「教育に関する雑考」カテゴリーアーカイブ

英語ができると得すること

先日立ち読みしたPresident Family。今回は英語特集で、子供の英語学習についてあれこれ書かれていました。

様々な記事のなかで、私が一番気になったのは、下記の記事でした。

英語ができると、年収もあがるし、受験でも有利ですよーという記事です。いやまあ、確かにそのとおり。私自身も昨年就職活動をしてみて、外資と日系企業であまりに提示金額が違ってびっくりしたので、よくわかります。10年ちょっと前に転職活動をした時に比べても、かなり格差が開いてきている印象です。今後はいったいどうなるんでしょう・・・。日系企業だけでしか働けない場合、かなりきつい世の中になりそうですね。

とはいえ、英語ができることのメリットって、受験や就職だけではないと思っています。記事ではそのあたりのことが紹介されておらず、ちょっと片手落ちだなと感じたので、私が感じている「英語ができるメリット」をあげてみたいと思います。

1.世界中に友達を作ることができる

英語ができることのメリットの一つは、人種や国籍を問わずに世界中に友達を作ることができることではないでしょうか。恋人や配偶者の選択肢も広がりますね!笑

手前みそになってしまいますが、我が家の2人の子供たちには世界のあちこちに友人がいて、仲良くなるのに国籍や人種は関係ないと実体験からわかっているので、外国人に対する苦手意識は全くありません。そして多様性に非常に寛容です。

COVID-19の影響もあり、最近は週末になるとインター時代の友達とzoomでおしゃべりをする時間が増えました。先週はUAEのお友達がヒジャブをつけはじめたということで、ヒジャブについて色々話を聞いていた模様です。インターネットが発達して色々な情報が簡単に手に入るようになりましたが、書籍やネットから得た知識と、実際に見聞きして得た知見は、やっぱり重みが違う気がします。いろいろなことを教えてくれるお友達に感謝です。

それから、世界中に友人がいると、日本の狭い村社会のなかで人間関係に追い詰められて心が折れるリスクを減らすこともできる気がしています。仮に将来、日本の学校で友達ができなかったり、いじめられたりしても、別のところで自分の居場所を確保できていれば、何とかやっていけるのではないかという気がしています。

2.教育における選択肢が格段に増える

2つ目のメリットは、教育における選択肢が格段に広がることです。

英語ができれば、進学の際に、国内の学校だけでなく、海外の学校も選択肢に入れることができます。(費用の問題はありますが・・・)

また、昨今はオンラインでの教育プログラムが充実してきているので、英語ができれば、留学をしなくても、実に多種多様な選択肢のなかから子供にあった教育をオプションとして付け加えることができるようになってきています。

日本という枠組みのなかで教育を考えると、サピックス→御三家+鉄緑会→東大or国公立医学部というゴールデンルートに乗るために、親子で必死で努力しなければなりません。このゴールデンルート、競争がかなり厳しいうえ、勝ち残ってもグローバルではなかなか通用しないという茨の道です。

ところが英語ができると、ゴールデンルートよりも遥かに魅力的なルートが色々見えてくるわけです。選択肢が多すぎて絞り切るのが難しいほど、たくさんのルートがあります。家庭の教育方針や子供へのフィット感などを考慮して、ルート選択ができるのは、とてもいいことだと思います。また、一流の教育を受けるために日本の難関校に必死の思いをしていれる必然性はあまりないため、親としてはかなり気が楽です。

(ただし海外ルートはお金がかかるものが多いので、我が家のような富裕層に属さない一般家庭にとっては、そこが一番の悩みの種になってきます・・・)

3.英語学習以外に時間を使うことができる

小学校時代にある程度英語を身に着けていると、中高でほかのお子さんが英語学習に四苦八苦している時間を、ほかのことに使うことができます。1日1時間英語を学習すると仮定すると、6年間で2,190時間。1日2時間なら4,380時間になります。

長女の学校の同級生には、中学受験が終わったばかりというのに、すでに塾通いを始めているクラスメイトが相当数いるようです。多くの親御さんが危機感を持っているのは・・・英語です。語学はマスターするのに時間と根気がかかるので、みなさん英語学習に相当の時間とエネルギーとお金を割いている模様です。

ただ、ちょっと意地悪な言い方になりますが、そんなこんなで中高6年間英語を頑張っても、到達できるレベルはたかが知れているんですよね・・・。「帰国子女はずるい」とよく言われますが、いや本当にそのとおり。ゲーム開始時からダイヤモンドの剣を持っていて無双できちゃうようなもので、ずるく見えて当然です。ただこうなることは最初からわかっていたことです。英語教育に早めに着手した家庭はそれなりにリスクもとっていますから、ずるいといわれてもね・・・という感じです。

