「7 – 9 years old」カテゴリーアーカイブ

休校期間中の家庭学習 Scholasticが無料コンテンツを解放

気がつけば休校開始から早2週間。当初は「えー!!」という感じでしたが、すっかり慣れました。時間がたっぷりあるって素晴らしい。子供たちものびのびと毎日を過ごしています。

しかし2週間前は、海外にいる友人や同僚などと、「日本では学校が今週からshut downだよー」「えー!!そんなに大変なの?日本、大丈夫?」(←みんな一応心配してくれるけど対岸の火事風味)なんて話をしていたのですが・・・。いつの間にか世界中で学校がシャットダウン。ヨーロッパもかなり広範囲で学校全閉鎖になっていますし、アメリカでも3月15日時点で26州で学校閉鎖が決定だそうで。ヨーロッパでは学校どころか店舗もシャットダウンの国が増えてきましたね。なんとまぁ、2週間前には予想できなかった展開になっています。

そして学校閉鎖と来れば・・・日本と同じ流れで、色々な学習コンテンツの無料開放が進むことが予測されるところ。アメリカの場合、もともとオンラインの無料コンテンツが豊富ですので、「すげー!」というのはあまりないかもですが、ちょっとワクワクしています。(不謹慎ですね、すみません・・・)

さて、とりあえず現時点で利用できる無料サービスの一覧としては、下記のサイトがよくまとまっています。

こちらの一覧では様々なサービスが紹介されています。BrainPOP、Newsela、Prodigy、Kahoot!、Khan Academyなど、これまでこのブログのなかでおすすめしたものも散見されますが、私が知らなかったサービスも結構たくさんありました。

このなかで、おそらくいま一番話題を集めているのは、ScholasticのLearn at Homeという家庭学習サイトではないかと思います。CNNのニュースでも取り上げられていました。ちらっと見てみましたが、これ、なかなかいい感じです。コンテンツは年齢別に4カテゴリーに分かれていて、それぞれに20日分のアクティビティーが準備されています。内容はこんな感じ。(※本日現在アップされているのはDAY 5までですが、徐々に追加される予定とのこと)

1日あたり1つのメイントピックと3つのサブトピックがあって、それぞれに読みものやビデオ、ワークシートなどが準備されています。子供が興味を持ちそうなトピックが選ばれていて、すごく面白そう!難点は、ワークシートのチェックを誰がやるか・・・という点でしょうか。私ができるんだろうか?ま、まあ、うちは記事を読ませるだけでもいいかな?(汗)

もう一つ気になっているのは、Mo Willemsのお絵描き教室ハトの絵本シリーズで大人気の絵本作家さんです。この方の絵本、うちの子たちも私も、大大大好きでした!もうさすがに我が家の2人は年齢的に楽しめないかな~という気がしますが、もし3-4年前に戻れるなら、子供たちと一緒に見たいなあと思いました。時差の関係で日本では生放送が見れないのがちょっと残念ですね。メールでMoにメッセージを送れるようなので、送ってみるのも面白いかもです!

 

Wordly Wise 3000: 紙にするかオンラインにするか

英語の語彙学習の定番、Wordly Wise 3000。

以前から気になっていたものの、紙のワークブックにするか、オンラインにするかで、ずいぶん長い間、迷いました。

 

紙(ワークブック)の場合

〇 教材が一冊の本にまとまっていて一覧性に優れている
〇 ワークブックのみなら比較的お手頃な値段(1000~1500円くらい)
〇 Quizletと連動させることにより苦手な単語などを集中的に勉強できる
✖ ワークブックには解答がついていないので採点が大変
✖ 別売りの解答書(Answer Key)があるものの、値段が高い

 

オンラインの場合

〇 答え合わせが不要
〇 苦手な単語にフォーカスして効率的に勉強できそう
〇 年会費を支払えば、学年固定でなく、どんどん先に進むことができる
✖ 年会費が結構高い(基本料金は$375、ホームスクーラー向けのディスカウント利用で$40弱)
✖ 1年経過したら使えなくなってしまう(あとで再開できるのかな?よくわかりませんが、一度はじめるとズルズルお金を投資することになりそうな予感)
✖ 使っている人の口コミが少ない
 

結局我が家は・・・

色々迷った末、結局は無難な紙ベースにしてしまいました。オンラインの方が効率的に学習できそうだと思ったのですが、うまく活用できず→「次の1年は活用できるかも?とりあえず更新するか・・・」のエンドレスループに陥りそうな予感がしたので、オンラインは断念。

