ひとりごと

在外バイリンガル教育は楽じゃない

先日、日本人大使館に行って、今年度の教科書を受領してきました。
海外にいても、日本の教科書を無償でいただけます。
本当にありがたいなと思います。

 

日本を離れてから1年ちょっと、
まだ2人とも低学年ということもあり、
これまではのんびりまったりと勉強させてきましたが
最近、ちょっとこのままだとマズイかも・・・と感じることが増えました。

1年生の次女はまだいいのですが、問題は3年生になる長女です。
彼女の場合、日本にいたときに、
小学生の必修漢字は9割程度勉強を終わらせてから
こちらにきたのですが、きれいさっぱり、忘れてしまっています。
2年生の漢字ですら、ちょこちょこと間違えます。
1年ちょっとの間、日本語よりも英語を優先する生活を送っていたので
当然といえば当然かもしれませんが・・・
いや~ここまできれいに忘れるんだ!!
とある意味びっくり。

帰国子女の子どもが本帰国後に英語を使う機会がなく
あっという間に英語を忘れてしまうという話をよくききますが、
その逆の状態ですね。
母語であっても、語学は使わなければ、どんどん忘れます。

 

3年生になれば、漢字もぐっと難しくなりますし、
社会や理科も科目に加わります。
そして、日本にいれば、毎日の学校生活のなかで、色々な場面で日本語を使い、
だんだんと洗練された日本語を話し、書くことができるようになってきますが、
我が家の場合、それがありません。

LAやNY、ロンドンなどの大都市圏であれば、
日本語補習校に駐在員家庭のレベルの高い子どもが集まっており
先生もしっかりしているので、ある程度はお任せできるようです。
けれども我が家が住むエリアでは、
補習校の生徒の大半を占めるのはハーフのお子さんで
通わせても日本語力の向上は見込めません。
よって日本語教育については、自力で何とかしなければなりません。
これ、めちゃくちゃ大変です。

ID-10029490
せっかくヨーロッパにいるのだから、音楽や美術など
たくさんの芸術に触れさせてあげたい。
勉強だけでなく、新しいスポーツにもチャレンジさせたい。
休みの日には、お料理やお裁縫を一緒にやりたい。
それから、2人ともまだまだ小さいので、思いっきり遊ぶ時間も大切にして、
暗くなるまで泥遊びや水遊びをする日もつくってあげたい。
色々な国の子どもとplaydateをしたい。
芝生に寝転がり、空を流れる雲をのんびり眺める時間も欲しい。
連休には旅行に出かけて、新しい景色を見せてあげたい。

やりたいことがたくさんありすぎて、時間が全く足りません。

 

インターの勉強、日本の勉強、そのほか山盛りのやりたいこと・・・
時間は限られているので、全部はできません。
優先順位をつけてこなしていく他ないわけですが、本当に大変です。
週5コマのドイツ語の授業を、日本語の時間に充てたいくらいですが
ドイツ語もきっといつか役に立つ日がくる・・・のかな・・・?
よくわかりません。

 

海外で子どもがインターに通っているという話をすると
たいてい、「英語ペラペラ?いいなー」という反応が返ってきます。
海外在住=楽に英語が上達するというイメージがあるようです。
たしかに、英語に限って言えば、
短期間で、目に見える成果があがっています。
でも、そのために、犠牲にしていることも多いのです。

上達していく英語と、忘却していく日本語。
より高度な学習能力・思考能力を育成するためには
母語である日本語の力をあげていくことが必須です。

限られた時間のなか、私に何ができるだろう。何をすべきだろう。
新しく届いた教科書をパラパラ眺めながら、ため息をつく毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA