「おすすめの国語ドリル」カテゴリーアーカイブ

おすすめの国語ドリル:ふくしま式「小学生の必須常識」が身につく問題集

最近バタバタでなかなかブログの更新ができていません。書きたいことはいろいろあるのですが・・。

さて、今日はおすすめの国語ドリルを一冊ご紹介しようと思います。国語の指導で定評のある福嶋隆史先生のドリルです。


このドリル、タイトルを見た瞬間に、「おおおお、まさにうちの子のためにあるドリルだ!」と感じて即購入したのですが、期待どおりでした。

そう、うちの2人、びっくりするくらい、常識がないんです。海外在住なので仕方がないといえば仕方がないのですが、親からすれば当然知っているだろうと思うことを全く知らなかったりします。何を知らないのか予測不能ですので、対策の立てようもなく、困っていました。

「常識」がないと、国語の読解で意味が分からず立ち往生することがしばしばあります。たとえば「ストライクゾーン」「空振り」という言葉の意味は、野球のルールを知らないと正確に理解できないわけです。もちろん読解問題を解いて躓けば、そこで親が教えることはできるのですが、「ほかに野球用語で国語の読解で出てくる言葉って何があったっけ?」と考えてみても、なかなかすぐには出てこないわけで、効率的に学習を進めることができていないな~と感じていました。

このドリルでは、小学生としてこのくらいは知っていた方がよいという事項が体系的かつコンパクトにまとまっています。こういう本、あるようで意外にないんですよね~。

小学生の必須常識 目次

目次はこんな感じ。Part 1の「スポーツの常識」とPart 2の「日本の常識」がかなり役に立ちました!

ちなみに我が家では、ドリルとして使うのではなく、家族でのドライブ旅行中にクイズの種本として使いました。子供たちが知らない「穴」の部分を親が把握し、効率的に穴埋め作業をするためのツールとして、非常に役に立つと思います。

海外在住のお子さんの場合、このドリルで載っていないことで他に押さえた方がいい「分野」としては、①季節の行事、②日本の童謡、③仏教/神道、④魚の名前、⑤天皇制といったあたりがあるように思います。①については、別記事でもご紹介した村上龍さんの「日本の伝統行事」がおすすめ。②~⑤については特に書籍は使わず、日々の生活のなかで少しずつ教えています。

以上、おすすめドリルの紹介でした。

メゾピアノドリルを購入してみた

学研と、子ども服ブランドのメゾピアノとのコラボのドリルというものがあるそうです。通称「メゾドリ」(←勝手に命名)。我が家はメゾピアノの服は一着も持っていないし、実はどんな服なのかも知らないのですが、「おしゃれに楽しく勉強できる」という宣伝文句に惹かれ(?)、「んなうまい話あるわけないだろー!」と内心思いつつ、購入してみました。今回はそのレビューです。

購入したのはこちら。小2の国語(読解)です。

 

基本スペック

ボリューム:A6で96ページ(ワークシート39枚)
お値段:900円(税別)
内容:表面が読解、裏面が語彙+漢字。オールカラーでかわいいイラストたくさん。
読解はお菓子の話やらウェディングドレスの話やら、女子好みのネタ満載。
ちなみに裏面の漢字は、表面の文章に出てくるものから使われています。
付録でかわいいシールにミニファイル、読書ノートがついています。

さて次女の反応は

キラキラの表紙とかわいい付録に「きゃー、かわいい♪」とはしゃぎ、生き生きとドリルに取り組んでくれるのを期待していましたが・・・そうは問屋が卸しませんでした。

私 「新しいドリル買ったよ!かわいいでしょ?」

次女「え、なにこのドリル。なんか気持ち悪い・・。」

Σ(゚д゚lll)ガーン

想定外の反応に、思わず絶句する私。

私 「・・そ、そうかな?か、かわいいじゃん!」

次女「えー、ママはこれがかわいいと思うの?どこが??」

私 「かわいいよ。メゾピアノって、日本だとすごく人気あるみたいだよ。付録もついているんだよ。このファイルとか、すごくかわいくない?」

次女「かわいくない。それに小さすぎて、こんなんじゃプリント入んないよ。」

私 「・・・。」

メゾピアノさん、学研さん、すみません!日本と欧州では「かわいい」ものの感覚がかなり違うので、次女には「かわいい」とは思えなかったようです。特に表紙のごちゃごちゃした感じがお気に召さなかった模様。めんどくさい子だ!

