「公文」カテゴリーアーカイブ

公文の算数 次女のこれまでとこれから

我が家の次女は、現在9歳。インターではGrade 4ですが、日本だと小学3年生になります。

幼稚園のときからコツコツ続けている公文。一日3枚ののんびりペースですが、石の上にも3枚×4年、先日G(中1相当)が終了し、Hに入りました。公文用語でいえば、5先(5学年先取り)になります。

 

長女のときにはさっくり4か月程度で終了したGですが、次女は8か月かかりました。カーン・アカデミーを併用して理論の理解に重点を置いたことから、思ったより時間がかかってしまった感じです。ただその分、かなりきっちり仕上がった状態でHに入ることができた印象です。長女のときは、とりあえず前に進め~進め~という感じで、かなり慌ただしかったな・・・。

長女の場合は小4の10月に中学過程(I)を終了したところで、公文を一旦卒業し、中受の勉強に集中する形にしました。次女の場合も同様に、当初はI終了を目標にしていたのですが、このペースで行くと、あと1年でI終了までもっていくのはかなり厳しいと思います。

 

中受の勉強が本格的にスタートする前にIまで終わらせるか、それともじっくり理論を理解しつつ進めることを重視するか、ほんのちょっと悩みましたが、次女については後者で行こうと思います。来年6月までにHを終了させ、そこでいったん公文はお休みです。次女はまだ模試などを受けたことがないため、立ち位置がよくわかっていませんが、おそらく長女に比べると国語がかなり不得手だと思うので、その分空いた時間を国語の学習に回せるといいのかなと思っています。

しかしカーンアカデミー、本当にすばらしい。日本だと公式を教えてハイおしまいのところでも、「なぜ」「どうして」をきっちり教えてくれます。グローバル・スタンダードのMathの勉強をするにはもってこいだと思います。完全無料ですので、未体験の方は一度は試してみるといいのではないかと思います。

公文の国語は役立つか

2015年6月27日   初稿
2018年9月27日 リライト

私たちの年代では、公文といえば「算数」のイメージが強いと思います。小学校のクラスにいましたよね、公文に行っていて、めちゃくちゃ計算が早い子や、小学生なのに方程式を使ってサササと問題を解いてしまう子。だからでしょうか、公文というと、やっぱり「算数」と思ってしまいます。

最近の公文は、「算数」のほか、「国語」と「英語」もあります。英語については個人的には入門用にはかなり役立ったと思います。今回は「国語」について書いてみようと思います。

 

公文の国語 メリット

①いろいろな種類の文章を読む機会を与えることができる。

子どもにとって読書はとても大切です。でも、子どもに本を選ばせると、どうしても物語ばっかりになってしまうんですよね。

公文の教材には、自然科学や社会科学などに関する文章もバランスよく出てくるので、いろいろな種類の文章を読むという意味で、非常によかったと思います。マンモスの話や、古代文明の話、オシベメシベの話・・・こういう話は、なかなか自分では読まないので、助かりました。

②自分のペースで勉強できる。

これは他の通信教育にはない利点ですね。先取りによって自分より上の学年の漢字が読めるようになると、読める本もぐっと増えてきて、「読書が楽しい!」と思えるようになる気がします。

③細かい進度管理で目的意識と達成感が得られやすい仕組みになっている。

公文では細かく進度が管理されています。教室の先生によっては、グラフなどを作って目に見える形で進み具合を示してくれることもあります。長い長い階段のなかで、自分がどこにいて、どこを目指すのか。それが分かるので、目標もたてやすいし、目標を達成したときの「やったー」という達成感も得られやすいようになっています。自宅でドリルをやる場合にはこれがなかなか難しいです。

 

公文の国語 デメリット

①答えを暗記して先に進むようなところがある。

公文で先のプリントに進むには、所定の時間でプリントを終え、かつ、一定以上の正解率を確保することが必要になります。それまでは繰り返し同じプリントをやることになるんですが・・・そうすると、答えを覚えてしまうようになるんですよね。

漢字の勉強はそれでいいと思います。でも、読解問題で答えを覚えてもね・・・意味ないでしょ、と思います。

②繰り返しが多すぎる

上記①とも重なりますが、とにかく同じプリントの繰り返しが多いんですよね。少し難しくなってくると、3~4回の繰り返しはざらです。でも、同じ文章を何度も読むのって子どもにとっても面白くないし、親の側もなんだかイライラしてしまう。苦手な分野については同じような問題を違う文章で繰り返し勉強できるといいなと思うんですが、残念ながらそういう仕組みにはなっていません。

③進度や順位にとらわれてしまう部分がある。

メリット③の裏返しとして、進度や順位が気になりはじめると、進め方について迷走する可能性があるという点があげられるかと思います。

公文の国語は、記憶力がいい子や国語のセンスがある子は、すごいスピードで進みます。それはそれでいいことかもしれませんが、段々と、子どもも親も、進度や全国順位が気になるように・・・。順位があがったら喜び、下がったらがっかりしてしまいます。順位にとらわれて先に進むことに拘るより、本人の実力にあったものをたくさん読ませる方が、国語の力は伸びるはず。順位が気になり始めたら、辞め時かもしれません。

 

で、公文で国語力はアップするののか?

