「おすすめの英語本」カテゴリーアーカイブ

おすすめのチャプターブック:Ghost Boys

今日は久々におすすめのチャプターブックを一冊紹介しようと思います。

Ghost Boysという本です。

2018年刊行の新しい本ですが、GoodReadsではレビューが1万件を超えており、平均4.37と高い評価がついています。

テーマとあらすじ

この本のテーマはずばり、人種差別(Black Lives Matter)です。

主人公はアフリカ系アメリカ人の少年。物語の冒頭で、白人警官に射殺されます。いきなり主人公死亡!びっくりの展開です。(だからタイトルがGhost Boysなのね・・・。)

その後は、主人公の死後の話と生きていたときの話が交互に展開されます。時間軸が前に行ったり後に行ったりするので、最初は少し戸惑うかもしれません。時間軸が切り替わるときには「DEAD」「ALIVE」の記載があるので、これを目安にすると、混乱せずに読み進めることができると思います。

タイトルがGhost Boysと複数形になっていることからもわかるとおり、物語のなかでは同じように白人に殺された黒人の少年たちが出てきます。また加害者やその家族の姿も描かれています。

難易度とおすすめの年齢

この本の難易度は、Lexile Measure: HL360Lとなっています。一瞬目を疑ったのですが、間違いなく360L。これがどのくらいかというと、ネイティブの小学校1年生くらいと思います。241ページそれなりにボリュームがあるチャプターブックなのですが、語彙は平易です。その分、サクサク読めます。私は2時間以上かかりましたが、長女(中1)は1時間ちょっとで読了したようです。

ただ、低学年のお子さんにはお勧めできないです。主人公の殺害シーンは比較的あっさりしていますが、仲間の幽霊の少年が自分が殺害されたときのことを振り返る際の描写が少し生生しいです。また、残された家族の悲しみもグサグサ刺さります。次女(小5)は、「悲しくてもう読めないよ。私も死んだらどうしよう」と途中で泣き出してしまいました。結局読了しましたが、豆腐メンタルな彼女にはかなり刺激の強い本だったようです。

なお、Lexile の「HL」は、語彙の割には内容が難しい本につけられています。ノンネイティブの英語学習者の多読用にちょうどいいということですね。

人種差別について考えるきっかけに

人種差別は、子供にどう教えるのがいいのか悩ましいテーマのひとつです。私が普段から心がけていることのひとつは、「差別された側だけでなく、差別した側の立場からも問題を考える」ということでした。自分と他者を比べるというのは人の心理として当然のこと。誰の心の中にも「差別」につながりうる小さな芽(unconscious bias)があるので、それを客観視できるようにすることが大切だと思っています。(ぶっちゃけ、この問題に関しては、「人種差別は許せない。私は絶対しないけどね」なんて堂々と発言する自称知識層が一番危ないと思っています)

たとえば、人種差別に関してよく取り上げられるナチス問題。一般に教育現場では、ナチスがどのような残虐な行為をしたのか、アンネ・フランクがどのような辛い人生を送ったのか等の点にフォーカスされた取り上げ方がされています。もちろんこのような点を学ぶことも大切なわけですが、同時に私は、子供たちには、「なぜヒトラーがユダヤ人を憎んだのか」「なぜドイツ人がナチスを支持したのか」という点も考えさせるようにしていました。ヒトラーも生まれたときから極悪人だったわけではないのです。動物を愛し、絵を描くことが好きな少年でした。どこにでもいる普通の少年がなぜ稀代の「悪魔」になってしまったのか。人類が同じ過ちを繰り返さないようにするためには、この点を真摯に考えることが非常に重要だと思っています。