とはいえ、次女は、分量が少なく、問題が簡単でサクサクできる点が気に入ったようです。購入からまだ1週間ほどしか経過していませんが、あと数ページで終了予定です。はやっ!

親目線での評価

Pros.
・装丁&付録がかわいい(うちの次女には受けませんでしたが、普通にかわいいと思います)
・読解の文章も女子好みのネタが満載で、いい感じ
・読解+漢字&語彙と、バランスがいい構成になっている

Cons.
・A6サイズと小さめなので、読解文が短い&解答欄が狭い
・表裏ともに綴じ部分が上に来るようにプリントされているので(上記写真ご参照)、答えあわせがしにくい
・インクの浸透が悪く、赤ペンで丸付けしてすぐ触ると色が広がってしまう
・分量の割に値段が高い

 

ちなみに問題は全体的にかなり簡単です。学校のテストをコンパクト&女子向けにした感じ。分量も少ないので、サクサク進みます。ドリルはあまり好きではないというタイプのお子さんが、一冊目のドリルとして買うにはいいかもしれません。あるいは、幼稚園児のお子さんに、ちょっと先取り学習をさせてみたい、というときにもいいかもしれません。我が家は、リピートはなしかな・・・?

読解のほか、漢字、計算、アルファベット練習など、色々な種類が出ているようです。

  

 

以上、メゾピアノドリルのご紹介でした。

漢字ドリルいろいろ 我が家の迷走録

我が家の2人、「漢字」がとても苦手です。

どのくらい苦手かというと、夏休みの目標を、長女が「夏体みは漢学をがんばります」と書くくらいです!!(笑)漢学って・・・あなた江戸時代の人?しかも夏体みって、なんですか?

ちなみに長女、日本では小4。もう10歳です!!!!「もしや受けを狙っているのか?」と思ってしまうような、不可思議な書き間違いをよくやりますが、本人によると、受け狙いではないそうです(←あたりまえ)。小学校では習わないような難解な漢字をきちんと書く一方で、小1レベルの漢字を間違えていたりします。

漢字はとにかく書かないと覚えませんから、これまで様々な漢字ドリルを買いまくり、色々試しました。以下簡単にそれぞれのドリルのPros & Consをまとめてみました。

【試したドリル】
・うんこドリル
・陰山ドリル
・教科書補助教材
・下村式
・くもんの漢字ドリル
・四谷大塚「漢字とことば」

※なお、ページ数と値段は、我が家にあるものを記載しています。学年や版によっても違うと思いますので、あくまで目安ということでご了承ください。
※おすすめ度は5段階評価で記載しました。あくまでも私の主観です。

 

うんこドリル

おすすおめ度:★★☆☆☆
Pros:とにかく面白いので、子どもがよく食いつく。イラストがかわいい。
Cons:うんこのくせに値段が高い(80ページで1000円超)。漢字を書くコマ数が少ない。ちらっと読んで「面白いね」で終わってしまう可能性あり(うちの場合はそうでした!)。
注意点:とにかく変てこりんな例文が多いので、嫌悪感を持つ人もいるかも。値段を高くするなら、うんこシールをつけてほしかった。

  

陰山ドリル

おすすめ度:★★☆☆☆
Pros:しつこいくらいの繰り返しでしっかり覚えられそうな予感。
Cons:内容がつまらない。全ページ白黒&イラストがほとんどない。値段がちょっと高め(94ページで800円)。書き順が記載されていない。

  

下村式

おすすめ度:★★★★★
Pros:漢字の成り立ちや書き順の覚え方など、お役立ち情報が掲載されている。練習スペースも十分。次女いわく「イラストがかわいい」。似たような漢字が同じページに集まっているのがいい(例「門」と「問」)。値段が安い(80ページで500円)
Cons:1年生は見開き2文字でゆったりしたつくりだけど、2年生になるといきなり見開き4文字になり、マス目が急に小さくなる。このため1年生→2年生の移行時にちょっと戸惑う可能性あり。
注意点:下村式は「漢字の本」というシリーズと「漢字練習ノート」というシリーズがあります。ドリルになっているのは「漢字練習ノート」の方です。

