End of the year:別れと出会いと

post image

いよいよ今年度も今日が最終日。来週からは待望の夏休み、そして8月下旬からは新年度がはじまります。 子どもたちのインターの場合、毎年だいたい4分の1くらいの生徒が入れ替わります。昨年は奇跡的に、仲がいい友人の本帰国はほとんRead more

Risk Takerへの道

post image

IB インターにおけるRisk-Takersとは 国際バカロレアには、IB Learner Profileという基本理念があり、「学習者のあるべき姿」が、10の属性から説明されています。子どもたちのインターでは、すべてのRead more

海外生活が子どもの人格形成に与える影響

post image

早いもので、我が家の海外滞在もそろそろ2年半となります。そのような中、自分の子供と接していて、「なんだか普通の日本の子とは違うな」と感じることが増えてきました。とりあえず思いつくことを簡単にまとめると、以下のような感じ。Read more

次女のあだ名はCutie Pie

Cutie Pie、これは次女のあだ名です。クラスの男子数人から、こう呼ばれているそうです。 最初聞いた時は、「かわいい おっぱい」という意味かと思って、頭がクラクラしてしまいました。よく考えたら、「おっぱい」って日本語Read more

日本語、英語、ドイツ語・・・そしてその次は

post image

長女がドイツ語学習を開始して1年4か月が経過しました。   先日のこと。レストランで隣のテーブルに座った家族が、なにやら厳しい顔で会話をしていたので、「どうしたんだろうね~?」と言ったら、長女が、「子どもが『食Read more

目指せオックスフォード?

post image

先日のこと。長女のクラスで、一部の子供たちが、「やっぱ将来入るならオックスフォードだよねー」と盛り上がっていたとのこと。 ヨーロッパということもあり、子どもたちの学校で人気の大学は、やっぱりオックスフォードです。なぜかよRead more

Fワード、Aワード、Sワード

先日、家族で団らんをしていたときのこと。 「インターは、汚い言葉やスラングを使う子があまりいないのがいいよね。やっぱり英語が母語じゃない子が多いからかな?」と私が言ったところ、長女から反論が。 「いや、悪い言葉を使う子はRead more

インターナショナルスクールの飛び級&落第事情

post image

日本の学校と違い、飛び級や落第もあるといわれているインターナショナルスクール。今日は、インターの飛び級&落第事情について、実際のところどうなのか、書いてみたいと思います。   飛び級 「インターはどんどん飛び級Read more

日本の伝統おもちゃを英語で紹介する

post image

先日、次女のクラスで、各国の文化紹介のボランティア募集がありました。 18人のクラスで、7人の保護者が手をあげ、それぞれ1コマ(45分)ずつ担当することに。もちろん私も手をあげました。とはいっても一人では心細いので、同じRead more

1 2 3 7