以上、メリットとデメリットを整理してみましたが、もし上記メリットの①や②を親が自分で子どもに与えてあげられるなら、公文の国語は不要と思います。公文が推薦図書の一覧を公表していますので、これを見ながら図書館で本を選んであげれば、公文に高いお金を払わなくともメリット①は十分に実現できます。(※念のために表の見方を簡単に説明すると、A→小1相当、B→小2相当、以下同様に学年がひとつあがると次のアルファベットになります。)

逆に、多少お金を払ってでもメリットの①や②を手軽に享受したい(仕事が忙しくて図書館に行く時間がない/海外などにいて手軽に日本の本を入手することができない等)ということであれば、公文の国語は役立ちます。ただしこのときは、デメリットの①~③を意識して、進め方について先生とよく話をした方がいいと思います。

公文国語の進度と活用方法 我が家の場合

我が家の2人の進度は以下のとおりです。

長女
継続して受講していたのは年長の3月まで。この時点でFⅡ(小学6年生相当)。小2と小3のとき、夏休み限定で再開。小5の現在はHⅡでストップ中。

次女
年中の12月でA(小学1年生相当)まで進み、海外赴任への帯同のため、いったんお休みに。小1、小2、小3のとき、夏休み限定で再開。小3の現在はDⅡでストップ中。

 

長女は国語の進度がとても速かったです。ただこれは、理由があります。

当時はまだ幼稚園児だったこともあり、「とにかくたくさんの文章を子どもに読ませたい」「漢字は読みを中心に勉強させたい。書き順などは現時点ではある程度適当でもいいと思っている」と我が家の方針をお教室の先生に予めお伝えした上で、指導をお願いしました。このためプリントの繰り返しは一切なしで、進めるところまで一直線に進ませてもらった結果、こうなりました。

年長のときにやめたのは、文章が難しくなって本人が楽しくプリントをできなくなったためです。具体的には、夏目漱石の『坊ちゃん』が出てきたときに、「女中ってなに?下宿ってなに?もう全然わかんないー!」ということになり、こりゃもう無理だなと判断しました。当時はぐんぐん順位があがり全国2桁に入ったところ、このペースでいけば全国上位者一覧に入れるかも・・・という野望が出てきたところだったので、長女は続けたいということも言っていましたが、私の判断で辞めさせることにしました。

 

『坊ちゃん』は、現在の教材ではFから消えているようです。おそらく小6でも難しすぎるということになったのでしょう。あそこで辞めるという判断をせず、そのまま続けていたら、相当のレベルまで行っただろうと思います。ただ、時間をかけ、本人にいやな思いをさせ、毎日尻をたたいてプリントをさせても、その努力に見合う成果は得られなかったでしょう。

公文の国語の教材はとてもいいと思います。でも、読解問題で繰り返し同じプリントをやるのは意味がないです。子供にとっても苦痛ですし、お金も無駄になります。進度が先に進んでいると、せっかくここまで来たのにやめるなんてもったいないと思うかもしれません。教室の先生もそうおっしゃるでしょう。でも、よく考えてみてください。公文で先に進むことによるメリットは何だろう?嫌がるこどもに毎日プリントをさせて得られるものは何だろう?親子でこれだけ苦労をして、喧嘩もして、それに見合った学力はつくのだろうか?

進めるところまで進んだらスパッとやめる。親の役割はそのタイミングの見極めだろうと思います。

 

なお、長女は小1の冬からインターナショナルスクールへ転校していますが、その後驚くべき速さで英語を吸収しました。英語の上達が早かったのは、公文の国語で先取をさせたことにより、母語である日本語の基礎がしっかりできていたことが大きく影響していると思います。次女の方は日本語も中途半端な状況で英語環境に入ったため、残念ながら英語の伸びはいまいち。バイリンガル教育を考えている方にも、公文の国語はおすすめできると思います。

 