ヒトラーの話は書き始めると長くなってしまうのでこのくらいにして、Ghost Boysの話に戻りたいと思います。この本で私が好きなのは、加害者である白人警官とその家族の様子がとても丁寧に描かれている点です。読者は最初は加害者に強いマイナス感情を持ちますが、徐々に彼が良き家庭人であり良き警察官であったことに気づかされます。彼がなぜ主人公を撃ってしまったのかは物語では詳細が書かれておらず、個人的にはそこが物足りない気がしたのですが、そのことを長女に話したところ、「わざと書いていないんだよ。読者に考えさせるためにね」と言っていました。なるほど~、そうかもしれません。

なぜ人種差別が生まれるのか。さらなる悲劇を防ぐために、私たちはなにをすべきなのか。子供たちに考える機会を与えるのに最適な本だと思いますので、紹介してみました。読みやすいので、英語学習中のお母さんでも大丈夫。おすすめです!

※なお、Ghost Boyという似た題名の児童書もありますので、買うときには間違いのないようにご注意ください。

おすすめの英語コミック3選(主に女子向け)

我が家の次女はあまり本を読みません。

分厚い本や小さい活字をみると、それだけでうんざりしてしまうようです。

そんな次女ですが、漫画は大好き。借りてくると一気に読んでしまうし、お気に入りのものは繰り返し読みます。

英語のコミック情報をネットで調べると、日本の漫画を英訳したものはいろいろ出てくると思うのですが、小学生の子供に安心して読ませることができて、かつ面白いものとなると、数が限られてきます。

というわけで、今回は我が家の次女おすすめの英語のコミックをいくつか紹介してみようと思います。

 

1.Smile

次女の一番のお気に入りはこちら。Raina TelgemeierのSmileという漫画です。

主人公は6年生の女の子。作者の子供時代の体験をもとにしたお話だそうです。Amazonでは対象年齢9歳以上となっていますが、オールカラーで読みやすく、9歳未満でも十分読めると思います。Amazon.jpで最初の10数ページの試し読みができます。

Raina Telgemeierは他にもいろいろな漫画を描いていて、SistersBabysitter ClubGhostsなども面白いようですが、次女が一番好きなのはSmileだそうです。Dramaという作品も評価は非常に高いのですが、恋愛ネタが頻繁に出てくるので、小学校高学年以上のお子さん向け。

 

2.Dog Man

数年前までは、Dav PilkeyといえばCaptain Underpantsだったかと思いますが、最近は次女のまわりではDog Manの方が人気が高いような気がします。次女はCaptain Underpantsはあまり好きではなかったのですが、Dog Manは大好きです。

主人公は、頭が犬で体が人間(警察官)のDog Manです。大事故にあって頭部を負傷した警察官と体を負傷した犬。ナースさんのアイデアで、犬の頭部を警察官の体に縫いつけることになり、誕生したのがDog Manです。

 

上記がDog Man誕生の瞬間。悲惨な事故が起きて大変な状況なはずなのに、縫い合わせて1人と1匹を合体させる案に「Hooray!」と歓声をあげる警察官と、尻尾を振って喜びをあらわにする犬。なぜかナースも満面の笑顔で「What a lucky day!」(笑)

こんな感じで、全ページカラーで、ユーモア(というかアホらしさ?)満載です。対象年齢はAmazonでは4~8歳となっていますが、9歳の次女も喜んで読んでいますし、大人が読んでも面白いです。字も大きくて読みやすく、かなりおすすめです。こちらもAmazonで試し読みができます。

 

3.よつばと!(Yotsuba&!)

最後に紹介するよつばと!は、日本の漫画です。「よつばと」って鳩の種類か何かと思ったら、違いました。「よつば(ちゃん)と(いっしょに)」という意味らしく、英語のタイトルは「Yotsuba&!」となっています。日本でも非常に人気の高い漫画だとか。

主人公は5歳の女の子、よつばちゃん。緑色の髪の毛をした不思議な女の子です。よつばちゃんの国籍や人種は不明、「とーちゃん」が南の島で拾ってきた・・らしいです。お話はそんなよつばちゃんの日常を中心に展開されます。次女いわく何度読んでも面白いとのこと。次女があまりにも絶賛しているので私も読んでいましたが、私にはいまいちでした。

