おすすめの児童書

【おすすめの児童書】えんとつ町のプぺル(無料版)

Amazonランキングの絵本部門で現在1位になっている絵本です。著者はキングコング西野さんという吉本の芸人さん。

下記サイトにて全ページが無料公開されています。(すでに日本国内ではかなり話題になっているようなので、ご存じの方も多いのではと思いますが、このブログを読んでくださっている方には海外在住の方も多いので、紹介しておきます。)

 

今回の無料公開については賛否両論あるようですが、せっかくの機会なので親子で読んでみました。

あくまで個人的な感想になりますが、ストーリー展開はいまいちな感じがしました。登場人物に感情移入しにくいし、エンディングも「そ、それでいいの?」と思ってしまいました。「泣ける」系絵本では大抵泣いてしまう私ですが、この本は涙が出ませんでした。一方、絵は繊細で美しく、独特の世界観を生み出していて、素晴らしいと思いました。ただし好みが分かれるタイプの絵かもしれません。

我が家の二人ですが、次女はたいそう気に入ったようで、「この本ほしいなー」と言っていました。長女は「ふーん」という感じの反応で、特に感想もなし。

以上、正直いえば、2000円を出して買うほどの魅力は感じませんでしたが、「ベストセラーを無料で読ませてくれてありがとう♪」と思いました。無料公開がいつまで予定されているのかちょっとよくわかりませんが、気になる方はいまのうちに一読しておくことをおすすめします。なお、無料公開版は、漢字にふりがながふってないので、長女はともかく、次女がひとりで読むのは困難でした。小学校低学年以下のお子さんの場合、一緒に見ることをおすすめします。

 

【おすすめの児童書】えんとつ町のプぺル(無料版)” に2件のコメントがあります

  1. こんにちは。コメントありがとうございます。
    少しでもお役に立てたならよかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA