ぶ:The Story of Toilets (Usborne Young Reading)

うちの次女は、すごく気に入った本があると、わざわざ図書室から借りてきて、それを私に読み聞かせしてくれます。私が選ばないような本を選んでくるので、「今度はこの本か!」といつも驚かされます。

今日はそんな次女お薦めの本から、一冊ご紹介したいと思います。今回の本は、みんな大好き、トイレネタです。

Story of Toilets, Telephones & Other Useful Inventionsというタイトルの本で、Usborneから出ています。

Book bandはゴールド。すなわち、ORTでいえばステージ9と同程度の難易度です。

メインのお話はトイレの歴史ですが、そのほか、電話、冷凍食品、サッカーのネット、安全カミソリについて、発明の歴史が解説されています。


内容の一部を紹介すると、こんな感じ。

・ローマでは公衆トイレがあって、長い石に穴を開けたトイレで用を足しながら、色々な人と世間話をする習わしだった。すなわちトイレは一種の社交場だった。(←これが本当の臭い仲?)
・中世の城や砦では、周囲の堀に汚物を捨てて、臭いにおいで敵を寄せ付けないようにしていた。(←ほんとかいな!)
・中世では汚物を家の窓から目の前の道路に捨てることが多く、通行人との「事故」がよく起きた。通りの匂いもひどかった。そこで英国のエドワード3世は、トイレ法を作って、解決を試みた。

toilet

こちらがローマの公衆トイレのページ。皆が仲良く腰かけているベンチのようなものがトイレだそうです。

Usborneの児童書はノンフィクションが充実していて、学校の図書室にもいろいろあるのですが、これまで読んだなかで次女が一番食いついていたのは、間違いなくこの本でした。1ページ読むごとに大興奮。トイレネタ、最強ですね。時代による羞恥心の移り変わりなども感じられ、大人が読んでも面白いです。

全48ページ中、トイレの章は15ページ。個人的にはもっとトイレの歴史について深く書いてほしかった!と思いますが、他の章も面白いです。子どもが食いつくノンフィクションとして、お薦めできると思います。

興味を持たれた方は、是非読んでみてくださいね。

英語で地震について学ぶ:Earthquakes and Tsunamis (Usborne Beginners)

地震被害が絶えない国、日本。

日本の面積は世界の1%にも満たないのに、世界の地震の10%は日本で起きているのだそうです。

いつどこで大きな地震が起き、自分の生命・身体が危険に曝されるか分からない。そんな小さな島国の上で、はるか昔から、独自の文化を発展させ、今では経済大国となった国、日本。つくづく、不思議な国だなと思います。


子ども達に地震についての本を読ませてみたいと思い、学校の図書室で探してみたら、こんな本がありました。同じ本の新品が3冊、図書室に入ったばかりでした。複数冊あるのは、先生が授業で使う予定の本です。どの学年が使うのかな?

表紙の写真をみて、「あれ、なんだか見たことあるな」と思われた方もいるかもしれません。そう、阪神淡路大震災のときのものです。

表紙以外にも、あちこちに日本の写真が出てきます。地震のあとにがれきだけになった街、ひび割れた道路、生存者の探索活動・・・。下記は避難訓練のページ。避難訓練って、Earthquake drillsっていうんですね。日本の小学校の避難訓練の様子が写真と図で紹介されています。

e07b5e4005dcb05cfae700d577fe45fc

 

地震に関する本は、地学的な観点からの説明が中心になっているものが多いように思いますが、この本は、地震の被害がどのようなものか、救助活動がどのように実施されるか、地震の多い国では人々はどのようなことに気を付けているのか等、多角的な観点から「地震」について解説されており、なかなかよいです。

写真や図が多い分、文章の量は少ないです。うちの長女の場合、15分ほどで読み終えていました。上の学年のお子さんですと、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。Book Bandは黄色・・・に見えたのですが、UsborneのHPで確認したところ、ゴールドでした。よって、ORTでいえば、ステージ9相当ということになります。

興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてくださいね。(左がハードカバー版、右がKindle版です。)

 

 

 

