「インターの学校生活」カテゴリーアーカイブ

国際バカロレア:MYP1年目を振り返って

我が家の長女は、現在12歳。国際バカロレアのインターでは、Grade 5 までがPYP (Primary Year Programme)、Grade 6からMYP(Middle Year Programme)、そしてGrade 11、12の最後の2年がDP (Diploma Programme)となっています。(※学校によっては、Grade 6までがPYPのところもあります。)

昨年夏にGrade 6になり、はじめてMYPを体験してみて(・・・って私じゃなくて娘がですが!)分かったことや感じたことなどを、まとめておきたいと思います

楽しいPYP、きついMYP、地獄のDP

国際バカロレアの3課程をひとことで表すと、多分上記のとおりになるのではないかと。

最初のPYPは、とにかく楽しいです。「探究学習」主体の学校生活は毎日がワクワクの連続で、我が家の2人は家にいるよりも学校に行く方が楽しいといつも言っていました。授業内容をみると、学習というよりは遊びの延長のようです。学年があがるにつれ宿題が多少出るようになりますが、テストはありません。

これがMPYになると、様変わりします。PYPはクラス担任のもとでほとんどの授業を受けますが、MPYは科目によって先生がすべて異なります。語学と算数はレベル別クラス。そして課題が頻繁に出され、テストも増えます。課題や宿題はすべて0-8の9段階で評価がつきます。他の日本人のお子さんをみていると、PYPのときには「インター楽しい!」と言っていたのに、MYPになってから「やっぱ日本の学校の方がいいかも・・・」と言い出す子が結構いたりします。プレゼンや劇などパフォーマンス系の課題もありますし、グループワークも多いです。テストも基本的にすべて記述式なので(Mathですら「なぜそうなるか」を文章で論じさせる問題がかなりの部分を占めます)、日本人的に見れば「優秀」だけど、思うように成績が伸びないお子さんもいるようです。

最後のDPはさらに大変なようです。経験をしたお子さんいわく、「2年間毎日が期末試験みたいな状態」だとか。すべての課題の積み上げで成績が決まるので、気が抜けない状態のようで、それが2年続くということです。そしてとにかく「書く」ことが多いのだとか。2年間しっかり勉強すれば、そこらへんの大学生より論述力はつくようです。

MYPの科目

科目はIB本部によってざっくりした方針が決まっていますが、学校によってやや違いがあるようです。

Grade 6の長女の場合、次の9教科でした。

① 英語(レベル別にGAL、EAL、English Literatureに分かれている)
② ドイツ語(EALを出たお子さんは必修、4段階のレベル別)
③ 中国語(フランス語、スペイン語も選べる。EALを出たお子さんは必修)
④ Math
⑤ Science
⑥ Humanities
⑦ Art(Drama、Visual Art、Musicで半年毎に内容が変わる)
⑧ Design
⑨ PE(体育)

9科目のうち3科目が語学です。英語とドイツ語はレベル別。長女は英語はEnglish Literature(3段階の1番上のネイティブ向けクラス)、ドイツ語はPhase 3(4段階の上から2番目、ノンネイティブ向けで一番難しいクラス)でした。クラスは先生が前年度の成績をみて決めていますが、年度途中でクラスアップになることもあります。インターによっては第三言語で人工言語(プログラミング)を選択できる学校もあるようです。子供たちのインターはないので、その点少し残念でした。

語学のほか、Mathもレベル別のクラス編成になっています。インターによっては優秀なお子さんは1~2学年上のカリキュラムを先取りすることができるような仕組みになっている学校もあるようなのですが、子供たちの学校では先取はなし、全員が同じカリキュラムで学びます。ただしレベル別のクラス編成にすることにより、上位クラスの子たちはより難しい問題に取り組むことができるようになっています。子供たちのインターでは4つか5つのレベルに分かれているようですが、一番上のクラスはアジア人ばかり、特に日本人率が高いです。

