家庭学習

どんぐり VS 公文

  • by

  お友達の子供が通っていて、話を聞いていて最近興味を持ち始めたのが、どんぐり倶楽部です。 どんぐり倶楽部は、今までの学習塾や公文などとはちょっと違い、学力をつけるというより、思考力をつける点に焦点が置かれています。このため、勉強の内容も、他の学習塾や公文などとはかなり違うようです。たとえば国語の場合、漢字を覚える際に何度も書かせたりしません。じっと漢字をみたあと、目を閉じて、映像として頭の中に浮かび上がらせるというステップを繰り返して覚えさせ、最後に一度だけ確認のために書かせるそうです。算数も、計算問題などはほとんどなく、文章題が中心です。A… 続きを読む »どんぐり VS 公文

海外でのタブレット教材利用の可否について

最近増えているタブレット教材。我が家は今月からベネッセの「チャレンジタッチ」を始めています。 「こどもチャレンジ」って、なんだかあまりにも普通すぎるし、ダイレクトメールもしつこいし(笑)、今まで子どもにやらせたこともなかったのですが、実際にやらせてみると、子どもが飽きない工夫や、努力が目に見える形になる工夫が色々なされていて、さすが教育界の王者ベネッセ、すごいなと感心しました。タブレットという真新しさゆえの食いつきの良さもあるのかもしれないので、使える教材かどうかの分析はもう少し時間が経過してからにしようと思いますが、そもそも論として、海外でこの種のタブ… 続きを読む »海外でのタブレット教材利用の可否について

公文の海外受講 我が家の場合

  • by

日本でやっていた公文。こちらでも頑張って続けています。 日本にいたときは、長女が国算英の3教科、次女が国算の2教科でしたが、現在は2人とも算数のみ。本当は国語力をつけさせるために国語もやらせたいのですが、インターの宿題などもあるので、1教科でいっぱいいっぱいの状況です。算数も難しくなるとギャーギャーわめいてボイコットするので、本当に大変。毎日、公文に苦悶している状況です。 海外での公文学習 海外で公文学習をする方法はいくつかあります。 ひとつめは、現地のお教室に通う方法。公文って全世界に進出しているんですね。私の住む市にも2か所あって、1つは現地の方が、… 続きを読む »公文の海外受講 我が家の場合