教育に関する雑考

Kindle Unlimited で教育関連本を一気読み <その2>

  • by

Kindle Unlimitedで読んだ教育関連本の備忘録、第2弾です。 今回紹介する本は、以下の4冊です。 5.子どもの頭がグンと良くなる!国語の力(出口汪) 国語教育で有名な出口先生の本。論理的思考の大切さや国語力を伸ばす方法が紹介されています。漫画入りでサクサク読めます。 我が家は出口先生のドリルなどを普段から家庭学習で使っているため、特に真新しい情報はありませんでしたが、ご家庭での国語教育にこれから取り組もうと考えている方には、参考になる一冊だと思います。 6.いちばん得する中学受験(辻 義夫、 西村 則康) 中学受験の利点、塾の選び方、低… 続きを読む »Kindle Unlimited で教育関連本を一気読み <その2>

Kindle Unlimited で教育関連本を一気読み <その1>

  • by

Amazon のKindle Unlimitedで、2か月99円というキャンペーンをやっていたので、登録してみました。 この機会に、「買うほどじゃないけど、ちょっと気になっていた教育関連本」を一気読みしています。 Amazon Unlimitedで読める本には、残念ながらベストセラー本や話題の本はほとんどないのですが、海外在住で日本の活字に飢えている私には、十分魅力的でした。 以下、今回読んだ教育関連本について、自分の備忘録も兼ね、概要と所感を記載しておきます。ちょっと長くなりそうなので、記事は何回かに分けて掲載する予定です。今後Unlimitedを利用… 続きを読む »Kindle Unlimited で教育関連本を一気読み <その1>

USの大学とUKの大学 違いと選び方

  • by

先日、英語圏の大学への留学を考えている生徒と保護者向けの説明会があり、参加してきました。主催していたのは日本にも支部がある某大手教育コンサルティング会社。 以下、備忘録もかねて、概要を記しておきます。英語での説明でしたので、聞き間違いなどもあるかもしれませんが、ご容赦ください。   USの大学とUKの大学の違い US: ・他国との一番の違いはリベラルアーツカレッジがあること。専攻が決まっていない人や色々な分野に興味がある人に向いている。 ・求められる人物像はAll Rounder。勉強もできて、リーダーシップもあって、特技があって・・・というよ… 続きを読む »USの大学とUKの大学 違いと選び方

インターっ子からみた日本の公立小学校

  • by

来年夏に本帰国になりそうな我が家。帰国後は子どもたちは地元の公立小学校に戻る予定です。 ところが・・・我が家の次女、「公立小はいや。行くならインターがいい!」と言い出しました(汗) なぜ公立小がいやなのか、次女に意見を聞いたところ、こんなことを言っていました。   授業中、ずっと椅子に座っているのが苦痛。インターだと床の上でゴロゴロしたり、ソファーで本を読んだりもできるのに、日本だとできない。 授業中は先生の話をじっと聞いているだけ。子どもたちが意見を言う機会があまりない。だから授業がつまらない。 リサーチにインターネットを使えない。発表の資料… 続きを読む »インターっ子からみた日本の公立小学校

中学受験の算数で四苦八苦

  • by

我が家の長女は、現在小学5年生です。海外でIB(国際バカロレア)インターに通っており、今夏からGrade 6となりました。中学受験対策のため、日系の塾にも週2回通っています。 忙しいながらもなんとか学校と塾の課題をこなしている長女ですが、ここにきて、中学受験の算数で四苦八苦しています。   昨日やっていたのはこちらの問題。速さと比の問題で、「時計の長針と短針の角度が180度になるのは7時何分?」的な問題を、「あ~、つまんない。ほんとやんなっちゃう。あっ!また間違っている。もういや~!!」とブチ切れながら、ひたすら解いていました。 ちなみにこちら… 続きを読む »中学受験の算数で四苦八苦