私の英語学習

こんなに違う!海外での数字の書き方

ヨーロッパにきて驚いたことのひとつが、数字の書き方が日本と異なることです。アラビア数字って世界共通だと思っていたのですが、まさか書き方が違うとは! 知らないと思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので、今日は数字の書き方の違いについて書いてみようと思います。 1と7の書き方   一番違うのは、1と7です。 日本人が書く数字は上、ヨーロッパ人(大陸)が書く数字は下。例えば銀行の振込用紙なんかを上の書き方で書くと、受付のお姉ちゃんに書き直しを命じられたリします。ヨーロッパ人(大陸)は、スラッシュの有無で1と7を区別するのです。確かにスラッシュが入っ… 続きを読む »こんなに違う!海外での数字の書き方

Courseraで講座受講 “The Bilingual Brain”

  • by

Courseraをさまよっていたら、面白そうな講座を見つけました。 The Bilingual Brain バイリンガルの脳の働きについて8週間かけて学ぶというもの。講師は、ヒューストン大学の神経科学の先生。ご自身も英語とスペイン語のバイリンガルで、バイリンガルの脳に関する研究を専門とされています。 先日、中島和子さんの「バイリンガル教育の方法」を読了し、これはこれで勉強にはなったのですが、なんというか、全体的に引用文献が古すぎて、モヤモヤしていたところでした。だって普通の学会向けの論文だと、30~40年前の論文や研究結果がばんばん引用されているって、普… 続きを読む »Courseraで講座受講 “The Bilingual Brain”

【ハリポタ第8巻】ハリーのおじさん姿に耐えられるか・・・?それが問題だ。

  • by

すでにご存じの方も多いでしょうが、7月31日にハリポタの第8巻、Harry Potter and the Cursed Childが発売されます。設定は、第7巻から19年後。3児の父になったハリーが、末っ子のAlbusとともに、悪と戦っていくというストーリーだとか。 7巻で終わりだと思っていたので、今回の発売に喜んでいるファンも多いのではないでしょうか。 でも、買うのはちょっと待った方がいい・・・かも?     まずこの本、7月31日から上演が始まるハリポタのロンドンでの舞台作品の台本だそうで、今までの7巻とはちょっと体裁が違うのです… 続きを読む »【ハリポタ第8巻】ハリーのおじさん姿に耐えられるか・・・?それが問題だ。

いざというときのためにー地震関連の英単語30

  • by

4月14日・16日に起きた熊本の大地震。亡くなられた方、怪我をされた方、家を失った方、まだ自宅に戻れず避難所で不安な夜を過ごされている方・・・考えるだけで心が痛みます。とはいえ私にできることは寄付くらいで・・。被災をされた方が一刻も早くもとの平和な生活に戻れるよう、異国の地から祈念するばかりです。 日本にいると、ある程度の規模の地震というのは日常の一部ですが、海外にいると、そもそも地震を体験すらしたことない人が大半であることに驚かされます。外国人の多くは、地震についての知識をほとんど持っていません。避難訓練も受けていませんので、何が危険でなにがOKなのか… 続きを読む »いざというときのためにー地震関連の英単語30

Speed Reading Online Testを受けてみた

  • by

仕事の関係で必要になり、Speed Reading Online Testなるものを受験しました。 オンラインで無料でできるテストで、10分かからずに結果が出ます。英語学習者向けではなく、ネイティブ向けのものです。 結果は、speed: 153wpm、comprehension: 82%でした。今回の文章の場合、ネイティブの平均は、speed: 200wpm、comprehension: 60%のようなので、私の場合、スピードはやや遅いけど、比較的正確に内容を把握できているということになるようです。今回の文章はやたらと数字が多かったので何度も読み返してし… 続きを読む »Speed Reading Online Testを受けてみた