7 - 9 years old, 9 - 11 years old, おすすめの英語教材&勉強法

子ども&初学者用の英英辞典 おすすめと選び方

英英辞典のすすめ

日本人が英語の学習をするときに通常使うのは、英和辞典です。手っ取り早く英単語の意味を把握するには、英和が一番だと思います。

ところが英和辞典の場合、「英語」を無理に「日本語」に直しているため、意味やニュアンスが本来のものと微妙に異なっていたり、意味のところに似たような言葉が羅列していて「?」となったりすることがあります。また、多くの英和辞典は中学生以上を想定して作られているので、小学生のお子さんの場合、漢字が並ぶ英和辞典は非常に使いにくいです。

よって、次のような場合は、英英辞典を使ってみるといいと思います。
・英単語の意味やニュアンスをより正確に理解したい場合(ただし基礎的な英語力があることが前提)
・小学生以下のお子さんが使う場合

最近はオンラインの辞書もいろいろ出てきていますが、特にお子さんの場合、ペーパーベースの辞書の方が、学習がはかどると思います。調べた単語の前後をみてWord Formation(beautiful→beauty等)を学んだり、同じページにあるイラストをみて新しい単語を学んだり。意味を調べるだけでなく、プラスアルファのものを自然と吸収していくのが、ペーパーの辞書のいいところです。

我が家が購入した英英辞典

我が家の9歳の長女が使用しているのは、以下の英英辞典です。

子どもの用の英英辞典はロングマンやScholasticなども出していますが、子供たちのインターでは授業で使う辞書はOxfordに統一されています。Oxford出版からは子ども用の英英辞典がレベル別にたくさん出ており(本記事のトップにあるのが一覧です)、学習者の英語のレベルにあわせたものを選ぶことができます。各教室には、2~3種類のOxfordの英英辞典が、それぞれ7~8冊ずつ並んでいます。学校全体だと数百冊のOxford英英辞典があることに。

94e43fd2449621eb993309f8921756a1

Oxford(オックスフォード)出版の子ども向け英英辞典 いろいろ

下記では、学校にある主なOxfordの英英辞典を、難易度順に並べてみました。

1番左のFirst Dictionaryは、イラスト入りの英英辞書で、ネイティブでいえば小学校1年生くらいの子ども向きという感じです。とても薄くて、辞書というより絵本に近く、眺めているだけでも楽しめます。Grade 1の次女のクラスでは、まずこの辞書を使って、辞書の引き方を習います。

2番目のJunior Illustrated Dictionaryは、次女の教室にもGrade 3の長女の教室にもあります。こちらもイラスト入りですが、1番目のものより字が小さく、少し辞書っぽくなってきています。対象年齢は7~9歳、語数は1万~です。

3番目のPrimary Dictionaryと4番目のSchool Dictionaryは、両方ともGrade 3の長女の教室にあります。3番目のもの(我が家が購入したもの)は、ほんの少しイラストがあります。OxfordのHPによれば、3番目のものは、対象年齢8~10歳、語数が3万~。4番目のものは、対象年齢10~11歳、語数が4万5000~となっています。

 

英英辞典の必要性を感じるのは、子どもがある程度英文の読み書きに慣れてきたころではないかと思います。そうすると3番目と4番目で迷うことになることが多いかと思います。3番目と4番目だと語数はそれほど変わらないのですが、中身をみてみると、やっぱり4番目の方が上級生向けになっています。たとえば4番目の方は、2ページ目から「abortion(中絶)」なんて単語が出てきたりします。

参考までに3番目の辞書と4番目の辞書の1ページ目の比較画像を載せておきます。4番目になるとぐっと字が小さくなり、大人用の辞書に近くなります。

また、3番目と4番目の辞書は、ハードカバーかペーパーバックかで値段が変わってきます。お値段が安いのはペーパーバックですが、開いたまま安定するハードカバーの方が小さなお子さんには使いやすいです。これはお財布やお子さんの年齢と相談して決めていただけるといいのかなと思います。

そんなわけで我が家は3番目のハードカバーを購入しました。子供たちは1番目や2番目の辞書も学校ではよく使っていたようです。「英英辞典はまだ難しすぎるけど、少しずつ慣れさせたい」というのでしたら、1番目や2番目もいいのではないかと思います。

 

Thesaurus(同義語辞典)とは

英英辞典と並びよく使われているのが、Thesaurus(同義語辞典)です。こちらもOxford出版から年齢別に様々な種類のものが出ています。

我が家が買った英英辞典に対応するものは1番目の方(黄色の方)なんですが、Thesaurusは英英辞典に比べると使う機会がまだ少ないので、2番目のもの(緑色の方)を購入しようかなと思っています。学校で実物をみてから、考えようと思っています。

 

 

【2016/12/25追記】Thesaurusについては以下の記事にまとめました。
[blogcard url=”https://xn--eckq0ineg0c.net/2016/12/25/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E7%94%A8%E3%81%AEthesaurus%EF%BC%88%E9%A1%9E%E8%AA%9E%E8%BE%9E%E5%85%B8%EF%BC%89%E3%82%92%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%99%E3%82%8B/”][/blogcard]

 

【2017/3/11追記】Oxford Primary Dictionaryを一年使ってみて
[blogcard url=”https://xn--eckq0ineg0c.net/2017/03/11/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E7%94%A8%E3%81%AE%E8%8B%B1%E8%8B%B1%E8%BE%9E%E5%85%B8%E3%82%92%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B/”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA