「おすすめの児童書」カテゴリーアーカイブ

【おすすめの児童書】このあとどうしちゃおう

昨日に続き、児童書のおすすめを一冊ご紹介します。

 

子どもの本は普段は私が買うことが多いのですが、この本は夫が日本のAmazonからわざわざ購入。日経か何かで書評を読んで、気になっていたようです。

2016年4月の新刊本ながら、Amazonランキング大賞2016(絵本・児童書部門)でも18位に食い込んでおり、よく売れている模様。個人的には、今まで読んだヨシタケさんの絵本のなかで、一番よかったです。いやもしかしたら、あらゆる絵本のなかで、一番かもしれません。

 

物語は、死んだおじいちゃんの部屋で、孫の男の子が、おじいちゃんが残したノートを見つけるシーンからはじまります。ノートの表紙には、「このあとどうしちゃおう」と書かれていて、死後についてのおじいちゃんの空想が色々と書いてあります。

下記は「いじわるなアイツはきっとこんなじごくにいく」というページの一部。
・トイレが いっこしかない
・まいにち じゅうなんたいそう
・よるねるまえに かなしいおはなしを きかされる
・たんじょうびのプレゼントが ちゅうしゃ

いやいや、つっこみどころが満載で、思わず笑ってしまいます。
そして、ヨシタケさんの絵が、コミカルでかわいくて、見ていてすごく楽しいです。

絵本には、「このあとどうしちゃおう BOOKLET」という小冊子がはさまっていて、ここにヨシタケさんのインタビューが載っています。ヨシタケさんは、お父さんとお母さんを亡くされたときのご自身の経験から、「元気なうちに死について家族で気軽に話し合える機会があった方がいい」と考えるようになったとのこと。そのきっかけになればとの思いから、本書を執筆されたとのことです。

この絵本で面白いなと思うのは、たぶん子どもと大人で、感じ方が違うんだろうなということ。子どもにとっては、「死んだらどうなっちゃうの?」という想像の世界をさらに膨らませてくれる、楽しい絵本です。大人にとっては・・・どうだろう?私はこの絵本を読んで色々なことを考えました。「どうしておじいちゃんはこんなノートを残したのだろう。」「もしかしたら死の恐怖や孤独感と一人で戦っていたのではないだろうか。」なんてことを考えました。年老いると、子供は独立して新しい家庭を作り、配偶者に先立たれ、人は弱く、そして孤独になっていきます。おかしい本のはずなのに、自分の両親の姿とおじいちゃんを重ね合わせ、読みながら涙が出てきてしまいました。もっと親孝行、しないといけないな・・・なんて自分に反省しちゃいました。

ーーーーーーーーーーーー

「このあとどうしちゃおう」は、「ヨシタケシンスケ発想絵本」シリーズの第3弾。第1弾は「りんごかもしれない」、第2弾は「ボクのニセモノをつくるには」です。他の2冊も定評があり、我が家には「りんごかもしれない」もありますが、個人的には「このあとどうしちゃおう」の方が好きです。ちなみに英語版が4月に出る予定のようです。値段は日本語版とほとんど変わらないので、これから購入される方はこちらでもいいかもしれないですね。

【おすすめの児童書】えんとつ町のプぺル(無料版)

Amazonランキングの絵本部門で現在1位になっている絵本です。著者はキングコング西野さんという吉本の芸人さん。

下記サイトにて全ページが無料公開されています。(すでに日本国内ではかなり話題になっているようなので、ご存じの方も多いのではと思いますが、このブログを読んでくださっている方には海外在住の方も多いので、紹介しておきます。)

 

今回の無料公開については賛否両論あるようですが、せっかくの機会なので親子で読んでみました。

あくまで個人的な感想になりますが、ストーリー展開はいまいちな感じがしました。登場人物に感情移入しにくいし、エンディングも「そ、それでいいの?」と思ってしまいました。「泣ける」系絵本では大抵泣いてしまう私ですが、この本は涙が出ませんでした。一方、絵は繊細で美しく、独特の世界観を生み出していて、素晴らしいと思いました。ただし好みが分かれるタイプの絵かもしれません。