ちなみに9科目のなかで本人が一番好きなのはDesignの授業でした。日本の学校ではDesignの授業はないので、すごく残念です・・・。

成績

国際バカロレアのMYPでは、普段の課題やテストは0-8の9段階で成績がつきます。テストや課題提出に先立って、達成度合いと評価の数字がチャートになった表(Rubric)がイントラに掲示されます。先生が鉛筆舐め舐めで数字を決めているのではなく、かなり細かな基準に基づき評価をしていることが分かります。

一方、期末の成績は1-7段階で評価されます。普段の評価→期末の成績への換算は、ちょっと複雑です。どの科目も4つの評価要素があり、達成度に応じて0-8の点数がつきます。たとえば英語の場合、A(Analysing)、B(Organizing)、C(Producing Text)、D(Using Language)の4要素。各8点で4要素ですので、満点だと32点になります。合計点が28点以上とると、期末の成績が「7」になります。下記は長女の英語の成績です。7まで1点足りずでした。残念!

日本と違うのはテストだけではいい成績がとれないこと。宿題もきっちりやる必要がありますし、グループでの課題も評価対象。テストも前述のとおりほとんどが記述式。このため、日本から来たばかりで英語力が足りないお子さんの場合、MYPの年齢ですと1~2学年下にダウングレードするケースが多いです。

なお、長女の学校では表彰はないのですが、他のインターだと平均スコア6.0以上でHonor、6.5でHigh Honorがもらえることが多いようです。表彰がないのは残念な気がしますが、子供たちのインターの場合、語学がかなり細かい進度別クラスになっているので、点数だけで能力を測るのは難しく、表彰がないのも仕方がないと思っています。

さて、長女の年度末の成績は、英語、ドイツ語、体育が6で、それ以外はすべて7、平均スコアは6.7でした。MathとScienceは満点の32点で余裕の7取得。中国語とDesignの7も予想どおり。これらに加えて、最後のテストで時間中にガッツリ居眠りをしてしまったHumanities(このテストの成績は悪かったです)や、大根役者ぶりを披露しDramaの実技が散々だったArtも、結果的には7がついていて、本人は少し驚いていました。もしかしたらMYP1年目ということで、全体的に甘めに成績がついているのかもしれませんが、よく頑張りました。

国際バカロレアの教育は、子供たちに考えさせ、実践させることが重視されています。我が家の長女はテストが得意な典型的アジア人タイプなので、合わないのではという気もしていたのですが、そうでもないのかな。長女の場合、本帰国後はとりあえず日本の教育に戻る予定ですが、今回の成績をみて、海外大学を本気で目指すなら、高校入学のタイミングでIBインターに戻すことも考えた方がいいのかもしれないなと思いました。

海外インターナショナルスクールでやり残したこと その1

4年半のインター生活を終え、現在日本での新しい生活のスタートに向けていろいろな準備を進めています。

当初は2年半~3年くらいを想定していたインター生活。意外に長くなりました。そしてたくさんの収穫がありました。語学も上達したし、たくさんのお友達もできました。多くのことを学び、存分に楽しんだ4年半でした。

さてそのような中、オランダ在住の吉田さんの「それで発表しちゃうの!?オランダ人のプレゼン能力を高めるのは子ども時代のこれ?」を拝読し、ああ、うちはこれをやり残しちゃったな・・・と感じました。

詳細は上記記事を読んでいただければと思いますが、音楽系の発表会のグタグタぶり、子供たちのインターでも一緒です。ざっくりまとめるとこんな感じ。

・あまりに完成度の低い子供たちの演奏(騒音レベルのものも・・)
・Youtubeの音源を利用したり、大人が伴奏したりすることが多く、どっちがメインかよくわからないことも。
・でもみんな拍手喝さい!子どもたちも得意顔。

我が家の場合、長女がピアノを1年間習いました。人前でのピアノの演奏、多分1年間で4回くらいやったのではないかと・・・。日本的にいえば「あちゃ~」なレベルだったのですが、それでもガンガン人前で弾かされました。一つ終わると「次はクリスマス会でこれ弾いてね!」「次は学校集会で〇〇ちゃんとの連弾ね!」という感じで、なんかずっと発表会(?)の練習をしていたような・・・。

