「タブレット学習」カテゴリーアーカイブ

スタディサプリを導入してみた

我が家の冬休み。小4の長女は2年後に中学受験を控えているので、がっつり塾の冬期講習に通ってもらいます。

・・・ということもちょっと考えたのですが、結局やめて、2週間かけて車でイタリア一周旅行をしています。都市部には立ち寄らず、もっぱら地方都市や田園地帯に滞在しています。

 

イタリア、最高です。美しい景色に優しい人たち。世界遺産の数々。美味しいごはんに美味しいお酒。あちこちに温泉(テルメ)もあります。また地方によって風土がかなり変わるのも面白いですね。随所でチーズ工場やワイナリーなどの見学を入れていますが、伝統とテクノロジーの融合が興味深いです。今はトスカーナに滞在中ですが、今日はあいにくの天気なので、子供と夫はテルメへ、私は宿に残って景色を眺めながら年内最後の仕事を片づけています。

さて、前置きが長くなりましたが、旅行中はなにせ移動時間が長いので、その時間を有効活用しようということで、「スタディサプリ」を導入しました。無料体験が2週間ですので、ちょうど旅行期間中、利用できることになります。以下、スタディサプリを利用してみての感想です。

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)

スタディサプリとは

リクルートが展開しているインターネットを用いた学習サービスです。
対応学年は小4~大学受験まで。自分の学年以外の講義も自由に視聴できます。
動画での講義のほか、テキストや理解度チェックのための問題などもあります。

我が家の利用法

長女のFireタブレットにアプリを入れ、そこに見せたいコンテンツを予めダウンロードしておいて、ドライブ中に流しています。

海外での利用可否

欧州在住の我が家は、今のところ問題なく利用できています。ネットの接続に規制のない場所ならば、海外でも利用に支障はない模様です。

Fireでの利用可否

長女のFire (HD 10)では、今のところ問題なく利用できています。
ただしFireの場合、Amazonストアにスタディサプリのアプリがないので、Google Playを入れて、そこからアプリをダウンロードする必要がありました。アプリは高校生用のものしかなかったので、小中向けの動画は対応していないのかなと思いましたが、問題なく見ることができています。

オフラインでの利用の可否

スタディサプリは以前はオフラインで利用できなかったようですが、今はアプリで動画を予めダウンロードすることによって、オフラインでも利用可能となっています。これでネット接続料金を気にせず利用することが可能になります。

使ってみての感想

とにかく講義数が多くて内容が充実しています。値段も月980円と非常にリーズナブル。我が家では、学年にかかわらず、子どもたちが興味を持ちそうな授業を選んで聞かせています。

ただ、机に座ってプリントアウトをしたテキストを見ながら視聴することを前提とした作りになっていて、タブレットで移動中にサクッと学習するには向いていない講義が多いです。せっかくの動画学習なのだから、単に黒板の前で講師がしゃべるのではなく、もっとパワポや画像などをうまく組み合わせたコンテンツにしてもらえるといいのになと思いました。「姫路城は世界遺産」なんて講義でも、姫路城の写真は一切動画の中に出てこないという。。。まあ自分で調べて見せればいいだけなんですけど、ちょっとでも画像を入れてくれると手間が省けていいんだけどな~。

内容は講師の先生により若干の違いがありますが、講師の先生が板書をしながらサクサク重要ポイントを解説していくスタイルが基本です。「はい、ここは重要なのでしっかり覚えましょう」がすごく多くて、ああ日本の教育だ~という感じました。考えることを重視するインターの教育に慣れている子供たちにはかなり違和感があるようですし、私もうーんと思いながら聞いていますが、たとえば「富士山の高さは3776メートル。『富士山みたいに、みななろう』と覚えましょう」とか、うまい覚え方をさらっと教えてくれたりするので、短時間で効率よく最低限の基礎知識を入れるのにはいいのかなという気もしています。