子どものレベルにあった本を選ぶために:Book Band Systemを理解する

先日のこと、学校から帰ってきた次女がうれしそうに私に報告しました。「ママ、今日ね~、リーディングがターコイズになったよ!」

reading のレベルが「色」によって決まっていることは以前から認識していたのですが、最近になってようやく、この「色」の意味が分かってきました。


イギリスでは、リーディングの能力に応じた本を読むことが推奨されており、適切な本を選ぶことができるよう、Book Band Systemというものがあります。Book Band Systemには色々な種類があるようですが、基本はInstitute of Education(IoE)が2000年に公表したもので、ピンクからライムまで11段階に分かれています。8歳までにライム(冒頭の図の右から2番目)をクリアする、というのがひとつの目標になっているようです。Book Bandのなかには、上記をベースにピンクの前にライラックを加えたり、ライムのあとに3~4色を加えたりしたものもあります。

なお、IoEのBook Band Systemについての解説は、有料の出版物になっており、残念ながらIoEの公式サイトで内容を確認することはできませんでした。概要がまとめられた外部サイト(英語)があったので、自分の備忘録も兼ね、リンクを貼っておきます。
IoE Book Band 概要

イギリスの出版社から出ている低学年向けのシリーズ本の場合、この「色」で、本のレベルの判別が可能なことが多いようです。たとえばORTの場合、背表紙の上の方のところに、色のサムネイルが印刷されています。Harper Collinsの本なども、OTR同様に色のサムネイルがついています。Usborneの場合、背表紙の色で分かるようです。サムネイルの印刷はされておらず、HPで対照表をチェックすることが必要です。

なお、ORTの場合、少しトリッキーな部分があります。基本は冒頭の図のようにステージとBook Bandの色が一致するようになっているのですが、Band Systemがはじまる前に出版された本で、ステージと色が一致していないものが一部あるようです。TES(イギリスの学校の先生たちの交流サイト)でも、「どうしてこの本はステージ9なのにターコイズなの?」(通常はステージ9はゴールドです)といった感じのスレッドが散見されます。Book BandとORTのステージは区分けの基準が異なるので、このような齟齬が生じてしまっているのでしょうね。

アメリカの出版社の本や、シリーズものではない絵本の類には、このBandはありません。イギリスの学校では、これらの本には独自の判断で色ラベルのシートを貼って、レベルを分かるようにしていることが多いようです。


子ども達の学校では、このイギリス式のBook Band Systemに沿って、毎日のreading assignmentが出されます。レベルチェックは定期的に先生がやっているようです。ざっくりしたイメージですが、そのレベルの本について、初見で90%以上の単語が問題なく読めていれば、次のレベルに行けるようです。Book Band Systemは、本を選ぶときに便利なだけでなく、子どものリーディング力を把握するのに役立ちますし、また、reading assignmentに毎日付き合う親にとっても、励みになります。

今から考えてみれば、次女について、いつどのレベルにあがったか、きちんと記録をしておけばよかったな・・・と思います。当初は、こどものインター独自のシステムかと思っていたので、記録の必要性をあまり感じていなかったのでした。私の記憶では、次女の場合、ピンクから黄色まで1年程度かかりましたが、黄色からターコイズは4か月くらいでした。最近リーディングが伸びてきたなと感じていましたが、こうやってレベルで見ると、伸び具合が客観的に分かりますね。夏休みに入る前にゴールドまで到達できるといいなと思いますが、さてどうでしょう。

ちなみに、子ども達の学校の場合、2年生以上になると、Book Band Systemによるレベル管理はなくなります。かわりに数字で細かくレベリングされた本を読んでいることがあります。こちらはDRA-Development Reading Assesmentという指標なのではないかと思いますが、長女のクラスではreading assignmentはほとんどないので、詳しいことはよくわかりません。またなにか役立ちそうな情報があったらご報告したいと思います。

 

ORT Traditional Talesのお薦めタイトル

ORT(Oxford Reading Tree)といえば、Biff, Chip and Kipperシリーズ!という方が多いように思いますが、個人的には、Traditional Talesの方が好きだったりします。

Traditional Talesは、世界各国の昔話や寓話を集めたシリーズで、全部で約40冊あります。我が家(次女)は全冊読了したと思います。欧米でよく知られた話が多いので、英語の勉強になるだけでなく、「こんなお話があるんだね」という基礎知識をつけるのにちょうどいい感じです。UsborneやScholasticなど、他の大手出版社からもこの種のシリーズ本は出ているのですが、個人的にはORTが一番絵のセンスがいいように思います。また、ORTでは、オリジナルのストーリーにちょっと残酷なシーン等がある場合、小さい子ども向けに無難な内容にアレンジされているので、安心して読ませることができます。ただ、Usborneの方が、装丁がしっかりしているし、あまり変わらない値段でCDもついていたりするので、お得感があります。どの出版社のものがいいかは、好みの問題かもしれません。

