「9 – 11 years old」カテゴリーアーカイブ

休校期間中の家庭学習 Scholasticが無料コンテンツを解放

気がつけば休校開始から早2週間。当初は「えー!!」という感じでしたが、すっかり慣れました。時間がたっぷりあるって素晴らしい。子供たちものびのびと毎日を過ごしています。

しかし2週間前は、海外にいる友人や同僚などと、「日本では学校が今週からshut downだよー」「えー!!そんなに大変なの?日本、大丈夫?」(←みんな一応心配してくれるけど対岸の火事風味)なんて話をしていたのですが・・・。いつの間にか世界中で学校がシャットダウン。ヨーロッパもかなり広範囲で学校全閉鎖になっていますし、アメリカでも3月15日時点で26州で学校閉鎖が決定だそうで。ヨーロッパでは学校どころか店舗もシャットダウンの国が増えてきましたね。なんとまぁ、2週間前には予想できなかった展開になっています。

そして学校閉鎖と来れば・・・日本と同じ流れで、色々な学習コンテンツの無料開放が進むことが予測されるところ。アメリカの場合、もともとオンラインの無料コンテンツが豊富ですので、「すげー!」というのはあまりないかもですが、ちょっとワクワクしています。(不謹慎ですね、すみません・・・)

さて、とりあえず現時点で利用できる無料サービスの一覧としては、下記のサイトがよくまとまっています。

こちらの一覧では様々なサービスが紹介されています。BrainPOP、Newsela、Prodigy、Kahoot!、Khan Academyなど、これまでこのブログのなかでおすすめしたものも散見されますが、私が知らなかったサービスも結構たくさんありました。

このなかで、おそらくいま一番話題を集めているのは、ScholasticのLearn at Homeという家庭学習サイトではないかと思います。CNNのニュースでも取り上げられていました。ちらっと見てみましたが、これ、なかなかいい感じです。コンテンツは年齢別に4カテゴリーに分かれていて、それぞれに20日分のアクティビティーが準備されています。内容はこんな感じ。(※本日現在アップされているのはDAY 5までですが、徐々に追加される予定とのこと)

1日あたり1つのメイントピックと3つのサブトピックがあって、それぞれに読みものやビデオ、ワークシートなどが準備されています。子供が興味を持ちそうなトピックが選ばれていて、すごく面白そう!難点は、ワークシートのチェックを誰がやるか・・・という点でしょうか。私ができるんだろうか?ま、まあ、うちは記事を読ませるだけでもいいかな?(汗)

もう一つ気になっているのは、Mo Willemsのお絵描き教室ハトの絵本シリーズで大人気の絵本作家さんです。この方の絵本、うちの子たちも私も、大大大好きでした!もうさすがに我が家の2人は年齢的に楽しめないかな~という気がしますが、もし3-4年前に戻れるなら、子供たちと一緒に見たいなあと思いました。時差の関係で日本では生放送が見れないのがちょっと残念ですね。メールでMoにメッセージを送れるようなので、送ってみるのも面白いかもです!

 

Wordly Wise 3000: 紙にするかオンラインにするか

英語の語彙学習の定番、Wordly Wise 3000。

以前から気になっていたものの、紙のワークブックにするか、オンラインにするかで、ずいぶん長い間、迷いました。

 

紙(ワークブック)の場合

〇 教材が一冊の本にまとまっていて一覧性に優れている
〇 ワークブックのみなら比較的お手頃な値段(1000~1500円くらい)
〇 Quizletと連動させることにより苦手な単語などを集中的に勉強できる
✖ ワークブックには解答がついていないので採点が大変
✖ 別売りの解答書(Answer Key)があるものの、値段が高い

 

オンラインの場合

〇 答え合わせが不要
〇 苦手な単語にフォーカスして効率的に勉強できそう
〇 年会費を支払えば、学年固定でなく、どんどん先に進むことができる
✖ 年会費が結構高い(基本料金は$375、ホームスクーラー向けのディスカウント利用で$40弱)
✖ 1年経過したら使えなくなってしまう(あとで再開できるのかな?よくわかりませんが、一度はじめるとズルズルお金を投資することになりそうな予感)
✖ 使っている人の口コミが少ない
 

結局我が家は・・・

色々迷った末、結局は無難な紙ベースにしてしまいました。オンラインの方が効率的に学習できそうだと思ったのですが、うまく活用できず→「次の1年は活用できるかも?とりあえず更新するか・・・」のエンドレスループに陥りそうな予感がしたので、オンラインは断念。