そしてワークブックを購入しようとしたところ、ヨーロッパのAmazonでは、UKでもDEでも、解答書(Answer Key)付きのものがべらぼうなお値段になっていました。調べたところ、アメリカのサイトで、解答書のみを安い金額で売っているサイトを見つけたのですが(5ドルくらいだったかな?)、httpサイトで安全性に不安があったので、断念。結局は、アメリカのAmazonからセット商品を購入しました。ワークブック本体と解答書のセットで、36.61ドル(約4300円)でした。ワークブック単体なら2000円しないんですけどね・・・。

そして届いたものをみて、びっくり。解答書、13ページしかありませんでした。あまりにペラペラなので、欠品かとおもって何度も確認しちゃいましたよ。こ、このペラペラに2000円以上払った計算になるのかー!!(汗)

でも・・・やっぱり解答があってよかったです。低学年向けなら何とかなったかもしれませんが、Grade 6になると私が自力で丸付けをするのは困難です。そう考えれば安い!!うん、いい買い物だった!次女にも使うことにすれば、そんなに高くない!・・・と思うことにします(笑)

解答くらいウェブで公開してくればいいのに~と思いますが、学校の副教材的な位置づけのドリルなので、難しいのかな。時間のあるときに出版社にメールしてみようかな。英語のドリルって、解答がないものが本当に多くて、困ります。

 

ちなみに紙ベースでも、Quizletという単語アプリと連動させて使うことができます。このQuizletというアプリ、我が家は最近は次女のスペリング学習や長女の漢字学習などにも使っているのですが、すごく便利です(そのうち別記事で紹介します)。

Wordly wiseをQuizletで使うには、①Quizletのアカウントを作って、②Wordly wiseを探し、③Workbookの裏表紙にあるコードを入力します。これで1年間、QuizletでWordly wise掲載単語の勉強ができます。ちなみに、コードは一度しか使えないので、注意が必要です。私は、間違って自分のアカウントでコードを入力してしまったため、長女のアカウントでは使えなくなってしまいました・・。私のアカウントではなく長女のアカウントで使えるようにしてほしいと、Quizletに何度かメッセージを送ったのですが、返信なし・・・(涙)

 

というわけで、今回は紙ベースでBook 6を使用中ですが、Book 6が終わったらどうしようか、考え中です。今度はオンラインを試してみようかな?

ちなみに我が家が買ったのは2017年発売の第4版。古いバージョンだとQuizletのコードは記載されていないかもしれません。購入される際にはバージョンをチェックされることをお勧めします。

【おすすめのPodcast】Brains On!

今日はおすすめのPodcastを紹介しようと思います。

Podcastというのは、一種のインターネットラジオのこと。iPodのPodと、Broadcast(放送)のcastを組み合わせた造語なのですが、iPodではなくて普通のスマホでも、アプリを入れれば聞くことができます。事前にデータをダウンロードしておけばネットへの接続は不要。有料のものも一部ありますが、大半は無料です。

Brains On!は、子どもが抱くサイエンスの疑問について専門家が答えるという内容の番組です。

内容は、たとえばこんなかんじ。現在80以上のタイトルがあります。

What was the first life on Earth?
Why is the ocean salty?
Ants: Who’s in charge here?

対象年齢は小学生と思いますが、大人が聞いても面白いです。長さはどれも15~30分くらい。英語はアメリカ英語で全般的にかなり聞き取りやすいと思いますが、内容によっては関連する英単語を知らないとちょっときついかもしれません。

Brains on!の存在は、次女の担任の先生から教えてもらいました。授業でも時折聞いているそうです。次女いわく「宇宙についてのものが一番面白い」そうですが、お子さんによって好みはわかれるかも。私はおならの回が一番面白かったです。

我が家は車にBluetooth対応のトランスミッター(下記のようなもの)をつけて、スマホやIpadに入れたPodcastをカーオーディオで聞かせています。また車によっては直接カーオーディオにスマホをつなげるようになっていると思います。

Podcastは、無料でダウンロードできる点、オーディオブックにない手軽さがあり、おすすめです。

夏休み用のワークブックを購入:今年はBrain Questに

子どもたちのインターは、7月から8月中旬まで、約7週間の夏休みがあります。我が家は日本に一時帰国し、日本の小学校に体験入学します。よって夏休みは生活も学習も日本語中心になりますが、その間全く英語に触れないものなんだかな~ということで、夏休み用のワークブックを購入しました。

Brain Questとは

我が家が購入したのはこちら。Brain Questの夏用ワークブックです。

Brain Questはアメリカ発のワークブック。出版社によれば、総計で4500万部も売れているそうです。アメリカに出張に行っていた夫が、本屋に山積みになっていたということで買ってきました。

このワークブック、1冊のワークブックのなかに、English、Math、Science、Social Study・・・と色々ごちゃまぜに詰まっています。オールカラーで見やすく、紙質もいいです。子どもが大好きな「できたよシール」と台帳もついています。その割にはお値段もお手頃価格。

 