  

くもんの漢字ドリル

おすすめ度:★★★☆☆
Pros:比較的お手ごろな価格(114ページで600円)。問題ページが充実。
Cons:漢字の練習スペースが少ない。切り取って使うタイプなので油断するとバラバラになりそう。(切り取りたい派なら逆にいいかも?)
注意点:カタカナのドリルは「できたよシール」がついていたんですが、漢字にはついていないみたいで、次女はちょっとがっかりしていました。

  

教科書補助教材

おすすめ度:★★★★☆
Pros:値段が安い(我が家が使っている某社のものは、1冊80ページで350円と、うんこの3分の1の価格!)。単語や例文を自分で考えて書く欄があるのが◎。練習スペースのほか「力だめし」というテストページがあるのもいい。紙の質がいい&全頁フルカラー。見本の字が大きくて見やすい。文科省認定の補助教材だけあって、コスパ最強。
Cons:購入手続が面倒。
注意点:基本的に「学校」でないと注文できません。我が家は同じインターの日本人でまとめて「学校」として購入しました。

四谷大塚「漢字とことば」

おすすめ度:★★★★☆
Pros:漢字のみならず、ことば(語彙)の勉強になる。その漢字を書くときのポイント(下が上より長い、はねない等)が書いてあり、親が子どもの書いた字をチェックする際に役立つ。
Cons:値段が高い(上下巻あり/1冊1800円)。買うのがちょっと面倒(四谷大塚の通販サイトから購入する必要あり)。練習スペースが少なく別途ノート使用が必須。
注意点:小4~のみ。中学受験対策用のものなので、小4でも小5の漢字が出てきたりする。練習欄もあるけど、ドリルというより問題集といった感じの本。難しい語彙も多く、レベル高め。

 

 

我が家の結論

長女が一番いいと言っているのは、四谷大塚の「漢字とことば」。「すごく勉強になる」のだそうです。(そのわりには習った漢字をすぐ忘れるけどな~。)

次女は、下村式が一番いいと言っています。「イラストがかわいいから、やる気がアップする」のだとか。長女が数ページで放り出した下村式を、次女はコツコツやっています。ちなみに一番嫌いなのは、陰山ドリルだそうで・・・。陰山先生の写真入りの表紙を見るだけで眉間に皺を寄せるので、未使用分も含め、近々処分予定。

 

というわけで、色々試して、子どもの意見も聞いた結果、我が家では以下のようなステップで漢字を学ばせています。

ステップ1:公文のプリント(ドリルではなく教室で使うもの)
まずはさらっと学年より上の漢字を学ぶ。この段階では読み中心。

ステップ2:教科書補助教材
ここでじっくり書く練習をする。インター在籍+補習校なしの我が家の場合、は必須と思っています。これでしっかり練習して基礎力をつけるようにしています。もっとも、日本の学校に通っているお子さんであれば、同じようなドリルをすでに学校で使っていると思うので、これは不要でしょうね。

ステップ3:長女は「漢字とことば」、次女は「下村式」
復習も兼ねてもう一度ここで書き方をチェック。なお、定着度の確認のため、「漢字とことば」の復習問題は、間違えたものを中心に、何度か繰り返しをしています。

ステップ4:漢検問題集
1年に一度、学年相当の漢検を受験。1か月くらいかけて問題集をやり、知識の定着度合いをチェック。

 

これだけ繰り返せば、ある程度は身につくは・・・ず・・・なんですけど、それでも忘れている!!!!! あ~、在外子女の漢字の勉強って、本当大変です。でもコツコツやるしかないんでしょうね。頑張ります。

おすすめの国語ドリル:宮川式10分作文らくらくプリント

我が家の子供たちは日本語補習校に通っておらず、国語の学習は自宅でやっています。

海外在住子女にとって一番の関門は、なんといっても漢字学習。その次に来る関門は、作文です。日本語で文章を「書く」機会が圧倒的に少ないので、日本語の文章力がなかなかつかないように感じます。最近は、次女はもちろんのこと、長女の方も、なんだか日本語がおかしいなと感じることが増えてきて、こりゃヤバいなと感じています。