我が家の二人ですが、次女はたいそう気に入ったようで、「この本ほしいなー」と言っていました。長女は「ふーん」という感じの反応で、特に感想もなし。

以上、正直いえば、2000円を出して買うほどの魅力は感じませんでしたが、「ベストセラーを無料で読ませてくれてありがとう♪」と思いました。無料公開がいつまで予定されているのかちょっとよくわかりませんが、気になる方はいまのうちに一読しておくことをおすすめします。なお、無料公開版は、漢字にふりがながふってないので、長女はともかく、次女がひとりで読むのは困難でした。小学校低学年以下のお子さんの場合、一緒に見ることをおすすめします。

 

【おすすめの一冊】日本の伝統行事(村上龍)<英訳付>

今日は、村上龍さんの「日本の伝統行事」という本を紹介しようと思います。

基本的に書籍代は惜しまない主義の私ですが、この本は、買おうかどうしようか、数か月迷いました。

著者と題名からして、いい本であることは疑う余地もありません。でも値段が高い。100頁ちょっとで、お値段4,860円。1ページ50円と考えると、高いなあと。一応、童謡のCDもついているんですけどね。ちなみに、まだ出版されてから日が浅いので、中古本もほとんど出ていません。

 

で、散々迷ったのですが、「迷ったら買うな。ただし本は例外!迷ったら買え!」というマイルールに基づき、結局購入しました。

結論としては、買ってよかったと思います。

村上さんの書く文章は美しく、日本の伝統に対する深い理解と愛着が感じられるものとなっています。説明は簡潔で、大人が読み物として楽しむにはやや物足りないかもしれませんが、子どもと一緒に読むにはちょうどいい長さです。そして文章だけでなく、イラストや写真が非常に素晴らしくて、思わず目を奪われます。村上さんが8年かけて構想を練り上げ、出版された本だというのも納得の内容です。

例えば以下のページ。お屠蘇と七草がゆについての説明が掲載されています。ページ左のお屠蘇セット、漆の艶と色合い、緩やかな曲線が何とも美しい。時価600万円だそうです。こんな感じで、写真も、一品一品、厳選されたものが掲載されており、見ているだけでウットリしてしまいます。

 

 

我が家の場合、海外在住ということもあり、日常生活のなかで日本の文化に触れる機会がありません。日本の伝統行事を子どもたちに少しでも教えてあげることができたらと思ってはいるものの、海外で手に入るものには限りがあり、なかなか実現できずにいました。バーチャル体験にはなってしまいますが、この1年は、季節の移り変わりにあわせて、この本を子どもと一緒にめくっていこうと思っています。

そしてもうひとつ、我が家にとってうれしいのは、英訳がついていること!子どもをインターに通わせていると、日本文化を英語で紹介しなければならないことが時折あるのですが、何をどう説明すればいいか、迷うことが多々あります。英語版と日本語版を対比して読むと、ああこういう風に言えばいいんだと英語の勉強にもなります。(とはいえ、英語部分については誤植も散見され、編集者が英語があまり得意ではなかったんだろうな・・・という感じもします。)

装丁が豪華で美しい本なので、個人的には、日本文化に興味を持っている年配の外国の方への贈答品にもいいのではと思います。

 

こちらは付属のCD。坂本龍一さんが監修していて、歌手や演奏者も有名な方を起用しているようです。3枚ありますが、日本語版、英語版、カラオケ用で3枚に分かれているので、曲数は多くありません。英語版やカラオケ版はいらないので、その分値段をおさえてほしかったなあ・・・と個人的には思います。(ついでにいえば表紙を綾瀬はるかさんにする必要もなかったんじゃないかなと思います。)

 

 

伝統行事関連の本としては、右の本もおすすめ。たとえば初もうでの際のお参りの方法について、左の本だと文章のみでの説明になっていますが、右の本ではイラスト入りで詳しく手順が解説してあり、非常にわかりやすいです。また、左の本では、主な行事しか紹介されていませんが、右の本では、メジャーではない行事についても丁寧に解説されています。我が家は英訳のニーズがあったので左の本にしましたが、日本にお住まいの方の場合、右の本の方がよいかもしれません。

読書のスタイル:並行読みVS集中読み

うちの長女は、大の本好き。放っておくとずっと本を読んでいます。幸い次女がアクティブな性格で、時間があると「外に行こう」「遊ぼう」と長女に声をかけるので、本漬けの生活にはならずに済んでいますが、もし一人っ子だったら一日中朝から晩まで本を読んでいるのではないかと思います。