4.情報収集の幅が広がる

英語ができることのメリットの4つめとしては、情報収集の幅が広がることがあげられます。

インターネットの発達により情報収集の要は書籍からインターネットに移行しました。インターネット上の情報は、日本語よりも英語の方が、圧倒的に分量が多いです。統計にもよりますが、だいたい英語の情報量は日本語の10倍程度になるようです。分量が多ければ当然ながらそれだけ情報に深みも出てくるわけで、英語で情報収集ができるかどうかで得られる情報の量も質も格段に変わってきます。

政治や外交にかかわる報道について、日本語の情報に偏りがあることは知られていますが、学術分野でも日本の学会のメインストリームとグローバルスタンダードにずれが生じていることはしばしばあります。相違が生じている理由を日本の独自性から合理的に説明できる場合もありますが、そうでないこともあります。また日常のちょっとしたことでも、分野によっては偏りが結構あるようです。たとえばペットの飼育に関する情報。長女いわく、動物の権利保護に敏感な欧米と、動物を単なる「物」としてとらえる日本では、内容がかなり異なり、「日本の常識は欧米の非常識」になっているようです。

よって、「まずは英語でリサーチ」ができるかどうかという点で、情報へのリーチが全く異なってくることになります。

英語ができると、何かわからないことができたとき、ネットを介して日本人だけでなく世界中の人に質問ができるので、そういう点でも便利ですね。私が個人的に重宝しているのはFacebookのグループページとQuoraですが、長女の場合、redditとdiscordというものをよく使っているようです。

ーーー

以上、英語ができると得することを4つあげてみました。早期英語教育の是非については様々な議論がされているところですが、受験や就職以外にもいろいろメリットはあるので、そういう点も考慮して検討をしてもらえるといいのかなと思っています。

パンデミック終了までのロードマップ

突然の学校休校決定からあっという間に2か月経過。そして夫と私が在宅勤務になってから1か月が経過しました。我が家は4人とも、元気に暮らしています。

我が家は都内中心部ではなく郊外のエリアに住んでいます。住環境には非常に満足しているものの、通勤や通学に時間がかかるのが悩みのタネでした。隔離生活になり不便もありますが、その一方で無駄な時間をカットして大好きな自宅で過ごす時間が増えたので、不謹慎かもしれませんが、現状にさほど不満は感じていません。

とはいえ、子供の心身の成長を考えると、このまま隔離生活が続くのはどうなのかという不安はあります。長女の中学校は毎日オンライン授業がきっちりあり、クオリティーも保護者として十分満足がいく内容のものなのでいいのですが、問題は公立小に通う次女の教育です。一応教育委員会が準備した動画授業があるのですが、分量は少なく、質もいまいちのようで、我が家は全く利用していません。またプリントなどの宿題は全く出ておらず、学校からは、始業式以来、何の音沙汰もありません。「教育を受ける権利」って憲法上の要請のはずなんですけどね・・・どうなっているんだろう・・・

気になるのは今後この「自粛モード」がいつまでどのように続くのかという点ですが、考えられるパターンは3つあるだろうと思っています。

<パターン1>緊急事態宣言解除でパンデミック対応終了

5月6日までの予定となっている緊急事態宣言。状況的に延長になる可能性が高いと思われますが、どこかの時点では解除されることになるのでしょう。解除ととも通常生活に戻る・・・というのがこの<パターン1>です。多くの人がイメージしているパンデミック終了はこの形と思います。

<パターン2>抑圧と緩和の繰り返し

こちらはイギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者チームが3月に出した試算です。ICUの入院者数を基準に緩和と抑圧を繰り返すというもので、同チームの試算では、ワクチン普及までの18か月間のうち、その3分の2の12か月間、「抑圧」が必要となっています。

このグラフのようになるかはわかりませんが、緊急事態宣言解除後の緩和により患者数が再度増加した場合、2度目、3度目の「抑圧」が必要になる可能性があるだろうと思っています。

<パターン3>政府が段階的な緩和政策を採用

こちらはハーバード大学の研究チームが出しているプラン。緩和と抑圧を繰り返すと社会経済が疲弊するため、緩和政策を4段階にわけて実施するというものです。いつ緩和をするかは当該職種・サービスの重要性によって異なる形になっています。このプランであれば8月までにパンデミック収束が見込めるとのこと。なおこのプランでは、教育は最後の第4フェーズで再開するものと位置付けられています。