でも、こうやって人前で中途半端な(?)発表をして、褒めてもらうことの繰り返しで、みんな度胸と自信をつけていくんですよね。上記の記事にも書いてありますが、欧米人が人前で意見を言ったりプレゼンしたりするのがうまいのは、幼少のころからこういう環境にあることが大いに影響しているのかもしれません。

我が家の場合、子供たちが人前で何かをやるのがあまり好きではない上、音楽にもそれほど関心を持たなかったので、結局は長女が1年間ピアノをやっただけでした。今から考えれば、次女にもなにかひとつ、楽器をさせればよかったです・・(ピアノのほか、バイオリンやギターなど色々提案はしたのですが、本人が全く乗り気ではなく、やりませんでした。)

もうひとつやりそびれてしまったのが、演劇です。子供たちのインターでは毎年Production(演劇)があり、希望者のみが参加します。こちらは音楽系の発表会は異なり、かなり気合が入ります。「人前で演じる」練習はスピーキングの向上につながるだろうと考えていたので、私としては是非やらせたかったのですが、長女が一年目に出ただけで(こちらはセリフなしの端役でした)、あとは参加せず。2人とも人前で何かをやるのは好きではないことに加え、演劇をやると週に2日放課後がつぶれてしまって他の課外活動が取れないことから、「やった方がいいとは思うけど、まあ仕方ないか」で年月が流れてしまいました。

今からやり直せるものではないですし、子供のキャラにもよるので難しいかもしれませんが、もしやり直せるとしたら、「人前で何かをやる」アクティビティーを意識的に入れていきたいなあ・・・と思いました。

さて本記事のタイトルを、「海外インターナショナルスクールでやり残したこと その1」としてみましたが、その2は今のところ思いつきません。多分なにかあると思うのですが、なんだろう(笑)また思いついたら記事にします!

インターナショナルスクール最終日、そして夏休み!

バタバタの毎日で、すっかり更新が遅くなってしまいました。

先週末で今年度の授業がすべて終了し、夏休みに入りました。我が家は2カ月後の本帰国が決まっているため、これで4年半お世話になったインターとはさようならになります。

インターでの学校生活は驚きの連続でしたが、一番びっくりだったのは、子供たちが学校が楽しくて仕方がないと言っていたことです。特に次女は、週末になると「あ~、今日は学校ないのか。」「はやく月曜日にならないかな?」と言っていました。セカンダリーになると多少勉強が大変になるようですが、探究学習を主軸とするプライマリーの学校生活はワクワクの連続で、子供たちは学校に行くのが大好きでした。すばらしい環境で学べたことに、本当に感謝しています!

さてインターナショナルスクールは駐在員の子供がかなりの割合を占めるため、子供の出入りが激しく、だいたいどこの学校でも1年で2~3割の子どもが入れ替わるようです。最終日は、Year Bookというアルバムが配られ(日本の卒業アルバムのようなもので、毎年配られます)、仲のいい友人や先生たちに余白にメッセージを書いてもらい、お友達との別れを惜しみます。うちの子同様に学校大好きな子が多いのに加え、母国に帰国する子が多いことから、最終日は涙涙のお別れになることが多いようです。

そんなわけで、うちの2人も泣くかな~と思っていたのですが・・・2人とも全く泣きませんでした。むしろ泣いているクラスメイトを慰めたり、普段は偉そうにしている男子が泣いているのを興味深く観察していたようです(汗)いやー、いつのまにかタフになりましたね・・・。

そんなわけで笑顔で迎えた夏休み。2人の予定はこんな感じです。

<長女>
・サマーキャンプ(6泊7日)にお友達と参加。テント宿泊&お勉強ゼロ!山奥でサバイバルスキルを磨くというちょっとハードなキャンプにしました。
・塾の夏期講習(10日+α)。帰国枠の入試問題を見たところ、300字程度の日本語の作文を課すものが散見されたので、今更ですが作文の個別指導もプラス。
・UdemyでPythonの講座を受講。夏休み開始とともに受講開始していますが、コースのチョイスが悪かったのか、初日から挫折気味!(長女はMacユーザですが講師のPCがWindowsなので、色々混乱が生じている模様です。)どこまで頑張れるかな。
・家族旅行(10日)。どこに行こうかはまだ考え中です。