英語で算数を学ぶ:カーンアカデミーが優れている理由

我が家では、長女の中学受験算数は私が、次女の数学は夫が、それぞれフォローアアップを担当しています。

次女の数学の勉強で夫が取り入れているのが、カーンアカデミー。算数を中心に、様々な科目についてオンラインでの講座を無料で提供しているサイトです。

 

カーンアカデミーの何が素晴らしいのか

授業のわかりやすさ、料金が無料であること等、色々魅力があるカーンアカデミーですが、個人的に一番いいなと思うのは、「なぜそうなるのか?」ときっちりと教えてくれることです。

・・・といっても、何がどういいのかわかりにくいと思うので、具体例をあげて説明します。

 

現在我が家の次女は、公文で数学を勉強しており、マイナスとプラスが混じる四則混合計算をやっています。

―3-(-3)=0

たとえばこういう計算。日本ではどういう風に教えるかというと、

「マイナスが二つ続くとプラスになると覚えましょう。だから上記の式はー3+3になって、答えは0になります。」

まあ、こんな感じでしょうか。なんとなくですが。基本、解法を教えて覚えさせるだけなのではと思います。

これをカーン先生はどう教えるか。

「スティーブはお金を持っておらず、マイケルから3ドルを借りている。彼の全財産はマイナス3ドル。スティーブのことをかわいそうにおもったおじさんは、スティーブの借金をかわりにはらってあげることにした。借金3ドルをかわりにはらってくれるというのは、3ドルあげるのと同じこと。だから、ー(-3)は、+3と同じことなんだ。」

 

この説明、私には目から鱗でした。夫は「こういうのを神授業っていうんだよな!スタ●●サ●●は、自分で自分のこと神授業とか宣伝してるけど・・・カーン先生の方がずっとすごいんじゃないか?」と言っていました。夫には、「ほら、日本には八百の神がいるっていうからさ。たぶん日本基準だと神授業なんだよ」と返答しておきました。スタ●●サ●●はかなりお得ないいサービスだと思いますけど、算数に限っていえば、やっぱりカーン先生にはかなわないですね。

さて話が逸れましたが、こんな感じで、カーンアカデミーは、きっちり数式の意味するところを教えてくれる点が、すごくいいと思います。

 

我が家が行きついた算数学習の形:公文とカーンアカデミーの併用

我が家は英語同様に算数(数学)も重視し、公文を利用して先取りを進めています。小5の長女は公文の中学過程終了済。小3の次女は現在中1相当の学習をしており、おそらくあと1年ちょっとで公文の中学過程を終了させることができるだろうと踏んでいます。

公文は単なるプリント学習と思われがちですが、スモールステップで非常によくできた仕組みだと思っています。毎日学習すれば、きっちり前に進みますし、力もつきます。難点は、教室にお任せにしておくと、機械的なプリント学習になりがちで、計算力がつくだけに終わってしまう可能性があること。

もちろん目指すのが計算力ならいいのですが、せっかくなら、算数の学習を通じて論理的思考力をつけたいところ。そんな思いから、試行錯誤の末、我が家は公文にカーンアカデミーを併用するという現在のスタイルに落ち着きました。

ちなみに長女のときは、カーンアカデミーは併用していませんでした。なので、親が教えたり、「とある男」さんの動画を活用したり。長女の場合は公文のおかげでかなり高い計算力があり、中学受験のための勉強に関しては非常に助かっています(国語の点数が不安定なので、算数が安定しているのは大きいです)。でも、中学数学の解法についてきちんと論理的に理解できているかと言われると、心もとない部分があります。長女のときにもカーンアカデミーを使えばよかったな~と、今さらですが思ったりしています。

 

カーンアカデミーの利用方法

カーンアカデミーの動画はYoutubeで見ることができます。しなしながら、カーンアカデミーのサイトでアカウントを作って視聴した方が、履歴が残って学習管理がしやすく、おすすめです。

我が家は英語版を利用していますが、最近は日本語版のラインナップも充実しているようです。なお、カーン先生はインド系アメリカ人ですが、話す英語にインド系特有の訛りはありません。非常に聞き取りやすい英語ですし、字幕もつけられるので、もし迷ったらまずは英語でチャレンジを。

 

さて、この手のオンライン学習の場合、どんなに内容が優れていても、よほどモチベが高くない限り続けるのが難しいという問題があります。よって、「リアルな学習環境とどう連動させるか」あるいは「どうやってモチベを維持させるか」が有効活用の鍵を握っています。我が家の場合、前述のように、公文とリンクさせ、公文をベースに進度管理をしながら、適宜カーンアカデミーの動画を見せるという形にして、リアルな学習環境と連動させることによって解決を図っています。よって動画は順番どおりにすべて見せるのではなく、公文を軸に進めつつ、必要なものを親がチョイスするという形にしています。