出てくる英語はシンプルで、非常に読みやすいです。英訳されている日本の漫画は少年向けのものが多く、女子が楽しく読めるものは少ないので、ある意味貴重な存在かもしれません。

ただし、日本の漫画全般にいえることですが、絵重視で文字が少ないです。コマのなかの擬音語・擬態語は日本語のままで、小さく英語で解説が書かれていて、よく読むと「ほ~」と思うような記載があったりするのですが、子供はまず読まないでしょうね。1冊1000円前後とボリュームに比して値段も高めなので、先に紹介した2つくらべると、コスパが悪いかもしれません。

その他のおすすめ

以上3シリーズ以外のおすすめは次のとおり。

まずは英語漫画の定番、ドラえもん。こちらはセリフはすべて英語ですが、枠外に和訳がついていますので、英語を勉強をしはじめたばかりの小学校高学年のお子さんに最適と思います。次女はこの英語版を数冊読み、とても気に入っていたので、あとは日本語版を購入して読ませています。

Phoebe and Unicornシリーズも、女子の間では比較的人気が高いです。オールカラーで英語も分かりやすく、小学校低~中学年くらいで英語が比較的得意なお子さん向けです。次女も何冊か読みました。それなりに面白いようですが、絵のかわいさが日本人的な感覚からすると中途半端な感じで、次女にはいまいちだったようです。8巻くらいまで出ていたと思います。

歴史漫画ならOxford Reading treetops graphic novels。ORTのレベルで13~16くらい。小学校中学年~高学年向けです。長女もたまに読んでいます。薄くて1冊読むのにかかるのは20分くらいなので、ちょっとコスパは悪いかも。

男子に人気のコミック

我が家は2人とも娘なので、男子の好みはよくわからないのですが、学校の図書室の貸し出し状況をみていると、男子に人気なのはこのあたりでしょうか。

まずはBig Nate。男子の間では大人気、定番中の定番ですね。女の子でも好きな子はいますが、うちの子は絵が好きではないようです。日本のかわいい漫画やアニメに慣れていると、この絵はちょっと・・・という感じなのかもしれません。

ポケモンの英訳版も人気です。あとはレゴやスターウォーズのコミック版も人気が高いのですが、いろいろありすぎてどれがおすすめか、いまいちわかっていません・・・。

 

メジャーだけどあまり人気がないもの

最後に「メジャーな作品だけどあまり人気がないもの」をあげておきます。本選びの際の参考になればと思います。

まずはBONE。学校の図書室に全巻そろっていますが、借り手はほとんどいません。

SNOOPYやドナルドダックなども埃をかぶっています。白黒だし、現代の子供たちからすると、ちょっと古い感じがしてしまうのかな?

Garfieldも冊数はたくさんあるのですが、あまり借りているお子さんはいないような・・・?ただ、好きなお子さんは好きなようです。

  

 

人気のあるチャプターブックもコミック版になっているものが結構多く、ジェロニモ、Percy Jackson、A Wrinkle in Time、Worriorsなど種類豊富です。ですがあまり借りるお子さんはいないですね。私もコミックで読むよりチャプターで読むほうがいいのかなという感じがしています。

ちなみにA Wrinkle in Timeのコミック版はかなり売れているようで、Amazon comでの評価もかなり高いのですが、次女は挫折していました。かなり前のことなので、今度もう一度借りてきてみようかなと思っています。

小学校高学年~中学生向け おすすめの洋書リスト

インターでは6年生からがSecondary(中学生)。長女は今月からSecondaryにあがります。

この数年でPrimaryの子供向けの本にはやたら詳しくなった私ですが、Secondaryの子供にどんな本を読ませればいいのかはよくわかっていません。このため一時帰国中に、訪問した学校や帰国子女用の塾などで、おすすめ図書の情報をいただいてきました。