3つのうちのどのパターンになるのか、現時点での予測は難しいです。ただ言えるのは、学校や塾などは優先度が低くなりがちで、再開の時期が遅れたり、再開後に再度閉鎖される可能性があるということ。よって、色々考えた結果、我が家はパターン2やパターン3も視野にいれ、次女の教育を大きく見直す形にしました。

中学受験用の国算塾→一方的に動画のリンクを送ってくるだけで、あまりにもコスパが悪いため、zoom利用の少人数制国算塾へ切り替えることにしました。テキストもカリキュラムも大きく変わるので本人は大変です。ただ、決断が遅れると傷が深くなるだけになりそうですし、今ならキャッチアップの時間もとりやすいため、転塾することにしました。

帰国子女用英語塾→オンラインで対応してくれているので、こちらはそのまま継続しています。オンラインで1クラスに結構な人数がいる割には値段が高いのですが、代替できるサービスもないので、当面はこのままでいく予定です。

DMM英会話→これもそのまま継続。

探究学舎→3月の無料講座がとてもよかったので、「人体・医療編」のオンライン講座を受講しています。探究学舎の学習は次女の食いつきがよく、本当に助かっています!!

長女による家庭学習プログラム→長女がインターのGrade 5の時に自分が受けたUnit of Inquiriesの授業をベースにしたプログラムを作成し、次女に提供してくれています。独自プログラムといっても、テーマを決めてリサーチをさせ、関連した動画を見せたり記事を読ませたりして資料をまとめさせ、皆の前でプレゼンさせるというものですが、なかなか役に立っています。

現在私の上司はドイツ人なのですが、彼の口癖は「Hope for the best, plan for the worst.」今回のコロナの件で、本当にそのとおりだと感じています。パンデミックが早く収束することを祈っていますが、教育に関しては、最悪の場合を想定して先手を打っておくことが必要ではないかと思います。

アフターコロナの教育観

COVID-19の影響が続く中、新学期/新年度がはじまりました。我が家は4人とも、元気に巣ごもり生活を続けています。

夫も私も在宅での仕事が可能なため、多少の不自由はあるものの、まあ何とか回せています。問題は子供たちの教育です。COVID-19により、教育についても色々と考えることがあったので、自分の備忘録も兼ね、記事にしておきます。

ICT教育の重要性

今回の件でしみじみ感じるのが、ICT教育の重要性です。

首都圏ではほぼすべての学校がシャットダウンを継続していますが、私立中高の一部の学校ではオンラインを活用した教育が開始されています。オンラインと一口に言っても色々です。スタディサプリなど外部のサービスに依拠する学校もあれば、学校の先生たちの授業をきちんと配信してくれる学校もあります。後者の場合、動画を一方的に流すだけの学校と、zoomやGoogle Classroomを使って双方向の授業をきっちりやってくれる学校があるようです。また双方向授業をやっている学校のなかにも、1日の限られた時間のみのところと、きっちり時間割どおりの学校があるようです。

周囲の話を聞いていると、各校の持つ「ICT力」の差が如実に対応の差に現れていると感じます。もちろんICTは万能ではなく、紙ベースの学習やface to faceの授業も重要だと思います。ただ、このコロナ問題がいつまで続くかわからないという現状を考えると、可能な限り教育にICTを活用すべきだという点に異論はないと思います。

おそらく来年以降の入試では、COVID-19にどのように学校が対応したかという点が問われることとなり、ICTを活用してきちんと対応した学校は人気も難易度もあがり、そうでない学校は下がるということになるのはないでしょうか。

2020年5月7日追記:
いわゆる名門進学校のなかには、「Kindle禁止」なんていうびっくりな学校もあるそうです。まさかのキンドル禁止令?

学習塾についても同様です。多くの学習塾はオンライン対応をしていますが、一方的な動画配信のところが多く、双方向的なコミュニケーションをどこまでどのような形で取り入れるかという点で差がつきはじめています。我が家の場合、次女の通っている学習塾については対応に疑問を感じる点があり、転塾の方向で動いています。通塾は送迎が大変なので、もしオンラインでそれなりにモチベをもって勉強できる体制が作れそうであれば、アフターコロナもオンラインで学習を継続する形がいいのかなと感じています。