<次女>
・サマーキャンプ(6泊7日)にお友達と参加。長女と違ってロッジに宿泊するタイプにしました。午前中はドイツ語の授業、午後からはレクリエーションというプランです。
・ドイツ語の日帰りキャンプ(5日)。読み書きをしっかり勉強するタイプのスクールに通います。こちらはもしかしたらあと5日追加するかも。
・STEAMの日帰りキャンプ(5日/英語)。アートや科学実験、コーディングなどあれこれ満載のキャンプです。
・塾の夏期講習(5日くらい?)。苦手単元を中心に復習をする感じで。
・家族旅行(10日)。行先は未定です。

このほかにもパーティーだとかスリープオーバーだとか予定が着々と入ってきていて、学校がある時期よりも忙しい夏休みになりそうです。欧州で過ごす最後の夏休み、たくさん遊んで、たくさん学び、たくさん思い出を作ろうと思っています!

電子タバコ(Juuling)問題

最近子供たちのインターナショナルスクールで問題となっているのが、電子タバコです。

電子タバコとは

電子タバコは、英語ではe-cigarettesと呼ばれています。充電式のカードリッジのなかにニコチン等を含む液体が入っていて、これを加熱して霧状にして吸い込むというものです。上記の写真はそんな電子タバコの例です。最近はおしゃれな電子タバコが増えていて、特にアメリカのJuul社の製品がスタイリッシュなデザインで人気を集めているようです。

電子タバコを吸うことを、俗にvapingとか、juulingなどと表現するようです。Vapingは vaporize(気化する)が語源と言われてます。またJuulingは上記Juul社の社名に由来します。

インターの電子タバコ問題

私たちの居住国では、電子タバコは18歳未満禁止とされています。にもかかわらず、それなりの数の生徒が電子タバコを使っているようです。

さすがに長女の学年(Grade 6)だと、電子タバコをやっている子は周囲にはいないようですが、Grade 9あたりから、ちょこちょこと出てくるようです。 今のところ長女たちの環境にはさほど大きな影響もありませんが、本人いわく、「トイレが長い上級生が多くて困る。多分一部の人は個室でJuulをやっている」とのことです。

Juulのおそろしいところは、通常のたばこと違い、とても容易にはじめられてしまうところにあります。ライターもマッチも必要ないですし、灰皿も不要です。必要なのはUSBメモリのような器具ひとつと、カードリッジ。インスタグラムなどを中心にオシャレなトレンドとしての人気を獲得していることもあり、気軽な気持ちで始めてはまってしまうティーンが多いようです。

ちなみに、Juulは、USBを使ってPCから充電することができます。このためPCで充電しているところを先生に見つかるというケースが多いようです。学校からは、保護者に対して、「自宅でも、PCのUSBに見慣れない機器が接続されていないか、注意して観察してほしい」との呼びかけがありました。

電子タバコの成分は様々ですが、薬事法の関係から、日本でオフィシャルに販売されているものには基本的にはニコチンは入っていないようです。一方、Juul社の製品を含め、海外で発売されている製品には、かなりの量のニコチンが含まれていることがあるようです。よって電子タバコが原因でニコチン依存症になってしまったり、通常のたばこを吸い始めるケースも多いようです。集中力低下など学力面にも影響を与えると言われています。

若い世代では親の世代とは異なる流行があり、広まるスピードも速いので、注意が必要だと思います。ただしJuulは日本ではオフィシャルな販売はなされていない(薬事法にひっかかりできない)ので、当分は流行することはないと思われます。ヨカッタ。

とはいえ、Juulは特にアメリカでは大きな流行となっていますので、夏休みにお子さんの海外短期留学やホームステイなどを検討されている方は、お子さんに予めお話をしておくことをお勧めします。

はじめてのJob Interview

先日、次女がJob Interviewに参加しました。

人生初のJob Interview体験。なんちゃってではなく、正真正銘、本物のJob Interviewです。

しかも、面接を受ける側ではなくて、「面接をする側」でした。

インターのPrincipal(校長)の選考過程

次女の通うPrimary Schoolでは、現在のPrincipal(校長先生)が今年度をもって退任することになったため、新しい校長先生を探すことが必要になりました。何段階かの選考を経て、最終段階まで残った候補者は3人。最終選考は、この3人を、複数のパネルが個別に審査するという形で行われました。パネルは3人の候補者を面接して、合議の上、候補者に優先順位を付けます。新しい校長は、各パネルの審査結果を総合考慮して決定されるという仕組みのようです。