 

以下、これまで読んだORTのTraditional Talesのなかで、次女や私が気に入っている本を、少しばかりのうんちくを交えながら、紹介してみようと思います。

  

Traditional Talesは、ステージ1+からステージ9まで、難易度も色々ですが、英語をはじめたばかりのお子さんにおすすめなのは、Run, Run! (stage 1+)です。このお話は、英語圏で知らない子どもはいないというくらい有名な話で、The Gingerbread Manというタイトルになっていることが多いかな。そういえば長女は、昨年のクリスマスの時期に、学校でGingerbread Manの劇をやりました。
ストーリーは、おじいさん・おばあさんが焼いたジンジャーブレッドマンクッキーが逃げ出し、2人がこれを追いかけるというものです。ジンジャーブレッドマンは、さまざまな災難を乗り越えて2人から逃げ続けますが、川岸にたどり着いたとき、「上に乗せてあげる」というキツネの甘言にのせられ、キツネの頭の上に乗って川を渡ろうとします。ところがキツネは、川の中ほどまで来たところで、上を向いてジンジャ―ブレッドマンをパクリと食べてしまいます。コミカルなストーリー展開に思わず笑ってしまう一冊です。

 

The Frog Prince (Stage 6)もお薦めです。グリム童話の「カエルの王様」ですね。
このお話は色々なバージョンがありますが、グリム童話では、主人公のお姫さまがカエルを気味悪がって壁にたたきつけて殺してしまったところ、カエルが王子様に戻った・・・という筋書きだったかと思います。これに対してORTの場合、お姫さまの部屋の枕の上で飛び跳ねたカエルが王子様に戻るという筋書きになっています。これなら小さい子どもに読ませても安心ですね。だって壁に叩き付けられて潰れたカエルなんて、想像したくないですから(笑)
なお、こちらの本は、ORTのHPにフリーのebookがあります。

 

私がTraditional Talesのなかで一番好きなのは、Rumpelstiltskin (Stage 7)です。タイトルの意味が分からず当初は借りるのを躊躇していたのですが、借りる本がだんだんなくなってきてしまったので借りてみたところ、とても面白い本でした。こちらもグリム童話のひとつですね。
貧しい主人公の女性は、とあるきっかけで、小人に対して、「最初に生まれた子どもを小人に渡す」という約束をしてしまいます。その後王子と結婚して王妃になった主人公。2人の間に子どもが生まれると、小人がやってきて、「約束どおり赤んぼを渡せ。でも三日内に自分の名前を当てられたら赤ん坊は連れて行かないよ。」と話をします。
タイトルのRumpelstiltskinは、この小人の名前です。さてさて、王妃は小人の名前を当てられるのでしょうか?
こちらもORTのHPにフリーのebookがありますので、このお話の続きをご存じない方は、ぜひお子さんと一緒に読んでみてくださいね!

 

 

 

Traditional Talesには、アジアのお話もあります。

次女が気に入っていて何度も借りてきているのが、The Magic Paintbrush (Stage 5)です。こちらは中国の民話です。貧しいけれど正直者の青年が、仙人から、描いたものを現実のものにできる魔法の筆を手に入れたところ、性悪な金持ちから狙われて・・・というお話です。勧善懲悪の気持ちよい結末の本です。
 
Yoshi the Stonecutter (Stage 6)は、タイトルからも推察できるとおり、日本の話です。石切り職人のYoshiは、山の精霊の力を借りて、お金持ちになります。さらにYoshiは、お金持ちから王子様へ、王子様から○○へ、○○から××へと、山の精霊の力を借りて、次々と自分が望むものに姿を変えていきます。そして最後にYoshiが選んだのは・・・というお話です。絵はいまいちですが、ストーリーが面白く、含蓄に富んでいて、なかなかいいです。でもこんな民話、日本にあったかしら?

 

以上、ORTのTraditional Talesから、お薦めの本をいくつか紹介してみました。