公文

公文の算数 我が家の5年間の歩み

  • by

バイリンガル教育をテーマにブログを書いていますが、なぜかアクセスが多いのが公文関連の記事。公文に苦悶している人がそれだけ多いということなのかな。 我が家では、小3の長女が公文の算数(数学)を開始してからもうすぐ5年になります。今回は、これまでの歩みをざっくりと紹介してみようと思います。 公文をはじめたきっかけ 長女が公文をはじめたきっかけは、国語でした。長女は文字を書き始めるのがとても早く、3歳になるころには自分で手紙や物語をスイスイ書くくらいになっていたのですが、自己流で書いていたため、書き順がめちゃくちゃでした。どこからどう手をつけたらいいか悩んでい… 続きを読む »公文の算数 我が家の5年間の歩み

中学受験と公文の算数 我が家の場合

  • by

公文の算数 我が家の悩み 子どもの教育に関して私がずっと悩んでいたことのひとつが、公文の算数。 「こんなつまらないプリントを子どもにやらせてプラスになるのか?」 「機械的に計算練習を繰り返すだけで、思考力がつかないのではないか?」 「中学受験を考えたら、方程式に入る前に公文の算数はeixtした方がいいのでは?」 そんなことをずっと考えていました。 特に今年の春に長女がF後半でつまづいてからは、いつどうやってやめるか、やめたあとはどうするか、「公文のexit戦略」をいつも考えていたように思います。   その後どうなっているかというと・・・2人とも… 続きを読む »中学受験と公文の算数 我が家の場合

中学数学 最初の難関にぶちあたる

  • by

何度もやめようと思った公文算数。結局まだダラダラと続けています。 現在長女がやっているのは、G過程。中学1年生相当の内容です。マイナスの足し算・引き算はクリアし、今週から、マイナスの掛け算・割り算に入りました。 ここで、中学数学の最初の難関にぶつかりました。それは、「なぜ、マイナスとマイナスをかけると、プラスになるのか?」ということ。いや、そういえばなんでなんだろう?マイナスとプラスをかけるとマイナスというのは、説明できるのです。「赤字が2倍になったらどうなるか。ますます貧乏になるよね?」と説明すれば足ります。でも、マイナス×マイナスは、どう説明すればい… 続きを読む »中学数学 最初の難関にぶちあたる

公文の「国語」 期間限定で再スタート

  • by

一時帰国に伴い、公文の国語を再開しました。2か月限定で受講予定です。 海外生活が1年半となり、英語の習得はそれなりに順調です。我が家の場合、長女が7歳半、次女が5歳半で英語教育を本格的にスタートさせており、決して早くはなかったのですが、集中的な学習の効果で2人とも英語についてはそれなりに力がついたかなという気がしています。勉強って何でもそうですが、開始からしばらくは下りのエレベーターを下から昇っていくような感じになるので、一気に駆け上がった方が効率的な気がします。 一方、懸念されるのは、国語力の低下です。 帰国子女にとって一番の関門は「漢字」といわれてい… 続きを読む »公文の「国語」 期間限定で再スタート

続・公文をやめる!をやめる?

  • by

先日書いた下記記事の後日談です。 算数のF後半の四則混合の分数計算に四苦八苦しているうちの長女、あまりにかわいそうなので、日本のお教室の先生に相談をしてみました。(※我が家は通信ではなく、日本で通っていたお教室に籍を残して、先生からまとめて教材をいただいて、受講しています。) すると、先生から思わぬコメントが。 「あ、F130以降については、さ~っとでいいですよ!」 「F151~F170については、Gで方程式を習えばさっと解けるので、飛ばしてもらってもOKです。」 「F181~F200を終わらせたら、中学課程に入っちゃいましょう!」 「F181~では、桜… 続きを読む »続・公文をやめる!をやめる?