夏用ワークブックの特徴

Brain Questのワークブックは、大きく分けて、学年別のものと、夏用のものがあります。

学年別ワークブック

まずは普通の学年別ワークブック。Pre-KindergartenからGrade 6まで全8種類あります。

夏用ドリルと値段はあまり変わらないのですが、約2倍のページ数があります。じっくり&たっぷりやりたい人は、こっちの方がよいのかも。ただしAmazonのレビューによると、こちらは解答がついていないとのことなので、採点がちょっと大変かも。

夏用ドリル

K-1、1-2・・・5-6と、全6種類あります。我が家が購入したのはこちらです。

アメリカでは夏休みが長く、その間に学年が変わるため、夏用のワークブックは一年の総まとめ&次学年への準備という内容になっています。100シートくらいあるので、毎日3枚やれば35日くらいで終わる計算。

学年別ワークブックと違って、巻末に解答集がついているので、比較的使いやすいと思います。ただし長女の使っているGrade 4-5は記述式問題がそれなりにあります。学年があがると、解答集のみで対応するのは難しいかも。

 

中身はこんな感じです。こちら夏用ドリルの4-5年生用です。このページは、類語辞典と辞書を使って文章を書き換えてみるというアクティビティ。内容はそこそこ高度ですが、ページがカラフルなのでとっつきやすそうな感じがします。

 

いかにもアメリカという感じのページも多くて、結構面白いです。このページはBill of Rights(権利章典)がテーマ。子どもたちのインターでは習わないことなので、すごく新鮮です。

 

Brain Questの難易度

まず注意したいのは、「英語のワークブック」ではなく、「英語で学ぶワークブック」であるという点です。もちろん文法や語彙に関するワークシートもありますが、それ以外の部分も多いので、「英語を学びたい」人用というより、「英語で学びたい」人用です。ネイティブのお子さんが使うものですので、ある程度のリーディング力があることが前提になると思います。

我が家では夏休みにやらせるつもりだったのですが、2人とも「やってもいい?」と言い出し、すでに着手しています。長女の感想は以下のとおり。

English:そこそこ難しい。聞いたこともない単語が時折出てくるとのこと。
Math:かなり簡単。長女用の4→5年生でも、分数の「基礎の基礎」のような内容になっている。息抜きにちょうどいいと捉えるべきか、退屈というべきか、微妙なところ。
Social Study:なかなか難しい。というより、アメリカの地理や歴史ネタがちょくちょく出てくるので、欧州在住の長女には馴染みがないネタばかり。でもそれなりに面白い模様。
Science:「あー、これ、学校で習った!」ということが結構多いようで、いい復習になっている。アメリカの公教育のカリキュラムとIBインターのカリキュラムは違うはずですが、Scienceについてはだいたい同じ年齢で同じようなことを学んでいるみたいです。

というわけで、ある程度リーディング力があるお子さんが、アメリカの小学生が習うようなことを取り合えずサッと押さえたいという場合、かなりお勧めできるワークブックだと思います。「とにかく英語を!」ということなら、別のものにした方がよいかも。あるいは少し下の学年のものを使うというのもありかもしれません。

 

去年はLettsの教材を購入したけど・・・

ちなみに去年、長女の夏休み学習用に購入したのは下記のもの。長女の担任の先生(イギリス人)に、「休み期間中にずっと英語に触れないのも不安なのですが、なにかお勧めの教材はありませんか?」と聞いたところ、「うーん、何がいいかな?僕が授業でよく使っているのはこれなんだけど・・・」ということで教えてもらいました。

こちらは英語に特化した教材です。前頁オールカラーで見やすいです。しかも問題文にDahl作品など近年の名作が複数入っている点でポイント高し(著作権者の許可がいるので普通この手の教材には入っていないと思います)。「これ、いいですね!」ということで、鼻息荒く購入。

ところが結局、うまく使いこなせませんでした。Amazon UKでの評価も高く、内容はすごくいいんです。でも、でも、解答集がついていなかった~!

あとでAmazon UKのコメントを再読したら、コメントをしている人の相当数が、教師の方でした。先生が学校の「授業」で使うワークブックのようです。でも、英語が得意な方なら、自宅でも使えると思います。あと、オンライン英会話教室でこちらが教材を指定できるようなら、レッスンで使うというのもありかも。別にTeacher’s bookというものもあるので、もしかするとそちらが解答集なのかもしれません。


ちなみにイギリスのYear 3はアメリカでのGrade 2に該当するのですが、このワークブックのYear 3はBrain QuestのGrade 2に比べてかなり難しいように思います。上の写真は我が家にあるYear 3のものですが、字が小さくて、見るからに高度。イギリスだとYear 3(Grade 2)でこのくらいの内容をやるんですね。。。子どもたちのインターよりずっと進んでいるような気がします。

以上、ワークブックの紹介でした。

子ども用の英英辞典を活用する

子ども用の英英辞典、Oxford Primary Dictionaryを購入してから、約1年が経過しました。

子ども&初学者用の英英辞典 おすすめと選び方
英英辞典のすすめ 日本人が英語の学習をするときに通常使うのは、英和辞典です。手っ取り早く英単語の意味を把握するには、英和が一番...