そしてワークブックを購入しようとしたところ、ヨーロッパのAmazonでは、UKでもDEでも、解答書(Answer Key)付きのものがべらぼうなお値段になっていました。調べたところ、アメリカのサイトで、解答書のみを安い金額で売っているサイトを見つけたのですが(5ドルくらいだったかな?)、httpサイトで安全性に不安があったので、断念。結局は、アメリカのAmazonからセット商品を購入しました。ワークブック本体と解答書のセットで、36.61ドル(約4300円)でした。ワークブック単体なら2000円しないんですけどね・・・。

そして届いたものをみて、びっくり。解答書、13ページしかありませんでした。あまりにペラペラなので、欠品かとおもって何度も確認しちゃいましたよ。こ、このペラペラに2000円以上払った計算になるのかー!!(汗)

でも・・・やっぱり解答があってよかったです。低学年向けなら何とかなったかもしれませんが、Grade 6になると私が自力で丸付けをするのは困難です。そう考えれば安い!!うん、いい買い物だった!次女にも使うことにすれば、そんなに高くない!・・・と思うことにします(笑)

解答くらいウェブで公開してくればいいのに~と思いますが、学校の副教材的な位置づけのドリルなので、難しいのかな。時間のあるときに出版社にメールしてみようかな。英語のドリルって、解答がないものが本当に多くて、困ります。

 

ちなみに紙ベースでも、Quizletという単語アプリと連動させて使うことができます。このQuizletというアプリ、我が家は最近は次女のスペリング学習や長女の漢字学習などにも使っているのですが、すごく便利です(そのうち別記事で紹介します)。

Wordly wiseをQuizletで使うには、①Quizletのアカウントを作って、②Wordly wiseを探し、③Workbookの裏表紙にあるコードを入力します。これで1年間、QuizletでWordly wise掲載単語の勉強ができます。ちなみに、コードは一度しか使えないので、注意が必要です。私は、間違って自分のアカウントでコードを入力してしまったため、長女のアカウントでは使えなくなってしまいました・・。私のアカウントではなく長女のアカウントで使えるようにしてほしいと、Quizletに何度かメッセージを送ったのですが、返信なし・・・(涙)

 

というわけで、今回は紙ベースでBook 6を使用中ですが、Book 6が終わったらどうしようか、考え中です。今度はオンラインを試してみようかな?

ちなみに我が家が買ったのは2017年発売の第4版。古いバージョンだとQuizletのコードは記載されていないかもしれません。購入される際にはバージョンをチェックされることをお勧めします。

英語で探究学習ができるサイト:Wonderopolis

子どもたちの学校では、学習の様々な画面でiPadが使われています。

Grade 4の次女のクラスで、朝の自習時間に時折登場するのが、Wonderopolisというサイト。簡単にいうと、こどもの「なぜ?」「どうして?」という質問への回答が掲載されているサイトなのですが、その内容が秀悦なので、紹介したいと思います。

 

掲載されている「なぜ」「どうして」は、2000以上あります。たくさんあってどれから見ればいいのか迷ってしまいますが、最初のうちは、「most popular」で人気の記事をチェックするといいかと思います。以下が現在の人気記事の一覧です。

また、キーワード検索も可能です。お子さんの興味がある分野にあわせて記事を選んであげるのもおすすめです。

 

回答ページは以下のような感じ。

コンテンツは、文章、動画、写真の3種で構成されています。文章は読み上げ機能がついているほか、キーワードをクリックすると意味が表示されるようになっています。文章の難易度は調整できません。感覚的にはネイティブのGrade 3~6くらいが対象だと思います。文章はボタン一つで日本語にも変換できますが、Googleの機械翻訳ですのでちょっと変になります。

 

 

英語の学習になるだけでなく、子供の「なぜ」「どうして」に丁寧に答えてくれているサイトで、非常に素晴らしいと思います。あれこれE-learningに手を出している我が家ですが、現在私の一番のお気に入りはこのサイトです。

WonderopolisはNational Center for Families LearningというNPOが運営していて、トヨタが後援しているようです。こういうところで日本企業の名前を見つけるとうれしくなってしまいますね。

 

以上今回はWonderopolisの紹介でした。子どもの英語教育に活用できるサイトは以下の記事で一覧にまとめていますので、興味を持たれた方がいたら是非こちらもご覧になってみてくださいね。

【英語で学ぶ】お役立ちリンク集
インターネットの発達により、どこにいても様々な情報が入ってくるようになりましたね。 とはいえウェブサイトの質は玉石混合、ネッ...