海外留学のリスク

今回のCOVID-19を通じて、海外留学という選択肢は様々なリスクを抱えているのだということを改めて感じました。

海外大学にお子さんが留学中の友人が何人かいますが、どうやら一時帰国をされた方が多いようでした。聞いているところによれば、学校はオンラインで授業をしているところが多く、日本にいても受講できるといえば受講できる・・・ようです。ただ、時差のあるなか、日本からオンライン授業に参加するのは非常に大変だそうです。特にアメリカの場合、日本時間の深夜から授業がはじまることが多くなります。リトルアイビーにお子さんが留学中の友人いわく「だいたい午前0時から授業がはじまる」「午前3時以降の授業については先生も個別対応をしてくれることが多い」「ただそうはいっても、年配の先生の場合、ITを使いこなせていないこともあり、苦労している」とのこと。

また、海外留学にあたっては様々なテストの受験が必要ですが、今年は中止になったテストも多く、受験生のみなさん(特に海外大に絞って対策をしている方々)は、対応に苦慮されているのではないでしょうか・・・。

我が家も長女の大学は海外を考えていますが、今回の件を機に、海外留学のPros/Consについて改めて検討することが必要だと感じはじめました。仮に行かせるとしても、有事の対応がしっかりしている「国」を選ぶことは必須だと感じました。長女の夢はドイツの大学への進学ですが、今回の件を機に、留学させるならやはりドイツがいいかもしれないと親の私も思い始めています。ドイツ語、頑張ってもらおう・・。

今回のCOVID-19のシャットダウンは5月になれば収まるようなものではなく、ワクチンが普及するまで、それなりに長期にわたって続くのではないかと思います。その後の世界では、どんな教育が提供されていくのでしょうか。選択肢がある場面で親として賢い選択ができるよう、ち密な情報収集と分析を心がけていきたいと思います。

親の進路、子供の進路

中学入試もひと段落し、長女の進路について周囲から聞かれることが増えました。古くからの友人や知人などに長女の進学先がA校だと報告すると、「えっ・・・(しばし沈黙)・・・そうなんだ、意外。」「でも、A校もいい学校だよね!」と微妙な反応が返ってくることが多いです。

私は中学から大学までB校に通っていて、夫もB校出身であるため、友人や知人、職場の同僚たちの多くが、長女も当然B校を受験したと思い込んでいるようです。なので、A校に進学=B校残念組と勝手に脳内変換して、同情してくれている模様です。「いやいや、B校は受けてないから!」と言いたいのをぐっと我慢し、哀れみの視線にさらされながら、日々過ごしています(笑)

ところで少し前になりますが、東京カレンダーというサイトで、「御三家ウォーズ」というフィクションが連載されていました。中学受験で麻布を目指す港区ママが主人公の読み物なのですが、そこに薫子さんという「最強ママ」が出てきます。薫子さん一族では、代々、男は開成、女は桜蔭と決まっているそうです。彼女の決め台詞は「最高で開成、最低でも開成」。おそるべし薫子さん!

しかしですね・・・リアルの世界を見てみると、薫子さんのようなママ、いないと思うんです。親子で桜蔭や開成に入学するのはハードルが高すぎて現実的ではないというのももちろんあります。ただ、そもそも論として、教育熱心なご家庭ほど、「親がその学校出身だから」という最初から結論ありきの理由で学校を選ぶことはない気がしています。また自分の出身校については良い点だけでなく悪い点も熟知しているので、子供を進学させるのは慎重に考えてしまう傾向があると思います。ついでに自分の出身校以外の学校についても、当時のイメージ+その学校に進学した友人の顔がつい思い浮かんでしまって、躊躇する傾向が強い気がしています。

ちなみに私の周囲にはお子さんが現在御三家に通っている知人がそれなりにいますが、地方出身で中学受験未経験、大学から東京というパターンが多い気がします。逆に自身が中学受験を経験しそれなりの学校に進学した場合は、現在の中学受験の荒波に子供を放り込むことに躊躇を覚えることが多いのか、小学校から私立、インターへ進学、海外移住など、中学受験を意図的に回避する選択肢を選ぶパターンが結構多いような気がします。まさに「隣の芝は青くみえる」状態なのかなと思います。

さて、我が家が母校を選ばなかった理由ですが・・・別に母校が嫌いなわけではないです。理由はただひとつ。将来、長女に自由な進路選択をさせたかったからです。

大学までの一貫校というのは、いわば特急列車に乗るようなもので、楽ちんですが冒険もできません。たとえば将来なりたい職業に対応する学部がなかったり、あっても内部推薦を受けられなかったりすると、非常に難しい選択を強いられることになります。留学も制度はあるもののいろいろ制約があります。よって、長女の場合、B校へ進学すれば、足に錘がついたような状態になってしまうのではないかというのが私たち夫婦の危惧した点でした。彼女の場合、特急列車に乗るより、各駅停車で途中下車もしながら旅をした方が、たくさんの選択肢のなかから自由に将来を選べてよいのではないかと感じました。

長女の場合、おそらくB校を受験すれば、合格できただろうと思います。周囲にはA校とB校に合格し、B校進学を決めたお子さんがちらほらいるので、そういう話を聞くと正直複雑な心境になることもあります。でも、これが我が家が選んだ道。これからの学校生活で、自分の夢と目標を見つけて、未来という名前の白いキャンパスに存分に自分の想う絵を描いてくれればと願っています!