そして、以前から私がちょっと気になっていたのが、長女の読書の仕方。

私自身は、どちらかというと、一冊読み終わってから次の本へというタイプ。ジャンルが違う本であれば並行読みもしますが(小説と専門書とか)、同じジャンルの書籍の並行読みは基本的にしません。ところが長女の場合、「読みかけの本」がいっぱいです。読むのを断念したのかと思って本棚にしまうと、「もうっ、それまだ読んでるのに!」と怒ります。多いときは10冊以上、少ないときでも3~4冊が、しおりをはさんだ状態で置いてあります。リビング、子供部屋、お風呂の入り口、玄関・・・。あちこちに置いているので、片付けが面倒です。片付けないで放置しておくと、学校から家について靴を脱ぎながら、玄関に座り込んで玄関にある本を読み始めてしまったりします。

家中にちらばる現在長女が読みかけの本を集めてみたら、こんな感じになりました。

reading-books

 

現在読みかけの本は6冊。日本語が5冊、英語が一冊です。

このうち「人間・いのちの歴史」は図鑑ですが、長女の場合、図鑑も気に入ったものは普通の本のように1ページ目から読みます。この図鑑は1か月前から読み始めて、現在半分ほど読了した模様。その他はどれもフィクションで、ここ10日くらいの間に読み始めたものです。夕方学校から帰ってくると、その日の気分で本を選んで続きを読んでいます。ピッピは第一巻も本棚にあるのに、なぜか最終巻から読み始めてしまいました。トットちゃんは私の方の本棚にあったはずですが、勝手に読んでいます。

あと、上記には写っていませんが、知人から借りている文集(アメリカの公立小学校のもの)があり、これも1ページ目から普通の本のように読んでいるようです。なのでこれをいれると、合計7冊が「読み途中」という状況です。

 

こういう本の読み方ってどうなんだろう?読みかけの本をきちんと読み終えるように言った方がいいんだろうか?と疑問に思い、調べてみたら、長女と同じようなことをやってる人を見つけました。

 

 

元日本マイクロソフト社長の成毛氏です。正直、この方の意見には普段はあまり同意できないことが多いのですが、どんなことを言っているのか気になったので、ネットでこの本の要旨を調べてみました。

書いてあるのは、おおむね以下のようなことのようでした。

・1冊を最後までじっくり読んでると飽きてしまい、読書嫌いになるリスクがある。
・自分にとって必要な情報以外は読み捨てていくつもりで臨むべし(略読推奨)。
・専門分野外の本を読む。これによりバランス感覚や多角的な視野が培われる。
・並行してたくさんの本を読むと、集中力が高まり、内容がしっかりと頭に入る。

 

ふむふむ。そういわれてみればそういう側面もあるのかも。

けれども、精読と略読は全く違うものなので、十把一絡げに「10冊同時に読む」と言ってみても意味がないように思いました。というか、略読にしか値しない本は、何度にも分けて読むということは私の場合はないので(そういう本は立ち読みで済ませてしまう)、略読を同時進行するというのが、シチュエーションとしてイメージできないんですよね。

 

さらに、上記の本には、こんなことも書いてある模様。

「変化の激しい現代で、自分を対応させていくには、1冊の本をじっくり最後まで読んでから次の本を読むというスタイルでは、いつまでたっても庶民のままである。」

・・・ぐはっ、だから私は庶民のままなのか!!

(でも、成毛さん、読書について本を出しちゃうくらいの「読書家」の割には、日本語が「?」なような。上の文も、二文にすべきところを一文につなげた、典型的な悪文だし。。。

 

というわけで、並行読みには並行読みのメリットがあるのかもしれません。(←本当かいな~)

長女の読書スタイルはセレブを目指す成毛流(?)ということで、当面は好きなようにさせておこうと思います。

【おすすめの児童書】びりっかすの神さま

今日は「びりっかすの神さま」という本を紹介します。

最近の長女、英語の本よりも日本語の本を手にすることが増えています。ある程度の難易度の本、英語よりも日本語の方が読みやすいと感じる模様、まだ日本語が優勢です。家では、小学校低学年向けの絵本から、中学生向けの文庫本、ちびまるこちゃんにドラえもんまで、色々読んでいます。

