教育に関する雑考

帰国子女の中学受験:我が家の場合

すっかりブログの更新を怠っていました。その間、長女の中学受験やら自分の仕事やらで、いっぱいいっぱいの毎日を送っていました。 さて我が家の長女の中学受験ですが、結果は3勝1敗でした。1敗を喫したのは、英語勝負の某難関校。英検1級でも落ちると噂に聞いていましたが・・・本当に落ちました~(汗) 不合格になった学校は、実は長女自身が「自分には合わない気がする」としきりに言っていて、合格をいただいても通うかどうかは正直微妙でした。ですので、本人は「ほっとした」みたいです。私も「ご縁がなかった」ということなのだろうと思い、自分を慰めていますが・・・いや~、でもちょっ… 続きを読む »帰国子女の中学受験:我が家の場合

三角関数不要論

  • by

少し前のことになりますが、前大阪府知事の橋下さんが「教育に三角関数は不要だ」という趣旨の発言をして、物議を醸していました。これには強烈な反論があちこちから出ていたようで、「三角関数は社会のあちこちで使われている」「教養として必須」という意見が多かったようです。私自身はというと、社会人になってかれこれ20年、三角関数が必要となった場面などなかったので、「んなの不要でしょ!」と思っていました。 ところがです。先日のこと、長女がiPadをもって私のところにやってきて、「ママ、このマークってなに?」と質問してきたので覗いてみたところ、そこには燦燦と輝くθマークが… 続きを読む »三角関数不要論

インターの教育が子供の人格形成に与える影響

  • by

最近、ブログを読んでくださっている方や、リアルの友人・知人などから、「IBインターに入れたことによって、子どもの性格や考え方に変化はあった?」「あったとしたら、どういう風に変わった?」という質問をしばしば受けます。 私は自分の子供のことしか分からないですし、「インターに入れた場合」と「入れなかった場合」を比較できるわけではないので、インターの教育がどういう影響を与えているのかは、正直よくわからない部分もあります。ただ、いい意味でも悪い意味でも、「日本でずっと育っていたら、こうはならなかったんだろうな」と感じる部分はあります。 というわけで、今回は、インタ… 続きを読む »インターの教育が子供の人格形成に与える影響

外国人からみた日本の中学受験

いよいよ1月もなかば、本格的な受験シーズンの到来ですね。 年々ヒートアップする中学受験。もはや首都圏では、ゆったりとした普通の子育てはできないかのような雰囲気を感じています。帰国枠受験も、この5年ほどで著しく激化している模様です。 我が家の長女は小5ですが、長女と同じGrade 6に今年受験の小6のお子さんや昨年受験を終えている中1のお子さんが在籍しているため、日本人のお母さんたちで集まると、中学受験の話題がよく出ます。我が家も1年後には受験予定ですが、話を聞くたびに焦りを感じます。   一方、ヨーロッパで生活していると、逆に「こんなに勉強させ… 続きを読む »外国人からみた日本の中学受験

Kindle Unlimited で教育関連本を一気読み <その3>

  • by

先週は年明けということもあり、仕事でバタバタの一週間でした。土日に必死に積み残しを消化し、月曜日の朝、メールとchatworkとSlackをチェックしたら、誰からも何もレスが入っていない。時差の関係で、こちらの月曜日の朝は日本の月曜の夕方にあたります。だから誰からも何も連絡がないというのは、通常はあり得ないこと。不審に思ってカレンダーを見たら、今日は日本では成人の日、祝日ではないですか!やられた。土日に頑張って損しちゃった。 そんなこんなで、子供が学校から帰宅するまでの半日、時間が空いてしまいました。昼寝でもして明日に備えようかと思いましたが、コーヒーを… 続きを読む »Kindle Unlimited で教育関連本を一気読み <その3>