帰国子女用の塾でいただいたリストには沢山の本が載っていましたが、書名だけではピンとこないので、気になった本をAmazonで探し、チェックしてみました。表紙をみれば、内容について何となくイメージがわいて、長女が気に入ってくれそうか、何となくわかるからです。賞をとっている本は表紙にメダルがついていることが多いので、これも一つの判断基準になりますね。

なお、これまでは本は学校から借りるようにしていましたが、分からない語彙にチェックをさせたいので、できる限り購入する方向でと考えています。

以下、今回チェックした本の一覧です。お薦めいただいたものすべてではなく、メジャーどころやすでに長女が読んでしまっ本は省いています。

 

 

以上、たくさんありますが、とりあえずは、以下の3冊かな?

★Sadako and the Thousand Paper Cranes

広島で被爆した少女の実話。あらすじは私も聞いたことがあります。アメリカでは6年生くらいのころに学校で副教材として読むメジャーな本のようですが、欧州ではあまり知られていないかも。日本人として読んでおきたい一冊です。

★The Giver

H学園の体験授業を受けたときに、長女がネイティブの先生にお勧めの本を聞いたところ、HolesWonderと並び、この本を挙げていらっしゃいました。鉄板の一冊になりつつあるようですね。長女に勧めてみようと思います。

★Walk Two Moons

主人公が同年代の少女で、表紙のイラストが長女好み。Newbery Medal受賞作です。これも気に入ってくれそうな予感ので、勧めてみようかなと思います。

 

他に気になったのは、指輪物語ことThe Lord of the Rings。私自身、映画が大好きで、その影響で大人になってから読みましたが、字が小さくて難しい表現も多く、読了までかなり時間がかかったような。しかも結構おどろおどろしいというか、怖い場面が多かったような。これを小学生が読むんですね。。。名作中の名作だし、その壮大な世界観は是非とも体験させたいところですが、まさか赴任中に子供が読む日が来るとは想像しておらず、海外への引っ越しの際に全部日本の倉庫に入れて来ちゃいました。買いなおすのも癪にさわるし、どうしよう。

 

おすすめの英語本:Guinness World Records (子供むけギネスブック)

今日は久々におすすめの英語本を紹介しようと思います。

Guinness World Records。ギネス社が出版している子供むけのギネスブックです。毎年刊行されており、英語のほか、ドイツ語、オランダ語、スペイン語、日本語など、さまざまなバージョンがあります。

子供たちに大人気で、図書室でも貸出率が非常に高いシリーズです。最新版はだいたいいつも貸出中。特に男の子の受けがいいですが、女の子でも楽しめます。

 

Amazonでは中身が見れないので、我が家にある2005年版の写真を少し載せておきます。なぜ2005年版かというと、フリマで見つけて、次女にねだられて購入したものだから。毎年少しずつリバイスされていますが、最近のものも内容や構成は同じような感じです。英語はちょっと難しめですが、写真がふんだんに使われいるので小さいお子さんでもOK。長く楽しめる一冊だと思います。

 

 

 

曙がドーンと出ているのを見ると、さすがに2005年は古すぎたかもと思ってみたり(笑)それでも、子供たちは気が向いたときにパラパラめくって楽しんでいます。プレイデイトの暇つぶしの時にも時折登場します。「ねー、この写真見て!」「わ~、気持ち悪い」「●●って書いてあるよ」「すごーい」みたいな感じで、友達とぺちゃくちゃおしゃべりしながら眺めています。よく考えてみたら、誰かと一緒に読みながら盛り上がれる本って、この本くらいではないでしょうか。ある意味貴重な存在ですね。

 

ちなみに、ハードカバーとペーパ―バックがありますが、ペーパーバックは中が白黒でいまいちです。最新版のペーパーバックを買うより、数年前のハードカバーを買う方がいいと思います。