こちらも、もともとはこの夏の一時帰国時に長女用に買った本(長女は読了)です。先日の夜、次女に読み聞かせをしたところ、内容がとてもすばらしく、次女が寝入った後に一気に最後まで読んでしまいました。日本の児童書の情報はネットにあふれているので、普段はあまり書かないのですが、ひさしぶりにとても良い本に出会った気がするので、「大人向けの児童書」ということで、紹介します。

 

 

<あらすじ>

主人公の始は小学校4年生。父を突然の病気で亡くし、母親と2人で知らない街へ引っ越してきます。

転校初日、始は、教室の中をフワフワと飛び回る小さな男を発見します。始のクラスは、テストの点数で席順が決まるなど、先生が競争をあおり子どもたちに勉強をさせているのですが、どうやらこの男は、テストでビりをとった子供にだけ見える存在のようです。そのことに気付いた始は、この「びりっかすの神さま」との交流を続けるため、わざとテストでビりをとり続けます。

やがでクラスには他にも「びりっかすの神さま」が見える子がでてきます。そして、子どもたちは、みんながビリの点を目指すようになります。そしてみんながビリの点数をとったとき、事件が起きます。

先生が学校に来なくなってしまったのです。     つづく

 


日本と海外の教育制度を行ったり来たりしている我が家。最近よく、「子供の教育にどこまで競争原理を導入すべきなんだろう?」と考えます。

テストの点数で厳密な成績管理がなされている日本の学校と、個々の生徒の持つ特性とクラス・パーティシペーションを重視するインター。両方とも、いいところもあるし、悪いところもあります。

子どもたちが熱心に勉強しているのは、競争原理が導入された日本の教育制度の方です。負けて悔しい思いをするのは誰だっていやですからね。そして競争のなかで、子どもたちは、努力することの大切さを学び、目標を達成したときの喜びを知り、泣いたり笑ったりしながら、徐々に成長していくわけです。

その一方で、競争どっぷりの世界にいると、失うものもあります。成績だけで人を評価するようになったり。自分は優秀な人間なんだと勘違いしてしまったり。他の子供への思いやりを失ってしまったり。また、「学習」がトップの成績をとるための「手段」と化してしまうと、学ぶことの「喜び」を知らず、要領よくポイントを稼ぐことだけに長けた人間になってしまう側面もあると思っています。

こう書くと、インターの教育の方が優れているようにも聞こえますが、物事はそこまでシンプルではありません。ご存じの方も多いと思いますが、国単位でみたとき、IBの試験で圧倒的にいい成果を出しているのは、シンガポール。タイガー・マザーのさらにその上を行くドラゴン・マザーたちが住む世界です。結局、インターのIBカリキュラムに沿った教育でも、勝者になるのは激しい競争の荒波を乗り越えっていった人たちだという皮肉な現実があるわけです。

そんなわけで、教育制度のはざまで色々悩んでいたわけですが、この本を読んで、なんだかちょっとだけ、目の前の霧が晴れたような気がしています。まだ言葉で説明できるほどに考えは固まっていないので、現段階で言葉にするのは避けますが、同じような悩みを持たれている方がもしいらしたら、一度この本を読んでみるといいかもしれません。もちろん、大人だけでなく、お子さんにもおすすめの一冊です。

 


この本の作者、岡田淳さんは、児童文学者としてたくさんのすばらしい作品を書き、多くの賞を受賞しています。独特のファンタジックな世界観と子どもの心理描写の巧みさが魅力です。

そんな岡田さんですが、実は本業は小学校の図工の先生です。定年まで教職を勤め、副業として作家活動をされていたそうです。普段から子どもに接するご職業だったので、こんなに子供の心に寄り添った文章が書けるのですね。ちなみにこの本では、挿絵もご自身で描かれています。絵本作家ならともかく、児童文学者で挿絵まで描くという方は、非常に珍しいと思います。

岡田さんの主な作品には、他にも以下のようなものがあります。「びりっかすの神さま」がとてもよかったので、いくつか追加で日本から入手して、子どもと一緒に読んでみようと思っています。