今後の利用について

1月~2月は、今回の旅行のほか、週末にスキーも入るため、車での移動時間が長くなる見込みです。とりあえず2月まで継続してみて、続けるかどうか再検討しようと思っています。

以上スタディサプリのご紹介でした。

 

チャレンジパットを退会(長女)

昨年7月からお世話になっているチャレンジパット。長女について、この12月で利用をやめることにしました。次女については引き続き利用を継続する予定です。

 

辞めることにした理由は主に以下の2つです。

①出てくる漢字がだんだん複雑になってきて、チャレンジパット上で書くのが難しくなったこと

チャレンジパットは漢字の書き順までチェックしてくれる優れもので、これまでは大いに役に立っていました。ところが、最近は複雑な漢字が増えてきて、チャレンジパットがうまくペン先の動きに反応してくれないことが増えてきました。完璧主義のうちの長女、きちんと書けるはずの漢字で×になると、本気で泣くんですよね・・・orz 反応が悪くて×になっても仕方がないし、チャレンジで100点とったって誰が見るわけでもないんだから、気にしなくていいのではと思うのですけど、そうもいかないようです。

②学校の学習でPCを使う頻度が大幅に増えたこと。

長女の学校では、Grade 4になってから、学校の授業でPCやタブレットを使うことが急激に増えました。宿題もかなりの部分がPC使用です。よって、バランス上、自宅の学習はペーパー中心にしようと考えるようになりました。上記の漢字学習もそうですが、図形問題や文章題なども、紙にペンを走らせながら解く方が、思考力がつく気がするのです。

そんなわけで、何か大きな不満があるというわけではなかったのですが、そろそろ長女については学習方法を変更する時期だなと感じたので、思い切って退会することにしました。

1月からは、四谷大塚の予習シリーズ(4年生/上)のテキストを使ってみようかなと思っています。とはいえ、がっつり詰め込みをするつもりはありません。国語はしっかり、算数は内容を見て判断(理解できている部分はどんどん飛ばす)、理科と社会は日本語の語彙確認を目的として軽く流す程度で考えています。濃淡をつけてやる必要があるので、まずは私が内容をチェックして、長女の特性にあわせた学習プランを考える必要がありそうです。う~ん、長女が挫折する可能性より、私が挫折する可能性の方が高そう・・。頑張ります(汗)

タブレット学習(チャレンジタッチ) 10か月目

昨年の夏からはじめたチャレンジタッチ。しばらく記事を書いていませんでしたが、一応続けています。

チャレンジタッチでは、単元ごとに、基本問題1セットと応用問題が2セット、ついています。最初のころに比べると食いつきは悪くなりましたが、毎月基本問題だけは一応こなしています。言葉をかえれば1/3しかやっていないということですね(汗)

ただ、日本の小学校で勉強することをさっと先取りしておきたいというのがチャレンジタッチ導入の目的だったので、まあいいかなと思っています。

ちなみに2人とも実学年より1つ上の学年の応用コースを受講しています。


最近の取り組みはだいたい下記のような感じです。

長女

a2

1か月で使用した時間は3時間23分。1日あたりに計算すれば約10分ですが、実際には、1回1時間×3日くらいの感じです。5月分もかなり前に基礎問題は全て終了しており、本人は「今月はチャレンジもうおしまい♪」と思っている模様。

a1

3月末に受けたテストの成績。タブレットの取り組み時間が短いわりには、なかなかの理解度。国語はたまたま知っている漢字ばかりだったので、ラッキーでした。理科・社会が不安でしたが、理科についてはインターで勉強している内容とほとんど変わらず、問題なく理解できている模様。社会も、3年生で習う単元は問題なしのようです。ただ、これから学年があがって、地理や歴史などが入ってくると、社会はかなり苦戦するんだろうな・・・と思います。