日めくりカレンダーで語彙増強

冬休みが終わり、子供たちは「やった!やっと学校に行ける~!」とハイテンションで出かけていきました。学校に喜んで通ってくれるのはうれしいのですが、親と一緒の冬休みより、友達と一緒の学校生活の方が楽しいとは・・・!ちょっと複雑な心境です(笑)

今年1年の目標、まだきちんと考えていないのですが、英語についていえば、2人とも課題は「語彙」だと思っています。四技能それぞれ、ある程度のレベルにはなってきましたが、読み書きのレベルを上げるには語彙増強が必須です。さてどうしよう・・・と思っていたときに、こちらのカレンダーをいただきました。


日めくりカレンダーで、1日に1つ、「これを英語でいうなら何という?」という問題がついています。答えは次のページに書いてあります。

というわけで、早速使っています。置き場所はもちろん、トイレです!

1日1つ、トイレタイムに眺めればいいだけなので、負担感は0。子どもたちは毎朝トイレに入るとこれをみて、問題の答えを考えて、「わかった!」とか「ママはわかる?」とか色々言っています。そのうち飽きるかもしれませんが、今のところは子供たちにも好評です。

 

気になったので少し調べてみたら、この手の商品って実は色々あるんですね。

我が家がいただいたのは一番左の「これを英語で言えますか?」というもの。ただしこちらのカレンダー、「語彙がマニアック」ということで、Amazonでの評価はいまいちでした。ほかにメジャーなものとしては「NHKとっさのひとこと英会話」や「英会話シンプルフレーズ」という製品があるようで、こちらの方がAmazonでの評価はよかったです。ただ、プレビューで中身を見る限り、かなり初歩的な内容になっており、我が家のニーズには合わない感じでした。

  

さて、「これを英語で言えますか?」で出てくる語彙がマニアックかどうかですが、個人的には面白いチョイスが多くて、かなりイイ!と思っています。たとえば最初の1週間の語彙はこんな感じでした。

元日 New Year’s Day
戌年 The Year of the Dog
アジ horse mackerel
イワシ sardine
捕らぬ狸の皮算用 Don’t count your chickens before they hatch.
(コインの)表か裏か? Heads or tails?
(寿司)中トロ belly of tuna with a medium fat content
(寿司)大トロ belly of tuna with a hig fat content
人口知能 articifial intelligence

毎日のめくる楽しみをとっておきたいので先の方はまだ見ていないのですが、この1週間使ってみた限り、タイムリーな語彙やことわざなどが万遍なく入っていて、なかなかイイ感じです。

魚の名称はマニアックといえばマニアックかもしれませんが、個人的には面白いなと思いました。特にhorse(馬)+mackerel(鯖)で鯵になるという点にびっくり!調べてみたら、イギリスでは「あるものに似ているけどそこまでおいしくないもの」にhorseとつけるそうです。なるほど、ホースラディッシュも、ラディッシュのできそこないなのか・・・。馬が食べるからだと思っていました。

全体的に次女には難しすぎる感じもしますが、それでも、「あ!だからAIっていうんだね!」とか、彼女なりに学んでいる模様です。

そんなわけで、今年はトイレタイムも上手に活用して、家族で英語力のさらなる向上を目指したいと思っています。

【おすすめのPodcast】Brains On!

今日はおすすめのPodcastを紹介しようと思います。

Podcastというのは、一種のインターネットラジオのこと。iPodのPodと、Broadcast(放送)のcastを組み合わせた造語なのですが、iPodではなくて普通のスマホでも、アプリを入れれば聞くことができます。事前にデータをダウンロードしておけばネットへの接続は不要。有料のものも一部ありますが、大半は無料です。

Brains On!は、子どもが抱くサイエンスの疑問について専門家が答えるという内容の番組です。

内容は、たとえばこんなかんじ。現在80以上のタイトルがあります。

What was the first life on Earth?
Why is the ocean salty?
Ants: Who’s in charge here?

対象年齢は小学生と思いますが、大人が聞いても面白いです。長さはどれも15~30分くらい。英語はアメリカ英語で全般的にかなり聞き取りやすいと思いますが、内容によっては関連する英単語を知らないとちょっときついかもしれません。

Brains on!の存在は、次女の担任の先生から教えてもらいました。授業でも時折聞いているそうです。次女いわく「宇宙についてのものが一番面白い」そうですが、お子さんによって好みはわかれるかも。私はおならの回が一番面白かったです。

我が家は車にBluetooth対応のトランスミッター(下記のようなもの)をつけて、スマホやIpadに入れたPodcastをカーオーディオで聞かせています。また車によっては直接カーオーディオにスマホをつなげるようになっていると思います。

Podcastは、無料でダウンロードできる点、オーディオブックにない手軽さがあり、おすすめです。