なお、カーン先生の説明を全てきちんと理解できればベストですが、先取りをしている場合、すべてを完璧に理解することは難しいです。上記のマイナスの引き算の説明は比較的説明がわかりやすく、次女にも理解できました。しかしながらこの次の単元の、「マイナスとマイナスの掛け算」については、解説が結構難しかった!カーン先生はこの点についても丁寧に根拠を説明をしてくれていますが、次女にはよく理解できなかった模様です。よく理解できていない点については、また時間をおいて戻る形でもいいかなと思っています。

 

以上、我が家の取り組み:公文×カーンアカデミーについて紹介してみました。いろいろ試行錯誤しましたが、今のところこの組み合わせがベストだと感じています。これから学習を進められる方の参考になれば幸いです。

 

 

公文の数学、中学過程終了。

長女、公文の数学で、中学過程(I)を終了しました。

最後の方は1日2~3枚ののんびりペースでしたが、5年半かかって、ようやく第一目標に到達しました。小4の3月までに終わればいいかなと思っていたので、予定より5カ月早くゴールに到達したことになります。

I終了テストは2群。完全平方式の解法で躓いていたので、そこだけもう一度どこかで復習しようと思いますが、それ以外はきっちり理解できていました。

公文の思い出

以前も何度か書いていますが、長女は算数/数学が得意ではありません。算数/数学が得意な子って、数字の面白さをよくわかっていて、生き生きと問題に取り組みますが、うちの長女はそういうタイプではありません。毎日の公文のプリントがルーティーンになっていたから、なんとなーく、コツコツ地道に続けてきただけです。

ちなみに国語は、ここ2年ほどは夏休みの間だけやる感じにしていて、現在G(中1)まで終了しています。国語は得意科目だし本人も好きなので、サクサク進みます。一方数学はのんびりペースで何度も同じところを行ったり来たりしていたのですが、気づけば国語の進度を追い越していました。

 

思い返してみれば、問題が解けなくて悔し涙を流していた日もありました。

「やらないならもういいよ。やめる?」ってセリフ、何回口にしたかな~。でも長女は一度も、「やめる」とは言わなかったです。

だらだらとプリントをやっている長女に腹を立て、私がプリントを破り捨てた日もありました。長女は私が破ったプリントをこっそり保管していまして、後日それを私に見せ、「ママ、こういうことはもうやっちゃだめよ?」「ちゃんと証拠とってるんだからね?」と言ってきました。なのでそれ以来、プリントを破くのはやめました(笑)

「あー、早く中学過程まで終わらせて、公文をexitして、楽になりたい」といつも思っていましたが、いざ終わってしまうと、なんだかさみしい気もします。

公文をやってよかった?

これはYesです。

公文の算数/数学が、本人の学力にどのような影響を与えているのかは、正直よくわかりません。ただ、中学入試レベルの計算問題なら今のところ苦にならないようで、塾の宿題に出る四谷大塚の「計算」問題集などは、1週間分8ページを1時間ちょっとで一気に終わらせてケロリとしています。本人いわく、「こういうシンプルな計算ってほんと楽だよね。やっててウキウキしちゃう!」とのこと。計算でウキウキはちょっと日本語の使い方を間違っているんじゃ・・・という気もしますが、苦にならないのは確かなようです。相変わらずケアレスミスは散見されるので、計算力があるのかは正直よくわかりませんが、辛抱強く計算問題に取り組む力(?)はついた気がします。

公文のプリントは、一見、市販の計算ドリルと一緒に見えますが、少しずつ少しずつ難易度があがるように非常に精緻に作られています。1回目には四苦八苦していたプリントも、2回、3回と繰り返すうち、どんどん速く正確にこなせるようになります。1週間前に苦労した問題が今日はさっと解けた。1週間前に10分かかったプリントが、今日は5分でできた。繰り返しにより、子ども自身が成長と手ごたえを実感することができます。

ただ、どんな学習法もそうですが、公文は万能ではありません。野球でいうところの素振りやランニングみたいなものですね。「算数は公文をやっていればOK」ではなく、準備運動くらいの感覚でいた方がよいと思います。

また、コスパも気になります。月6000円だか7000円だかを、5年半。一体いくら使ったか、すみません、怖くて計算できません!ただ、ずぼらな私の性格上、毎日プリントを準備してやらせるのは難しかっただろうと思います。また、子どももトロフィーを目標に、時おり先生に叱咤激励されながら頑張ることができました。これはこれで我が家にとっては正解だったのだろうと思うことにしています。