ちなみにうちの長女はちょっと変わった子どもでして、テストときくと、「わーい、テストだ!!」と喜びます。学校でもテストがあるとテンションがあがって嬉しくなってしまうみたい。「みんなはテストが嫌いなんだって。なんでかな?」とか言っています。そんなわけでこのテストものりのりで、一気に4教科を短時間で仕上げて提出していました。

次女

h1

学習時間は長女と同じくらい。だいたい毎月、3~4時間です。
長女と違って漢字の先取り学習をしていないので、チャレンジで新しい漢字を習う感じ。よって国語はかなり苦戦しています。本当は先に教科書で漢字を勉強して、ドリルで手を動かして練習させて、チャレンジで復習という流れがいいんでしょうが、うまくアレンジできていません。
算数は、公文を別にやっているため計算は問題なしですが、図形や長さなど公文にない問題はチャレンジが初見になるので、苦戦しています。このような単元のときには、私が横について教えながらやっています。

h3

こちらが3月末のテストの成績。見事な低空飛行(∩´∀`)∩

国語で間違えていたのは4問中3問が漢字。まあこれは仕方ないかな~。チャレンジで1回やっただけでは、覚えられませんものね。算数も、問題文を読み間違えたり、勘違いをしたりで、あまり芳しい点数ではありませんでした。

ちなみに次女は、長女と違い、テストが大大大嫌い。テストと聞くと、あからさまに嫌な顔をします。「え・・・やだ」「終わったらなんかごほうびくれる?」「ごほうびはクッキー?それだけ?チョコは?」と、まあ、こんな感じです。テストを始めさせるだけでも一苦労です。こちらの方が、子どもとしては普通の反応なのかな?しかし同じように育てていても、長女と次女で全く性格が違うので、面白いですね。

 

2人とも、一番の課題は、国語の「漢字」かな。
普段使わない&目にすることが少ないので、ドリルを多少やらせても、どんどん忘れていってしまいます。この点については新たな取り組みを始めたところなので、ある程度見通しが立った段階で、別途記事にまとめたいと思います。

タブレット教材比較:チャレンジタッチVSスマイルゼミ

我が家がタブレット教材を導入するにあたって迷ったのが、チャレンジタッチiconスマイルゼミ、どちらにするかという点でした。

色々な比較サイトを見てみたものの、なにがどう違うのか、いまいちよくわからず・・・。それもそのはず、タブレット教材ははじまってからまだ日が浅いので、どんどんサービスの内容が変わるんですね。チャレンジタッチはスマイルゼミのいいところを、スマイルゼミはチャレンジタッチのいいところをどんどん取り入れていっている気がするので、ぶっちゃけ、どっちでもあまりかわらないような気がします。たとえば、ある比較サイトによると、スマイルゼミの長所はオフラインでも使えるところだと書いてあって、旅行や外出が多い我が家はこの点でスマイルゼミにすごく惹かれたんですが、よくよく調べたところ、チャレンジタッチも8月からは教材を一括ダウンロードしてオフラインでも勉強可能になっていて、両者に違いはありませんでした。なので比較サイトはあまり参考にならないかなと思います。

我が家がチャレンジタッチを選んだのは、ただ単に、当時チャレンジタッチが中途解約金が0円のキャンペーンをやっていたからです。そのうちスマイルも同じようなキャンペーンを始めるんじゃないかなと思っていたんですが、いまスマイルのHPをみたら、やっぱり始まってました!(笑)こちらは、「全額返金保証サービス」だそうで、タブレットを返却すれば、タブレット代のみならず、既に払った会費も戻ってくるのだとか(スマイルゼミHP)。かなり強気ですね。

 

というわけで、とりあえずこの記事を書いている2015年9月時点では、どっちも気軽にやめられるようになっているので、悩んでいるヒマがあったらとりあえずどっちでもいいから適当にはじめちゃえば?と思いますが、それだけだと記事の意味がないので、今回は、チャレンジタッチのベネッセと、スマイルタッチのジャストシステム、それぞれがどんな会社なのか、紹介しようと思います。サービスを知るのはまずはその会社のことを知るのが一番です。どっちにしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