そんなわけで、さてどうしたものかと悩んでいたときに、たまたまこちらのドリルが目に入り、購入しました。

著者について

著者の宮川俊彦さんは、東京の神保町で長年作文教室を開かれていた方で、作文指導に定評があります。

残念ながら何年か前に亡くなられていて、今は作文教室はないようです。

中身はこんな感じ

まずは目次。こんな感じです。

 

これは「あいうえお作文」のページ。文の冒頭を「あいうえお」にして作文を書いてみよう!というものです。これは次女がすごく気に入っていて、自分でノートに「あいうえお」の続きを書いて喜んでいました。

 

ほかにも、「家族のメンバーを食器に例えてみよう!」「君のうちのカレーってどんな味?」「君の友達のいいところを思いっきり褒めてみよう」などなど、面白い課題が満載です。

 

宮川式作文プリントのいいところ

・楽しく取り組める

このドリルのいいところは、とにかく楽しく取り組めるところ。次女用に低学年用を購入したところ、次女がのりのりで自らドリルをやるように。自ら進んでドリルをやるなんて前代未聞なので、親の私もびっくり。そして1か月半で全て終わってしまいました。こんなことならコピーして2巡できるようにしておくべきでした。

・自由に伸び伸び書くことができる

1つめの利点と重なりますが、枠にはまらず子どもが伸び伸びと好きなことを書けるところがすごくいいと思います。think out of the boxならぬwrite out of the boxといった感じ。

私は、自分自身が大人の評価を意識した「優等生作文」を書く子だったので、自分の子供たちにはもっと自由で幅広い表現力をつけてもらいたいなと考えていました。素直さや子供らしさを「演出」することに長けた子にはなってほしくない。もっと伸び伸びと、書くこと自体に楽しみを見出してほしい。そう思っていました。このドリルはまさにそんな私の思いにぴったりの一冊でした。

・お役立ちコラム

「おうちの方へ」と題するコラムが随所にちりばめられているのですが、この内容がとても参考になります。作文の書き出しの書き方やテーマの見つけ方など、作文指導のヒントがいっぱい。

・新たな発見

このプリントで子どもに作文を書かせると、「えっ」という発見が色々あって、読んでいて私もとても面白かったです。毎回次女の作品を家族みんな楽しみにしていて、できたのを回し読みして大爆笑。これが次女のやる気スイッチを入れたようで、毎回張り切って書いていました。

ちなみに私にとって一番衝撃的だったのは、「今まで食べたなかで、一番おいしかったものは?」という作文。次女の答えは、なんと、「ねこまんま」。うちの次女、カレーやお寿司やステーキより、ねこまんまが好きなんだそうです。シラナカッタ!!!

 

このドリル、本当に次女にぴったりだったので、とりあえず高学年用も購入したのですが、まだ次女には難しすぎるようです。「ことだけ日記」もすごくよさそうなのですが、1月1日からスタートとなると、まだ半年先になってしまいます。うーん、宮川式をベースに、インターのwritingの要素も加味した、オリジナル作文プリントを作ってみようかな?

 

以上、「宮川式作文プリント」の紹介でした。我が家のように海外在住で普段「日本語を書く」機会があまりないお子さんや、そもそも書くことが嫌いというお子さんには、うってつけの一冊です。

 

おすすめの無料ドリル:ちびむす×栄光ゼミナールのコラボドリル

無料のプリントがたくさんある「ちびむす」さん。我が家も時折お世話になっています。特に漢字ドリルは使い勝手がよくて重宝しています。

さて、その「ちびむす」さんで、4月から、栄光ゼミナールとのコラボ企画がはじまっています。

首都圏を中心に約430教室を展開している学習塾の栄光ゼミナール。約7万名の生徒が自宅や教室で毎日挑戦している問題のデータベースには10万題以上がストックされています。

今回、その中から定番の問題を集めて大公開!栄光ゼミナール内での難易度が載っているものもありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

特に理科や社会は、わざわざ日本のドリルを買うほどでもでもないけど、なにかやりたいなと思っていたので、うれしいです。なぜか小4のみ理社が抜けてしまっていて、そこがちょっと残念。でも、無料でこれだけクオリティの高いプリントが入手できるのは、海外在住の我々には本当にありがたいです。

以上、無料ドリルの紹介でした。