当初はOxford School Dictionaryとどちらがいいか迷いましたが、結果的にはPrimaryでちょうどよかった感じがします。ただ、最近は、「辞書にのってないよ!」と長女が叫ぶことが増えてきたので、そろそろSchoolの方も購入しようかと思っています。Primaryが8~10歳用、Schoolが10~11歳用ですので、対象年齢的にも、そろそろ移行の時期なのかなと思います。

英英辞典の活用法 我が家の場合

せっかく買った英英辞典、なかなか活用できていない・・・という方も多いのではないかと思います。我が家も最初のころはそうでした。まあ、「辞書を引く」って、めんどくさい作業ですからね。。。

とはいえ最近は、それなりに活用できているかなという気がしています。長女と話をしていると、「Volcanoっていうのはね、火の神様の名前から来ているんだよ」とか、英単語に関する豆知識がぽっと出てくることがしばしばあるのですが、どこで習ったのかと聞くと、「Oxfordの辞書に書いてあるよ」とさらっと返してきます。たかが辞書、されど辞書。色々なことを辞書から吸収しているんだなと感心します。

というわけで、ちょっと前置きが長くなりましたが、今回は、長女がどのように英英辞典を使っているか、簡単に紹介してみようと思います。

・Spellingの宿題

学校では毎週、Spellingの宿題が出ます。15個の単語について、①意味(英語&母語)、②例文、③イラストを書くというものです。

知らない単語が出てきたとき、我が家ではまずはOxfordの英英辞典を参照するように言っています。辞書を引いて単語が掲載されていないとイラッとするようで、長女は語数の多いWeblioなどの オンライン辞典を使いたがります。でも、この種のオンライン辞書とOxford英英辞典を比べてみると、やっぱりOxfordの方が子ども向けに分かりやすく書かれていていて、いいんですよね。また、紙ベースの辞書は、前後の単語をみてセットで覚えたり、上記Volcanoの語源のような豆知識が増えたりと、語彙+αの知識も得られるのもいいところです。なので、「まずはOxfordを引いてみて」と、しつこく言うようにしています。

・本のように読む

長女の場合、パラパラめくっているときに目についたイラストがあったらそこを読むなど、本のように読んだりもしています。Spellingの宿題になんだか異様に時間がかかっているな~というときは、たいてい英英辞典を読んでいます。

ちなみにOxford Primary Dictionaryで長女の一押しは、最後のAppendicesです。長女いわく、「Spellingをミスしやすい単語の一覧はよくまとまっていて役立つね。ここはママも読んでおくといいんじゃないかな?」とのこと。わ、私も読もうかしら?(汗)

・読書中にわからない単語を調べる

長女の場合、英語の本をあまり読まないことに加え、たまに読んでいるときは本に集中しているので、読書中に辞書を引くことは殆どありません。なのであまり活用できていないのが現状です。

担任の先生からは、読書による語彙増強を意識した方がいいとアドバイスをいただいているので、分からなかった単語には付箋をつけて後で辞書を引くなど、読書×辞書で語彙を増やす取り組みを少し意識してみようかなと思い始めています。

英英辞典 活用のコツ

「活用のコツ」などと書いてしまいましたが、正直、我が家もフルには活用できていません(汗

なのであまり偉そうなことは書けないのですが、日ごろから意識しているのは、「辞書を取りに行って単語を探す」という一連のプロセスをできる限り簡略化することです。辞書を引くのって面倒なんですが、一度辞書を開けば、そこから「あっ、このページ面白そう」と結構進んでいくものなんですよね。

よって、我が家の場合、
・辞書は本棚の子どもの目の高さの位置に置いておく
・Spellingの宿題をやるときにはさっと出して横に置いてあげる
・親がしつこく声掛けをして手渡しする
といった工夫(・・・努力?)をしています。

それから、長女の様子をみていると、ペラペラめくっているときにイラストがあるとそこからがっつり読み始めたりするので、もうちょっと小さい子の場合、イラストが多いタイプの方がいいんだろうなと今更ながら思ってみたりしています。もっと早くに次女用にイラストが多い辞書を購入しておいてあげればよかったなあ。ちょっと反省です。「まだ英英辞典は使いこなすのが難しそう・・・」という方は、無理をせず、イラスト入りのものから入るといいと思います。

以上、英英辞典の活用法でした!