 

株式会社ベネッセホールディングス

東証1部上場。本店は岡山。
「福武書店」という出版社からはじまり、通信教育事業で成功しました。
出版事業では、「ひよこクラブ」「たまごクラブ」「いぬのきもち」「ねこのきもち」「サンキュ!」などの雑誌を刊行しています。教育事業では「こどもチャレンジ」「進研ゼミ」を展開しているほか、子会社にて予備校(お茶ノ水ゼミナール)や英会話学校(サイマル・インターナショナル)も営んでいます。
主力の進研ゼミは会員数が激減していますが、それでも、2015年4月現在、271万人が利用しているそうです(同社発表)。

株式会社ジャストシステム

こちらも東証一部上場。本店は徳島市。2009年にキーエンスと資本・業務提携し、現在はキーエンスが筆頭株主になっています。
もともとは、ワープロソフトの「一太郎」や、かな漢字変換ソフトウェア「ATOK」など、ソフト開発を手掛ける会社でした。
2001年から教育事業に算入、学校向けに教育ソフトの提供を開始しています。

両社のタブレット事業の比較

タブレット教材を使ったビジネスというものは、「IT」と「教育」、両方についてノウハウがないと展開できません。上記会社概要を見ていただければわかるとおり、もともと「IT」分野を得意としていたのがジャストシステム、「教育」分野に特化していたのがベネッセであり、両社は今はがっつり競合していますが、出自が違うんですね。

最初にタブレット教材を出したのはジャストシステムで、2012年11月のことでした。これを追うように、2014年4月からベネッセが「チャレンジタッチ」を開始ししてます。すなわち、通信教育についてはベネッセの方が先駆者ですが、タブレット教材についていえばジャストシステムが先駆者です。

次に会員数を比べてみようと思いましたが、「スマイルゼミ」の会員数は公表されていないようです。ただし、同社のプレスリリースによれば、会員数は激増しているとのこと。同社の財務諸表などをみても売上が2012年からどんどん増えており、かなり好調のようです。余談ですが、2009年のキーエンスとの業務提携はジャストシステムの資金繰り悪化が原因ですから、驚異的なV字回復だと言えるでしょう。というか、おそらくキーエンスから注入された新たな資金があったから、消費者向けタブレットという市場に乗り込むことができたのでしょうね。

一方の「チャレンジタッチ」、調べてみましたが、進研ゼミ全体の会員数(271万人)の記載のみで、チャレンジタッチの会員数は公表されていませんでした。会員数が激減したとはいっても、271万人というのはすごい数字ですね。タブレット以外も含めた通信教育の利用者数でみれば、依然としてベネッセがジャストシステムを大きくリードしているのではと推察されます。

個人情報流出問題

両社の関係を語る上で欠かせないのが、2014年に起きたベネッセの個人情報流出問題です。

これは、ベネッセの保有する顧客の個人情報が不正に流出し、これを第三者経由で入手したジャストシステムが「スマイルゼミ」のダイレクトメール発送に利用したというものです。

この件でベネッセは個人情報管理の甘さを露呈する結果となりました。第三者を入れた調査委員会を組織し、原因を究明し、顧客に謝罪し、再発防止策を講じたものの、各方面から激しいバッシングを受けました。会社としての信用も失墜し、株価は下落、進研ゼミの会員数も激減しました。

一方のジャストシステムは、「ベネッセから流出した情報だとは知らなかった」とした上で、入手したデータについては全削除することを表明しました(同社プレスリリース)。

結局ベネッセがたたかれて終わった本件ですが、個人的には、本当にジャストシステムが「ベネッセから漏れた個人情報だと知らなかった」のか、疑問に思っています。だって、これだけ大量の小中学生に関する個人情報を持っている会社って、普通に考えたら、ベネッセ以外にないわけですから。それに、本当に本当に知らなかったのなら、潔白を証明するために、第三者の入った調査委員会を立ち上げて調査させてその報告書を公にするのがセオリーと思いますが、ジャストシステムはこれをやっていないんですよね。