このシリーズ、毎年新刊が出るからか、新品の値段がかなり大きく変動しますので、価格推移を事前によく確認してから購入することをお勧めします。下記は2017年ハードカバーの価格推移。2000円台前半でずっと推移してきたのが、なぜか3000円近くに急にあがって、最近がくんと1500円台に落ちています。こういう感じのよくわからない値動きが多いです。これから上がるのか下がるのか、全く読めないです。ちなみに私は価格チェックにKeepaというツールを利用しています。かなり便利でおすすめ。

以上、今回は子供向けギネスブックの紹介でした。

 

おすすめのチャプターブック:ナルニア国物語(The Chronicles of Narnia) 難易度と読む順番

今日は、ファンタジーの名作、ナルニア国物語を紹介したいと思います。

 

作者について

作者のC・S・ルイスは、イギリスの小説家。15歳のときに不登校になり、家庭教師をつけて自宅で勉強し、オックスフォードに入学、優秀な成績で卒業し、オックスフォード大学の教授となった人物です。

興味深いのは、「指輪物語」の作者、トールキンと非常に親しい仲にあったということ。同じ時期にオックスフォードで教鞭をとっており、ファンタジーな世界を描き出す作家として、互いに良い影響を与え合っているようです。ところが創作や信教をめぐる考え方の違いから、途中から仲が悪くなってしまい、最後は断交してしまったのだとか。

我が家には指輪物語のうち、The Two Towersがあります。ナルニアよりかなり語彙が難しいので、長女が読めるようになるのはまだ先かな~と思いますが、映画を先に見せてあらすじと世界観を理解しておけば、もしかしたら読めるのかな?

さて、話をナルニアに戻します。

ナルニアは児童文学のなかでは古典というかクラシックのような位置付けの本です。出版されたのは1950年代。そろそろ著作権が切れそうだなと思って調べてみたところ、残念!!まだ先でした。ルイスの没年は1963年、イギリスは著作権の保護期間が作者の没後70年ですので、著作権フリーになるのは2033年ですね。まだ15年ありました~。

ナルニア国物語 難易度と単語数

難易度は、ざっくりいえば、ハリー・ポッターよりちょっと易しいくらい。ただ、長女によると、「そんなに変わらないのでは?」とのこと。

語数は1冊あたり4~5万程度です。ハリポタは1冊で20万語を超えるものもあるので、同じ全7巻といえども、ボリューム的にはハリポタよりかなり少ないです。

以下、巻別に、難易度と単語数を記載しておきます。

  Book 1: The Lion, the Witch and the Wardrobe
DRA: 50、Lexile measure: 940
単語数:36,135
 Book 2: Prince Caspian
DRA: 50、Lexile measure: 870L
単語数:44,740
   Book 3: The Voyage of the Dawn Treader
Lexile measure: 970L
単語数:52,078
   Book 4: The Silver Chair
DRA: 60、Lexile measure: 840
単語数:51,022
   Book 5: The Horse and His Boy
DRA: 50、Lexile measure: 970L
単語数:48,029
   Book 6: The Magician’s Nephew
DRA: 50、Lexile measure: 790
単語数: 41,062
 Book 7: The Last Battle
DRA: 50、Lexile measure: 890L
単語数:42,854

 

ナルニア国物語を読む順番

ナルニア国物語はどういう順番で読むのがいいのか、争いがあります。端的に言えば、出版順(左)VS 時系列順(右)という争いです。以下長文になりますので、あまり興味がない方は、飛ばして先に行ってくださいね。

さて、ナルニアはもともと7巻になることが予定されていなかったので、出版の順番と物語の中の時間の流れが一致しません。このため、どういう順番に読むのがいいのかという点が、議論されています。

 

出版順 時系列順
The Lion, the Witch and the Wardrobe The Magician’s Nephew
Prince Caspian The Lion, the Witch and the Wardrobe
The Voyage of the Dawn Treader The Horse and His Boy
The Silver Chair Prince Caspian
The Horse and His Boy The Voyage of the Dawn Treader
The Magician’s Nephew The Silver Chair
The Last Battle The Last Battle

 