5~6個あるパネルのうち1つは、生徒パネル。生徒が候補者を面接し、評価するのです。インターの理事長や校長は、高給取りのエリートたち。副校長ポストにいた人が繰り上がるケースもありますが、ヘッドハンターを使って外部から引っ張ってくることも多いのではないかと思います。そういう人たちを10~11歳の子供が面接するという・・・。かなりびっくりしてしまったのですが、他のインターでもPrincipal選出はこういうプロセスなんでしょうか?よくわかりません。

面接の内容

生徒パネルは全部で8人、性別や国籍などのバランスを考慮しつつ、Primaryの高学年の生徒約100人の中から現校長先生が選んだようです。半分は生徒会役員をやっているお子さんでした。

面接は、理事長、現校長、書記の同席のもと、生徒たちが実施します。候補者1人あたり1時間、合計3時間の長丁場。面接タイムとは別に、お昼やスナックタイムも候補者の方々と一緒に過ごすようで、一日がかりのJob interviewでした。合間には美味しいものが色々出たようで、次女はとても喜んでいました(笑)

面接では、生徒はまず、事前に指定された1~2個の質問をします。上記が前日に次女に渡された2つの質問です。これとは別に、余った時間で順番に質問をすることもできたようで、次女は「もし生まれ変わって好きな動物になれるとしたら、なにがいいですか?」と質問したそうです。生まれ変わったら発光クラゲになりたいと考えているうちの次女、候補者たちがどんな風に答えるかワクワクしていたそうですが、本人いわく、「犬とか普通の答えばかり」「つまらなかった」とのこと。厳しい・・・。

ちなみに他の子がどんなことを聞いたか確認したところ、「Sは、『あなたが一番好きな電話番号は何ですか?』って聞いてたよ」とのこと。な、なんちゅ~難問!次女いわく、候補者は3人とも固まってしまったそうで、「ひとりの人はすごく考えてから『お母さんの電話番号』って答えてた。他の人はちゃんと答えられなかった。」と言っていました。そりゃ固まるわ・・・。こんな奇問珍問に1時間も答え続けないといけないなんて・・・大変ですね(汗)

生徒パネルでのやりとりはすべて記録され、他のパネルの審査の際にも参照されるのだそうです。生徒パネルでの子供たちとのやりとりを通じて、「子供とのコミュニケーション力」が試されているというわけです。

面接後の審査会

面接後は、理事長が議長役をつとめてくれて、誰を推薦するか生徒パネルで議論をしたそうです。理事長からは、「私の経験からすると、生徒パネルで選ばれた人が校長になる確率はすごく高いのよ。だからみんな、どんどん意見を言ってね」との話があったそうです。

そして1人1人、誰を推薦したいか、その理由は何かをみんなの前で順番に説明し、議論をしたのだとか。最初はバラバラだった意見も、議論をするうちに自然にまとまり、最後は全会一致で結論が出たようです。生徒パネルでは、どうやら次女が一番いいと思った人が選ばれたようでした。

パネルがその候補者を選んだ理由は以下のとおりだそうです。
①やさしそうだけど、悪い子がいたらちゃんと怒ってくれそう
②PYPについての十分な知識(PYP=国際バカロレアの小学生課程)
③教師以外の職業経験も豊富

で、結果は・・・

パネル審査の翌週、新しい校長先生の発表がありました。

選ばれたのは、生徒パネルが選んだ人とは、別の人でした(汗)

意見、反映されてないし!(笑)

ネットで発表を見た次女は、「えええっ、その人?本当に?」と最初は驚いていましたが、「でも、いい先生だったし、まあいいか♪」と言っていました(笑)まあきっと、どこかで子供たちの意見も考慮されたのでしょう。

以上、色々びっくり、人生初のjob interviewでした。