そんなわけで、この個人情報漏えい事件については、データ管理が甘いベネッセにももちろん落ち度がありますが、ジャストシステムの対応にも疑問があり、どっちもどっちだと個人的には思います。ネットの口コミを見ると、「ベネッセは個人情報漏えいをするような会社だからスマイルゼミにした」というものが散見されますが、短絡的な見方なように思います。

 


以上、長いわりには、教材の中身に関するような情報が全然なくて、ごめんなさい(笑)

ただ、冒頭に書いたように、たぶんどちらかの教材が圧倒的に優れているということはないと思いますので、フィーリングで選んじゃってよいのではと思います。イメージ的には、ベネッセが品のいいお金持ちのお坊ちゃま(ただしちょっと落ち目)、ジャストシステムがイケイケのベンチャー起業の若社長、さあどっちと結婚する?・・・みたいな。うまくいかなかったら速攻離婚して、もう一方と再婚することが可能です(笑)

我が家は、とりあえずチャレンジタッチではじめて、今のところかなり満足しています。ただ、タブレットの故障などエクストラの出費が必要な事態になったら、スマイルゼミへの乗り換えも検討しようと思っています!

海外でのタブレット教材利用の可否について

最近増えているタブレット教材。我が家は今月からベネッセの「チャレンジタッチ」を始めています。

「こどもチャレンジ」って、なんだかあまりにも普通すぎるし、ダイレクトメールもしつこいし(笑)、今まで子どもにやらせたこともなかったのですが、実際にやらせてみると、子どもが飽きない工夫や、努力が目に見える形になる工夫が色々なされていて、さすが教育界の王者ベネッセ、すごいなと感心しました。タブレットという真新しさゆえの食いつきの良さもあるのかもしれないので、使える教材かどうかの分析はもう少し時間が経過してからにしようと思いますが、そもそも論として、海外でこの種のタブレット教材を使用することができるのかという点について、調べたことを書いておきます。

 

まず、ベネッセのHPでは、「チャレンジタッチは海外では受講できません」と書かれています。そこで、「受講不可」というのはどういう意味なのかをベネッセに電話で確認してみました。ベネッセからの回答は以下のようなものでした。

・タブレットをベネッセから海外の利用者へ発送することはできない。
・タブレット及びアダプターは国内使用を前提として製造されており、国外使用での動作保証はできない。【確かにアダプターにはAC100Vと記載がありました。電圧が違う地域では変圧器が必要と思われます】
・ネットで教材をダウンロードする仕組みになっており、海外ではインターネット環境によってダウンロードがうまくいかなかったり、アプリがうまく動かない可能性がある。【中国などインターネット使用に制限がある国や、回線の速度が遅い地域を念頭に置いてのご説明と思われます】
・海外へ持ち出して使用すること自体を約款などで禁止しているわけではない。上記のような制限があることをご理解いただきご自身のリスクで使用される分には何ら問題ない。

 

私の居住国の場合、特にインターネットの使用制限はなく、回線の速度も日本とあまり変わりないなので、使用可能はなずと判断し、日本への一時帰国中にタブレットを入手して、居住国に戻ってきました。結果、問題なく使えています。普通の紙のチャレンジだと、毎月郵送代がかなりかかってしまって何だか損した気分になりますが、チャレンジパットならば郵送代はかかりませんから、うれしいですね。

なお、同じくタブレット教材で有名な「スマイルゼミ」も、確認していませんが、おそらく同じような感じ(動作保証はできないけど自己リスクでの海外使用はOK)なのではないかなと思います。