作者のルイス本人は、「どのような順番で読めばいいか」という読者からの質問に対し、以下のように答えているそうです。

I think I agree with your order for reading the books more than with your mother’s. The series was not planned beforehand as she thinks. When I wrote The Lion I did not know I was going to write any more. Then I wrote P. Caspian as a sequel and still didn’t think there would be any more, and when I had done The Voyage I felt quite sure it would be the last. But I found as I was wrong. So perhaps it does not matter very much in which order anyone read them. (出版順に読むべきという君のお母さんの意見より、時系列順に読む方がいいという君の意見に賛成だよ。お母さんは僕がもともと全7巻になるように計画していたと思っているみたいだけど、そうじゃないんだ。1冊目を書いたときには2冊目を書くことは考えていなかったし、2冊目を書いたときも3冊目を書くことは考えてなかった。3冊目を書いたときにはこれで最後だと確信していたんだよ。でも僕は間違っていた。だからたぶん、どんな順番で読んでも問題ないんじゃないかな。)

上記作者コメントについて、「時系列順で読むべき」という考えの人たちは、「ほらみろ!ルイスだってそう言っているじゃないか」と主張し、一方「出版順派」の人たちは、「いやいや、小さな子供から『時系列の順番で読むのはいけないか?』って聞かれたら、普通ダメとは言えんだろ?」と反論しているようです。

 

この争い、どっちが正しいのか、いまだに決着がついていないようですが、以下、私が集めた情報で、参考になりそうなものを記載しておきます。

  • 出版社のHarper Collinsは、従前は「出版順」に巻番号をつけていましたが、現在は「時系列順」に巻番号をつけています。
  • 一方、映画は「出版順」に制作されています。
  • ネット上での論争を見ると、「出版順」に読むべきと主張している人の方がやや多い印象です。ナルニアの世界観が凝縮されているのがThe Lion, the Witch and the Wardrobeで、これを読んでからでないと他の話がよく理解できないはず、というのがその根拠です。ただ、「出版順」派の投稿が目出つのは、Harper Collinsが「時系列順」に並べ方ことへの反発からくるもののようであり、これをもって「出版順」派が優勢と断言することまではできないような気がします。
  • 長女の担任の先生のおすすめは「時系列順。その方がストーリーの流れが分かりやすいのではとのことです。
  • 長女は担任の先生のアドバイスに従い、「時系列順」に読んでいます。本人いわく「順番?どっちでもいいんじゃないの?The Magician’s Nephewから読んだら混乱するとは思えない」とのこと。

 

というわけで、結論としてはどっちでもよさそうです

ただ、個人的な見解をいうと、面白そうかどうかまず試し読みをしたいということなら、出版順がよさそうです。というのも、出版順なら、一番有名であり、かつナルニアの世界観を分かりやすく体現しているThe Lion, the Witch and the Wardrobeが第一巻になるからです。一方、「さあ7巻一気に読んじゃうぞ~!」という人は、時系列順に読むのもいいような気がします

 

ナルニア物語の映画

ナルニア物語は映画化されています。現在第3作まで制作されています。2006年、2008年、2010年と続き・・・いつの間にか8年経過。次が出るのはいつでしょう。

第一作は当時かなり話題になった覚えがありますが、その後の2作はあまり話題にならなかったような。ただ評判は悪くないようなので、機会があったら家族で見てみようと思います。

 

ナルニアを買うなら

Kidleがお得です。だいたい1冊100円くらい。

ちなみに我が家には3冊あります。Lionが2冊に、Nephewが1冊。ナルニアはフリマに出ていることが多く、あまり深く考えずに買っていたら、かぶっていました(汗)日本でもおそらくBook Offなどで入手できる可能性が高いのではと思います。

7冊がまとまった合本もありますが、字が小さい感じがするので、お子様向きではない気がします。Kindleでは7冊セットで100円なんていう破格値のものもありますが、誤植が多いようなので、避けた方が無難と思われます。

 

以上、ナルニア国物語のご紹介でした。