帰国子女の中学受験:我が家の場合

すっかりブログの更新を怠っていました。その間、長女の中学受験やら自分の仕事やらで、いっぱいいっぱいの毎日を送っていました。

さて我が家の長女の中学受験ですが、結果は3勝1敗でした。1敗を喫したのは、英語勝負の某難関校。英検1級でも落ちると噂に聞いていましたが・・・本当に落ちました~(汗)

不合格になった学校は、実は長女自身が「自分には合わない気がする」としきりに言っていて、合格をいただいても通うかどうかは正直微妙でした。ですので、本人は「ほっとした」みたいです。私も「ご縁がなかった」ということなのだろうと思い、自分を慰めていますが・・・いや~、でもちょっと悔しいな!!!

不合格の話を友人や知人にすると、たいてい、「えっ、英検1級でも落ちるの?一体どういう子がそういう学校に合格するの?」と質問されます。私の知る限り、合格者の多くは、英語圏の滞在歴が長く、帰国後に英語塾でしっかり受験対策をされたお子さんたちでした。特に印象的だったのは英語圏の複数の国を経験しているお子さんたちの強さ。例えばですが、「ニューヨークに4年、ロンドンに3年いました。5年生のときに帰国してKA(帰国子女専門の英語塾)に1年半通いました。」というようなタイプ。同じ英語圏といっても国によって色々違う点もあるので(カリキュラムも読む本も違いますよね)、複数の国を経験するとその分英語力に厚みが出るのかなと感じました。そして現地で磨いた英語力を基礎に、きっちり志望校対策をした子たちは、やっぱり強いなあという感じでした。

ちなみに長女は遅まきながら本帰国後(昨秋)からKAに通い始め、一番上のA1クラスの末席に加わりましたが、クラスのなかでお友達になった子の多くが上記のような経歴(英語圏から帰国+KAがっちり)だったそうで、加入当初から、「こりゃ英語一本勝負じゃ敵わないな~」という感じでした。途中でクラス落ちしなかったのが不思議なくらいです。長女の場合、論理的な文章の読解は得意ですが、文学作品とか詩の読解はてんでダメ。語彙もきちんと勉強したことがないので、苦労していました。そのような中、最初はアップアップしていたものの、周囲に刺激されて徐々に頑張るようになり、最後の方はエッセイで高得点を連発し、模範解答に選ばれるほどになっていました。わずか数か月の間でぐんぐん力がついているのは感じていましたので、もしかしたら英語一本勝負でもいけるかも?と親としてはちょっと期待してしまったところがあり、不合格の結果にはションボリでした。

ちなみに長女本人の反応ですが、普段から「中学受験は単なる通過点」と話をしていたからか、合格の報にも淡々としていましたし、不合格の報にも平然としていました。強がっているのかと思いましたが、そうでもないようでした。一応、「もうちょっと勉強しておけばよかったかな?みんなみたいに必死で勉強してなかったし。」と反省の弁を述べておりました。気づくの遅すぎ!まあ、エッセイ準備という名のネットサーフィンばかりしてたからね・・・。今回の不合格、本人にはちょうどいい薬になったみたいです。

ちなみに進学先は以前から長女が気に入っていた学校で、英語なしの試験で合格を勝ち取りました。長女の場合、国語はボロボロで、小6になってからは秋の日のつるべ落とし状態でした。一方で算数は勉強時間が少ないわりには安定して比較的いい成績がとれていたので(合不合でY65-70くらい。70を超えることもありました)、それが大きな助けになりました。

という訳で、我が家の帰国受験、志望校への途を開いてくれたのは、算数でした。まあ、英語も多少は役に立ちましたが・・・。それにしてもまさかこんな展開になるとは。きっとこれは、「英語はもうそのくらいにしといて、他のことを頑張れよ」という神様からのメッセージですね。もう長女の英語教育にお金をかけるのはやめようと決意しました(笑)

4月からはいよいよ中学生。本人は学校のHPをみて、「どうしよう、入りたい部活が7つもある・・・」とウンウン唸っています。どうすればいいのかよくわからないので、新入生説明会で、先生に相談するそうです。楽しく実り多い学校生活になればいいなと思います!