大変だったのは、やっぱりF

5年半を振り返ってみて一番大変だったのは、F(小6相当)の四則混合計算でした。ここは1年近くかかったと思います。長女はここをしっかりやったから、四谷の「計算」が楽に感じるのだと思います。数学(G以降)に入ると意外に楽で、思ったより順調に進みました。

ちなみに1年ちょっと前に教材が改訂され、Fは以前よりは平易になったようです。ただ、それでも、ややこしい分数の計算が続くFは、多くのお子さんにとって苦痛だと思います。我が家では現在、次女がF60~70あたりで悪戦苦闘しています。でも、Fを超えればあとは楽だと長女のときの経験から知っているので、今回は比較的余裕をもって見守ることができています。小2の間にFまで終われば万々歳。Fの力がしっかりついていれば、G~Iは1年半で十分です。

その他大変だったところは、以下の過去記事記載のとおりです。

公文の算数 我が家の5年間の歩み
バイリンガル教育をテーマにブログを書いていますが、なぜかアクセスが多いのが公文関連の記事。公文に苦悶している人がそれだけ多いと...

今後のこと

実は本人はJ以降も続けたいと言っていましたが、中学受験を考え、前へ進むのは小休止することにしました。「準備体操」だけどんどん上達しても意味がないので、いいタイミングだったなと思います。だんだん問題が難しくなってきていて、私が教えるのはもう無理だと感じたことも大きいですね。

公文の先生や最終教材まで到達した方がよくおっしゃっていることですが、公文の良さは、高校数学に入らないとわからないそうです。ちなみにIは一応中3相当となっていますが、Iの因数分解や二次関数の問題は、高校の数Ⅰで習う解法を使うものも多く含まれていました。I後半に入ると、今まで数字ばかりが並んでいたプリントにグラフや図形も現れ始めます。それと同時に、「因数分解のたすきがけって、パズルみたいだね」「ピタゴラスの定理ってすごいね」と、数学の面白さが感じられるような問題も増えてきます。

なので、もう少し続けてみていもいいかな・・・と少し思いましたが、次の「ゴール」が見えない状態で闇雲に走り続けても中途半端になってしまうので、当初の予定どおり、Iで一旦終了することにしました。

中学入学後、本人が希望するなら、今度は最終教材目指して再スタートしたいと思います。

おうち算数(数学)の強い味方:「とある男が授業してみた」動画シリーズ

我が家の長女、現在公文Hの因数分解と格闘中です。

Hは中2レベルのはず・・なのですが、因数分解に限って言えば、高校の数Ⅰレベルの問題も出てきます。これがなかなか手ごわい。そしてここまでくると、もう私には教えることが困難です。というわけで、今回も、「とある男」にお世話になりました。

 

 

たすきがけによる因数分解の解法。私が口で説明しても「も~!ママがいってること、全然わかんない!怒」だった長女ですが、「とある男」さんの動画を見せたところ、「あーーーわかったー!なるほど!!!!」

 

公文は自学自習が基本ではありますが、G以上になってくると、自力で解くのは大変です。理論的な部分をすっとばして解法だけ暗記しても意味がない。公文を「早く、正しく」計算できるようになるツールではなく、どうしてそうなるのか、ひとつひとつ理解し、頭の訓練をする場所として使いたい。

本当は私が教えられればいいのでしょうが、正直、このレベルになってくると、私もお手上げです。うまく教えられなくて私もイライラ、子どももイライラ。そんなときにしばしば長女がお世話になっているのが、上記「とある男」さんです。

Youtubeには実に様々な教育動画が落ちていますが、この「とある男が授業してみた」シリーズがやっぱりダントツにすばらしいと思います。作成しているのは、葉一(はいち)さんという「教育系Youtuber」の方。Youtubeには他にも色々なプロの塾講師の方が動画を投稿されていて、なかには有名な方もいるようなんですが、板書の見やすさ、子ども目線での説明の理解しやすさ、声の聞き取りやすさなど、どれをとっても葉一さんがピカイチ。ちなみに「とある男」の動画は算数/数学中心で、小3からあります。本当におすすめです!

 

こういう授業は、以前は高いお月謝を払って塾に通わなければ、受けられませんでした。それがいまや、無料で自宅でいつでも受講できる。分かるところは飛ばせばいいし、分からないところはじっくり見れる。そして学年も年齢も全く関係ない。本当にすごい時代になってきたなと思います。

長女の方は、無事、公文Hクリアが目前に見えてきました。これまでも何度も、うまく教えられずウーンと悩むたびに、「とある男」さんに助けられてきました。ここまでこれたのも、「とある男」こと葉一先生のおかげかもしれません。算数/数学の指導に悩んでいる方、ぜひ見てみてくださいね。